The Motley Fool

投資の基本

  • 成長株は4つのステージに分けて投資。「ステージ別投資法」について

    成長株の株価は大きく4つのステージに分けることができます。多くの成長銘柄が同じようにIPOされ、同じように上昇し、同じように下落していきます。もちろん銘柄ごとに値動きが違ったり、例外があったりもします。一般的な成長銘柄がたどる成長ステージの推移を知っておくことは、投資スタンスを決めるうえで参考になります。 Read More »

  • 【米国株動向】投資初心者にお勧めの2銘柄

    「知っているものに投資しろ」とは著名投資家ピーター・リンチ氏の名言であり、投資先企業について十分に調べて理解した上で投資しろという意味です。同氏はまた、得意な分野で投資をしろとも言っています。これは特定の業界やセクターを指すこともあれば、バリュー株やグロース株を見つけることも含まれますが、得意な分野を見つけるには経験が必要です。 Read More »

  • 景気のV字回復やL字不況とは?景気の二極化を示すK字についても解説

    経済の専門家は景気を表す折れ線グラフの形から「V字回復」や「L字不況」と呼称することがあります。V字型やL字型の折れ線グラフは過去の景気後退時に多く見られたことから、投資や経済の勉強を始めたばかりの方でもイメージがしやすい形です。しかし、最近ではK字型の折れ線グラフが登場しており、意味を知らないと、景気がどのように変化しているのか分かりづらいです。そこで今回は、景気を表す折れ線グラフの形であるV字やL字の意味や、経済の二極化を示すK字について解説します。 Read More »

  • インフレ懸念が高まる中で何に投資すべきか?

    コロナのパンデミックによる景気の落ち込みを回復させるために、FRBは超低金利政策+量的緩和の継続で流動性を超過剰と言われるくらい供給しています。そして、財政政策としても、既に600兆円規模の経済支援策が行われていますし、更にインフラ整備をメインとした200兆円規模の経済政策などで、マネーを市場にばら撒いている感じです。そうした状況なので、景気が回復し始めたら一気に過熱状態になり、インフレが急上昇するのではないかという懸念も浮上してきています。 Read More »

  • ミャンマーのカントリーリスク露呈。無視できない新興国のカントリーリスク

    最大の都市、ヤンゴンを訪れると巨大なショッピング・モールがあり、日本のラーメン店「一風堂」も進出するなど、日本食も食べられました。欧米資本のHard Rock Cafe(撤退済み)もあり、街を歩けば巨大なデベロッパーが建設中のモールやビルが立ち並び、成長している経済のダイナミズムを感じられる国でした。しかし、2021年2月のクーデターで情勢は一変。一夜にして新興国のカントリーリスクが顕在化してしまい、何も考えずに気楽に歩いてまわれたヤンゴンは、夜道を歩けば命を落としかねないほどの危険な街に変貌してしまいました。 Read More »

  • BDC銘柄の投資はリスク分散と損切必須。配当の高さはリスクの高さ

    一部の投資メディアやSNSで、高配当のBDC銘柄が話題になっています。BDC銘柄の配当を調べてみると、利回りが6%、8%は当たり前の高配当銘柄ばかりです。個人投資家に人気の高配当利回りETFでも3%前後の利回りなので、配当利回りだけを見ると気になって当然です。一方で、BDC銘柄が日本の大手ネット証券で新規買い付け停止の措置がとられているといった話題もあがっています。 Read More »

  • 中央に管理組織のない自立分散型組織とは?DAOの法人化に関する動きも解説

    インターネットの普及により、技術や価値観の変革は急ピッチで行われるようになっており、最近では組織の形態にも新しい形が訪れようとしています。そこで今回は、中央に管理組織のないDAO(自律分散型組織)について解説します。自律分散型組織のメリットやデメリット、自律分散型の法人化に関する動きも合わせて解説します。 Read More »

  • 日米大手企業 、生き残りをかけた戦略

    各企業は時に、生き残りを掛けた大きな選択に迫られます。決定した戦略が将来、吉と出るか?凶と出るか?その答えは誰にも分かりませんが、生き残るためには時代の流れを掴み、先手を打って動いて行くことも大切な事でしょう。この記事では、日米の大手企業が生き残りをかけて行った戦略の事例を2つ紹介します。 Read More »

  • 2024年に始まる新NISAとは?一般NISAを利用している方の注意点も解説

    国は老後資産の形成のために投資を推奨しており、NISA制度をスタートしました。数年おきにルールや新制度が発表されてきたNISA制度ですが、2024年を目途に新NISAとなり、内容や仕組みが大きく変化します。そこで今回は、2024年に始まる新NISAの内容や、現時点で一般NISAを利用している方が知っておくべき注意点などを解説します。 Read More »

  • 個人投資家もおさえておきたい、リスクパリティ戦略

    2021年2月下旬、リスクパリティ戦略をとるクオンツのポートフォリオが大きくダメージを受けたと言う趣旨のニュースが流れました。個人投資家にはあまり聞き慣れない戦略ですが、世界ではリスクパリティ戦略を採用しているヘッジファンドが多いため、マーケットでの存在感は無視できないほど大きくなりました。 Read More »