The Motley Fool

お金の知識

  • 暗号資産の損益でふるさと納税の上限額は変動するのか?

    ふるさと納税は年中受け付けていますが、当年度の分の税金の還付を受けるには12月31日までの納税が必要であるため、年度の後半から年末にかけて今年のふるさと納税を悩んでいる方も多いでしょう。上限額は当年度の所得に依存しますが、投資の損益でふるさと納税の上限額が変動するのか気になる方もいるのではないでしょうか。この記事では、投資の中でも新しい暗号資産の損益でふるさと納税の上限額がどのように変動するのかを解説します。 Read More »

  • 子供が受験生なら、そろそろ入学に必要な現金の準備を

    高等教育も含めて、学費を含めた子供の教育費は過去30年近い賃金デフレとも言われている日本で、じわじわインフレしてきたものです。古い話で恐縮ですが、筆者が大学生になったのは日本に消費税が導入された平成元年でした。たとえば国立大学の学費で比較すると、1年目の学費は現在平成元年比で約1.56倍になっています。 Read More »

  • 豚の貯金箱

    年金受給開始年齢の繰り下げ・繰り上げとは?繰り下げられない加給年金も解説

    2022年4月より、年金受給開始年齢を最長75歳まで繰り下げることが可能になります。年金受給開始年齢の繰り下げ・繰り上げは老後のライフプランにも関係するため、どうするべきか早めに考えておくべきです。そこで今回は、年金受給開始年齢の繰り下げ・繰り上げの違いについて解説します。繰り下げられない加給年金や、繰り下げ・繰り上げの申請方法についても合わせて解説します。 Read More »

  • COVID-19をきっかけに生命保険契約を確かめる

    COVID-19に感染して治療を受けた場合、COVID-19が厚生労働省の「指定感染症」に該当するため、医療費は公費で負担されます。公的な負担とは別に、別途医療保険等に加入している場合、入院や自宅療養が入院給付の対象になることが多いようです。すでに、入院や自宅療養を経た方で、生命保険会社等に問い合わせて、自分の契約が給付の対象になるかどうかを確認し、対象になるのであれば給付手続きをしましょう。 Read More »

  • 認知症対策に有効な家族信託とは?家族信託のメリットやデメリットも解説

    資産を保有している方が認知症になると、資産は事実上の凍結扱いとなります。預貯金口座から生活費を引き出すこともできなくなると、認知症の方を支えるのが難しくなり、結果として介護難民になってしまうケースが増えています。そこで今回は、認知症対策として注目を集めている家族信託という制度についても解説します。 Read More »

  • パソコンを眺めるアジア人夫婦

    老後破産を迎えてしまう4つの原因は?老後破産の対処方法も解説

    老後に向けて貯蓄をしていても、きちんとしたシミュレーションや計画を立てていないと老後破産を迎えてしまう可能性があります。実際、貯蓄をしているにもかかわらず、老後に入ってから年金だけでは生活できなくなり、生活保護を申し込む方の数は増えています。そこで今回は、老後破産について解説します。 Read More »

  • ニューヨーク証券取引所がNFTに参入。個人投資家に影響は?

    2021年3月22日、Twitterの共同創設者でCEOを務めるジャック・ドーシー氏の最初のツイートが、日本円で3億円以上で売買されたことが話題になりました。単なるデジタルデータで複製も容易そうに見えるツイートが何故、3億円で売買できるのでしょうか。実はデジタルデータの所有権を売買できるNFTという仕組みによって、所有者の履歴を特定するブロックチェーンの技術によって、単なるデジタルデータのツイートに唯一性をもたせたのです。 Read More »

  • 「ポイント制度」が企業業績に与える影響を知る

    日本で暮らしていれば、多くの人がお世話になっていると思われる「ポイント制度」。家電量販店、スーパー、コンビニエンスストア、ホームセンター、書店、カフェやファストフードなど、今や店舗に入れば「ポイントカードはお持ちですか?」とよく尋ねられます。この記事では「ポイント制度」を反対の角度から眺めて、もらう方にとっては都合がいいこともあるポイント制度が、発行する側にとってどのようなものなのかを上場企業を例に挙げて考察します。 Read More »

  • 令和3年度の税制大綱で住宅ローン控除の特例制度はどのように変わるのか?

    この記事では令和3年度の税制大綱で住宅ローン控除がどのように変化するのか解説し、今後検討されている住宅ローンの改正案についても解説していきます。 Read More »

  • 2021年が引退に最適の年となるかもしれない4つの理由

    経済の不確実性、猛威を振るう新型コロナウイルス、生活パターンの変化に伴う精神的ストレスなど、今は引退に適した時期ではないという意見もあります。しかし見方を変えると、2021年は引退に最適の年となる可能性があります。 Read More »