The Motley Fool

投資の知識

  • 【米国株】株式投資の実質リターン:「シーゲル銘柄トップ20」

    米国株を語る上で、誰もが耳にする「S&P500」や「NYダウ」は最重要ではありますが、「株式投資における実質リターン」は果たしてどの程度になるのでしょうか。そして、どのような銘柄が実質リターン上位になるのでしょうか。「実質 リターン」においては、ペンシルベニア大学大学院のジェレミー・シーゲル教授が著著「Stocks for the Long Run 5/E」(和名:「株式投資」)の中で、過去 (1957~2012) における米国株の分析をされており、リターン上位20銘柄を発表しています。 Read More »

  • この春、日本株投資で考慮しておきたいことを9年前に学ぶ

    新型コロナウィルスの感染拡大で暴れ始めたマーケットが落ち着きを取り戻すにはしばしかかりそうな気配です。終息が見えない現時点では、実体経済への影響を測るのが難しいので、個人的には地理に関係なく、もうしばらくマーケットは落ち着かないだろうと思っています。その理由はいくつかあるのですが、ここにきて一つ想定しておくべき状況が見え隠れし始めており、ここではその点について述べたいと考えます。 Read More »

  • ピーターリンチ流の割安成長株投資を再現するファンドが登場

    ピーターリンチは伝説のファンドマネージャーとして知られています。ピーターリンチ関連の投資書籍は日本でも翻訳され、彼の根強いファンの投資家も少なくありません。しかし、ピーターリンチ流の割安成長株への投資を実際に個人で再現するのは、難しいと感じている人も多いのではないでしょうか。 Read More »

  • 2024年から始まる新NISAで株式を購入する方法とは?

    2014年から始まった個人投資家への税制優遇制度「NISA」は、1年間で120万円、5年間で600万円の株式投資の利益を非課税にすることができるので、個人投資家で利用者の多い制度でした。しかし、2024年から始まる新NISA制度は非常に複雑で、これまで通り株式が購入できるのか分かっていない人も多いかと思います。結論からいえば、新NISAで株式は購入できます。しかし、これまで通り自由に購入できるわけではなく、条件があります。この記事では新NISAの仕組みをもとに新NISAで株を購入する方法を解説します。 Read More »

  • 荒れている相場でSTOCK(株式)を取るかCASH(現金)を取るか

    現在、世界中の株価が大きく揺れています。コロナウイルス感染拡大の影響を受け、記録的な下落を見せました。このような下落相場では、多くの投資家たちが資金を減らし退場していきます。リーマンショックの時も、いつか株価は上昇するといった希望のみで株を買い、下落に巻き込まれています。このような相場で私達投資家はどのように行動すれば良いのでしょうか? Read More »

  • 株価の下落で利益を得る空売りの方法と注意点

    通常は、株価が上昇して、利益を出すというのが、株式投資での基本です。特にアメリカ株の場合は、これまでも長期的には上昇しているし、今後も長期的な視点では上昇し続けると信じられています。そうは言っても、市場全体の大きな下落時には、つらいものがあります。そういった時に利益を生み出す投資方法も存在します。 Read More »

  • 長期投資はローリスク、という勘違い

    新型コロナウィルスによる観光、消費の低迷、サプライチェーンの影響による業績悪化の予測で大きく下げ、また利下げや支援金などの金融緩和で大きく上げ、非常にボラティリティの高い相場が続いています。このような相場において「短期投資はリスクが高い」「長期投資はリスクが低いので安心」と言う声をよく聞きます。しかし、これは正しくリスクを理解できてないのではないかと思います。 Read More »

  • 米国株投資に英語は本当に必要?日本語だけでも投資はできる

    米国株投資に興味があっても英語に苦手意識があり、日本株や投資信託しか売買をしたことがない方も多いのではないでしょうか。確かに英語が出来た方が米国株投資では現地の情報を沢山入手できます。しかし、現在は日本の米国株取引の環境はかなり充実しており、英語が全くできなくても米国株投資に必要十分な情報を入手できる時代です。 Read More »

  • 生活必需品セクターは、ポートフォリオを下支えするか

    残念ながら直近1ヶ月の投資環境はネガティブと言わざるを得ません。株だけではなく、債券もREITも金も原油も売られるのでは手も足も出ません。気休めにしかなりませんが、こういう時はプロでもそうそう勝てません。 Read More »

  • オプション取引の活用法、使いこなせば様々な相場局面に対応可能

    投資の中でも難しいイメージがあるオプション取引。しかし、ポイントさえ掴んでしまえば、有効な資産運用の手段の一つとして利用することができます。 Read More »