The Motley Fool

投資の基本

  • 仕組債の種類は?知名度の高い仕組債や注意点についても解説

    仕組債は1980年頃から普及し始めた特別な債券です。普及し始めの頃は機関投資家向けの債券でしたが、現在は個人投資家向けの仕組債が証券会社で扱われるようになっています。しかし、仕組債は通常の債券よりもリターンは大きいですが、仕組みが複雑でリスクもあります。そこで今回は、仕組債の種類について解説します。 Read More »

  • 社債のスプレッドとデュレーションとは?意味や注意点を解説

    投資や金融のニュースでは、専門用語が何度も出てきます。用語のなかには複数の意味や、資産運用の種類によって意味が異なる場合があるのも珍しくありません。しかし、用語の意味を間違えてしまうと、市場や相場を正しく分析できなくなります。そこで今回は、社債におけるスプレッドとデュレーションについて解説します。 Read More »

  • 不動産ファンドのメザニンローンとは?メリットやデメリットについて解説

    将来のことを考えて投資を始める方は増えており、株式投資や投資信託以外の運用方法も注目されています。不動産ファンドも注目されている投資ですが、他の資産運用と比べて専門的な単語や制度が多いです。そこで今回は、不動産ファンドにおけるメザニンローンについて解説します。 Read More »

  • ノックアウト・オプションとは?ノックアウト・オプションの仕組みやメリットを解説

    投資に参加するハードルが下がったことで、様々な投資方法が注目を集めています。ノックアウト・オプションも最近になって注目を集めている投資方法で、少ない資金で利益を狙うことができ、トレード開始時に最大損失額を自分で設定できることから、投資を始めたばかりの方におすすめと言われています。そこで今回は、ノックアウト・オプションについて解説します。 Read More »

  • 暗号資産における草コイン投資のリスクについて

    暗号資産においてビットコイン以外の通貨はイーサリアムなどの時価総額が高く、有名な通貨も含めてアルトコイン(代替のコイン)に分類されます。アルトコインの中でも時価総額が低く知名度の低いコインは草コインと呼ばれます。このような草コインの中でも将来性のある通貨を見抜いて投資することで大きなリターンを狙えることから草コイン投資が注目を集めているのです。しかし、草コイン投資は大きなリターンを狙える反面、さまざまなリスクを抱えています。この記事では草コイン投資のリスクについて解説します。 Read More »

  • 今年は日本株9月期「決算プレイ」が難しい

    多くの投資家は決算発表を見据えながら投資戦略を考えます。それは「決算プレイ」と言われたりもしますが、今年は例外的にもう一つ予測しづらいファクターがあります。10月31日に投開票される衆議院議員選挙です。 Read More »

  • 投資においてレバレッジをかけることを危険と断定しないほうが良い理由

    レバレッジとは銀行や証券会社などの自身以外が保有している資産を投資に利用して、投資の効率を高めることを指します。自己資金よりも大きい資産を運用するため、損失が発生した場合のリスクが高く、場合によっては借金をする可能性もある投資方法であるため、株式投資では現物は安全、信用は危険と考えている投資家もいるのではないでしょうか。しかし、投資においてレバレッジを否定することは取りうる選択肢を狭めることにもつながります。 Read More »

  • 信用取引の買残・売残とは?現物投資家も知りたい信用残高が株価に与える影響

    この記事では信用取引の仕組みも踏まえて信用残高について説明し、信用残高が株価に与える影響まで解説します。 Read More »

  • 「アフターコロナ」銘柄の賞味期限

    株式市場ではかねてから「アフターコロナ」呼ばれる、感染状況の落ち着き後に業績のV字回復が期待される銘柄にフォーカスがしばしば当てられていました。「Go To 〇〇」という政策で消費増が期待されるような、長距離旅客運送、ホテル、観光関連、外食関連、百貨店や商業施設運営、エンターテインメント関連あたりがいわゆる「アフターコロナ」銘柄でしょう。一方、これらの銘柄はこの1年半余り感染終息の期待値で買われ、感染拡大が報道されれば売られるという短期間の上げ下げが続いてきた銘柄でもあります。期待値で買われていると報道される頃には実はもうピークに近かったということも少なくなかったでしょうし、今後もその傾向に変化はないと筆者は考えています。 Read More »

  • 【米国株動向】ウォーレン・バフェットお気に入りの高配当銘柄は買いか?

    大手投資会社バークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)のウォーレン・バフェットCEO(最高経営責任者)は配当銘柄を好んでおり、バークシャーのポートフォリオには定期的に株主に配当する銘柄がたくさんあります。特に目を引くのが、46ある銘柄の中でも配当利回りが4番目に高く(執筆時点で4.7%)、8億ドル以上のポジションで9%の株式の持ち分を保有するストア・キャピタル(NYSE:STOR)です。 Read More »