The Motley Fool

投資の基本

  • インデックス投資や高配当投資などの「分かりやすい投資手法」を信じる前に

    新しく投資を始める時、どのような情報を基に自分の投資のベースを決めたのでしょうか。また、それはいつ頃から始めたのでしょうか。インターネットやSNS、ブログの普及により、近年は比較的「目立つ情報」を手に入れやすくなりました。そして「わかりやすい投資法」により、投資を始めるハードルも大分下がってきたのではないかと思います。 Read More »

  • 【米国株】株式投資の実質リターン:「シーゲル銘柄トップ20」

    米国株を語る上で、誰もが耳にする「S&P500」や「NYダウ」は最重要ではありますが、「株式投資における実質リターン」は果たしてどの程度になるのでしょうか。そして、どのような銘柄が実質リターン上位になるのでしょうか。「実質 リターン」においては、ペンシルベニア大学大学院のジェレミー・シーゲル教授が著著「Stocks for the Long Run 5/E」(和名:「株式投資」)の中で、過去 (1957~2012) における米国株の分析をされており、リターン上位20銘柄を発表しています。 Read More »

  • 【米国株動向】コロナウイルスによる弱気相場におけるバフェットの初動

    バークシャー・ハサウェイが米国証券取引委員会に四半期報告書を提出するまで、同社がどんな取引を行ったかを正確に知ることはできません。しかし、コロナウイルスによる弱気市場における同社の動きについて、マーケット参加者は薄々と気づいています。それはバフェットが、大きな投資機会をとらえるために可能な限り多くの資金を準備しているのではないか、ということです。 Read More »

  • 【米国株動向】ウォーレン・バフェットが受け取る2020年の配当額は?

    バークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)のウォーレン・バフェット最高経営責任者(CEO)はほぼ間違いなく、現代で最も偉大な投資家です。1965年以来のS&P500指数の年率リターンが10%であるのに対し、バークシャー・ハサウェイは20.3%となっています。1965年以来の累積リターンでみると、S&P500が19,784%なのに対し、バークシャー・ハサウェイは2,744,062%と、圧倒的な差があることが分かります。 Read More »

  • この春、日本株投資で考慮しておきたいことを9年前に学ぶ

    新型コロナウィルスの感染拡大で暴れ始めたマーケットが落ち着きを取り戻すにはしばしかかりそうな気配です。終息が見えない現時点では、実体経済への影響を測るのが難しいので、個人的には地理に関係なく、もうしばらくマーケットは落ち着かないだろうと思っています。その理由はいくつかあるのですが、ここにきて一つ想定しておくべき状況が見え隠れし始めており、ここではその点について述べたいと考えます。 Read More »

  • あなたが見込んでいるその利益は一体どこからくるの?

    株式投資に限らず、相場全般において「必ず」押さえておかなくてはいけないポイントがあります。それは、あなたが今まさに手に入れようとしているその見込み利益は、「一体どこからもたらされるものであるのか?」という点です。言い換えると、「利益の源泉は何か?」ということになります。 Read More »

  • 【米国株動向】ウォーレン・バフェット氏の銘柄に投資するならこの2銘柄

    ウォーレン・バフェット氏はその驚くべき投資成績から「オマハの賢人」と呼ばれ、熱烈な信奉者がいますが、同氏が率いる投資会社バークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)の投資先を全て調べた人は少ないのではないでしょうか。銀行株やアップルにも多額の投資をしていますが、 筆者が今最も気に入っているのは、飲料大手のコカ・コーラ(NYSE:KO)と会員制量販店のコストコ・ホールセール(NASDAQ:COST)です。 Read More »

  • ピーターリンチ流の割安成長株投資を再現するファンドが登場

    ピーターリンチは伝説のファンドマネージャーとして知られています。ピーターリンチ関連の投資書籍は日本でも翻訳され、彼の根強いファンの投資家も少なくありません。しかし、ピーターリンチ流の割安成長株への投資を実際に個人で再現するのは、難しいと感じている人も多いのではないでしょうか。 Read More »

  • 市場暴落と恐怖指数(VIX)の関係性を理解しよう

    コロナウィルスによって世界経済が極めて不安定な状況ですが、そうした中で注目されているのが恐怖指数、またはVIX指数と呼ばれるものです。VIXとは「Volatility Index=ボラティリティインデックス」の略称のことで、投資家の株式市場に対する恐怖心を数値化した指数を意味しています。また算出方法としてはシカゴ・オプション取引所(CBOE)が、S&P500を対象とした将来の市場変動率であるIV(インプライドボラティリティ)の値動きから算出してています。 Read More »

  • 2024年から始まる新NISAで株式を購入する方法とは?

    2014年から始まった個人投資家への税制優遇制度「NISA」は、1年間で120万円、5年間で600万円の株式投資の利益を非課税にすることができるので、個人投資家で利用者の多い制度でした。しかし、2024年から始まる新NISA制度は非常に複雑で、これまで通り株式が購入できるのか分かっていない人も多いかと思います。結論からいえば、新NISAで株式は購入できます。しかし、これまで通り自由に購入できるわけではなく、条件があります。この記事では新NISAの仕組みをもとに新NISAで株を購入する方法を解説します。 Read More »