The Motley Fool

投資の知識

  • コロナショックにおける適切なアセットアロケーションとは

    リスクが高い米国株をたくさん保有するのはリスクが高いため、同時にリスクの低い債券やETF(上場投資信託)などの金融商品を買っておきリスクヘッジを行っておきます。株取引でかなりの利益を定期的に得ていたとしても大損をする可能性は低くないため、このような戦略を取るのは合理的です。アセットアロケーションにおけるポートフォリオは人によって異なりますが、状況によってもそのポートフォリオを変える必要性があります。 Read More »

  • ROICと売上成長で解く企業価値とは

    今回は、簡単に企業の価値はどんなときに創出されて、また増大されていくかをROIC(投下資本利益率)と売上成長から紐解いてみようと思います。 Read More »

  • 【米国株動向】私が今株を買う代わりに現金を貯め込んでいる3つの理由

    今振り返ってみると、過去数週間は投資家がこれまでに経験したことのないほどの最大の投資のチャンスでした。3月23日の底値以来、S&P 500は1か月強で35%もの上昇を記録しています。一方、ハイ的企業の比率の高いナスダックは、底値から40%も上昇しました。 Read More »

  • 減配や無配化、自社株買い停止をどう考えるか

    COVID-19による業績悪化や不透明性、さらにそこから波及した原油価格の急落などにより、一部の企業で無配化や減配、あるいは自社株買いの停止など、表面的に見れば株主還元の悪化が見られます。投資家はこれをどう捉えるべきなのでしょうか。銘柄選定理由に合わせて「ポジティブに捉える」か「ネガティブに捉える」かが変わってくると思います。 Read More »

  • 【米国株動向】今株式投資をしてはいけない投資家とは

    新型コロナウイルスによるパンデミック(世界的流行)が原因で、今年第1四半期にS&P500指数とダウ工業株30種平均(NYダウ)は史上最悪レベルともいえる大幅な下落をしており、ポートフォリオの価値が大きく下がった投資家も多いでしょう。しかし、市場の下落は、同じ資金でより多くの株を購入できるため、投資をする良い機会にもなりえます。市場が回復すれば、投資の価値が大きく上昇し、利益を出すことができます。 Read More »

  • マイナス金利はなぜ続くのか?その功罪は?

    米国の中央銀行である連邦準備銀行は、短期金利(FFレート)の誘導水準をゼロにするところまで低金利政策を行い、加えて量的緩和も行っています。コロナショックからの経済の立て直しのために、マイナス金利を導入すべきだという議論も起きています。マイナス金利では、先輩である日本(日本銀行)の状況を考えながら、特にこれが長く続いた場合(日本ではもうすでに4年)の功罪なども考察してみたいと思います。 Read More »

  • 決算発表の注目すべきポイントとは?決算短信と有価証券報告書の違いも解説

    毎年、4月~5月にかけては多くの企業が本決算を予定しており、連日のように本決算のスケジュールが組まれています。決算発表は企業活動を総括した内容だけに、その前後は株価が大きく変動しやすくなっています。しかし、株式投資を始めたばかりの個人投資家にとって、決算発表のどこを注目すべきなのか分かりづらくなっています。そこで今回は、決算発表で注目すべきポイントについて解説します。 Read More »

  • コロナショックで企業もESGを意識。これを機にESG投資が広がるか?

    ここ数年、機関投資家、特に公的年金基金などを中心にESG投資に関して活発な議論がなされています。国連が主導で始まったPRI(責任投資原則)にGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が署名したころから、日本でも特にその議論が活発化してきました。 Read More »

  • バフェットの右腕、チャーリー・マンガー氏とは…「第一部」

    ウォーレン・バフェットの右腕と称されるチャーリー・マンガーですが、バフェットのことは広く認知されているけども、マンガーについてはあまり認知されていないように見受けられます。バフェットについてはエピソードや人物像についても非常に多くの書籍が刊行されていますが、マンガーに関連した書籍はバフェットとおまけのように掲載されているか、ほんの数冊を刊行されている程度です。今回はチャーリー・マンガーについて少ない情報ながら、人物像や投資哲学など二部に分けてご紹介していきたいと思います。 Read More »

  • 地方取引所と東京証券取引所の違いは?地方取引所の特徴を解説

    日本国内には東京証券取引所以外の地方取引所があります。主に地方に根付いた企業が上場していますが、なかには地方取引所からスタートして、全国区にまで成長した企業もあります。そこで今回は、地方取引所にしか上場していない単独上場銘柄、各地方取引所の特徴を解説します。 Read More »