MENU

REIT

  • シンガポール上場のファーストREITについて知っておくべきこと

    ファーストREITは、ヘルスケア施設を中心としたREITで、シンガポール証券取引所に上場しています。 Read More »

  • ダシン・リテール・トラストの主なリスク

    ダシン・リテール・トラストは、2017年1月にシンガポール証券取引所に上場した中国の小売業施設を中心とした不動産投資信託(REIT)です。このREITのポートフォリオは広東省中山市にある4つのショッピングモールで構成されています。 Read More »

  • シンガポールのSPH REITについて知っておくべき2つのこと

    SPH REIT(ティッカー:SK6U)は、シンガポールのショッピングモールであるパラゴンモールとクレメンティモールを所有する不動産投資信託(REIT)です。また、レイルモールの借地権も所有しています。 Read More »

  • キャピタランド・コマーシャル・トラストの成長計画

    キャピタランド・コマーシャル・トラストは、シンガポール最大の商業用不動産投資信託です。同REITのポートフォリオは現在、シンガポールにあるオフィス9物件と海外の商業施設1物件で構成されています。 Read More »

  • 米国モールREITとそのトップ3の魅力

    多くの投資家は、小売関連株式への投資を怖がっています。アマゾンや他のeコマース小売業者の影響で、小売業者の倒産など実店舗関連の大崩壊が続いています。しかし、すべての小売企業が同じ船に乗っているわけではないことを認識することが重要です。適切な小売業への投資を可能にするモール中心のREIT(不動産投資信託)があります。 Read More »

  • 住宅市場の減速にもかかわらず、堅調なカナダの主要REIT

    世界中の大都市で住宅市場が減速していることはご存知かと思います。バンクーバーやトロントのような国内の都市から香港やメルボルンのように地理的に遠く離れた都市に至るまで、住宅市場は減速しています。しかし、3つの主要なカナダのREITのデータを調べると、それらの評価がほとんど変わっていないことがわかりました。 Read More »

  • 配当利回りを追求しすぎるのもよくない?シンガポールの場合

    シンガポールの投資家は配当を好むことで知られています。多くの退職者は安定した配当収入と高配当利回りのために、不動産投資信託(REIT)に多額の資金を投資しています。確かに配当を考慮して投資することは、不労所得の流れを築くための良い方法ですが、利回りを追うときには慎重にならなければなりません。 Read More »

  • 2019年のシンガポール産業用不動産の見通し

    モトリーフール・シンガポール支局、2019年1月4日投稿記事より シンガポールの産業用不動産の価格は、過去3年間で連続して下落しています。 2019年には、今後数年にわたってシンガポールの産業用不動産投資信託(REIT)に影響を与える可能性がある3つのマクロ要因があります。 産業用地への弱い需要 1つは、産業用地への需要が依然として弱いことです。 2018年下半期に確認された4つの産業用地への入札のうち2つは、JTC Corporation(シンガポールの産業、商業地区の開発、管理を主に行う法定機関、以下「JTC」)によって、入札価格が低すぎると見なされたため、認められませんでした。 また、JTCは最近、産業用地売却プログラムに基づいて提供される産業用地の量を2018年の12.59ヘクタールから2019年前半に11.86ヘクタールに減らしました。 産業用地の新規供給は、2016年と2017年の200万平方メートルから2018年にはわずか100万平方メートルと急激に減少しています。 2021年の新しい産業用地の提供予定は50万平方メートル未満です。 空室率の減少と稼働率の上昇 2018年には、賃料と空室率の2つが底打ちしたようです。 すべての産業用不動産の四半期賃料指数は、2018年第1四半期の91.1から2018年第3四半期には90.9へと、わずかな低下ですみました。 さらに、すべての産業の稼働率は2018年第3四半期に89.1%に上昇し、1年前から0.5%上昇しました。 シンガポールの産業用REITが2019年に賃料を引き上げることができるとは思いませんが、賃料の下げ止まりと稼働率の漸進的な上昇は、2019年の産業用REITの高い利益を確実にするでしょう。 産業地区 3つ目に、産業地区に焦点を当てているシンガポールの産業用REITは、他のREITよりも良い結果をもたらす可能性があります。 あらゆるタイプの産業用スペースの中で、産業地区は最も回復力があり、賃貸料が上昇している唯一の地区です。 産業地区の四半期賃料指数は、2018年第3四半期現在、112のままです。これは、最悪のパフォーマーである倉庫とは対照的です。 倉庫は、賃貸指数が85.1で下落し続けています。 2019年と2020年には、8万平方メートルの産業地区だけが稼働すると予想されています。 この地区は、235万平方メートルの1社専用に作られたビル、多数のテナントが入るビル、および倉庫スペースに利用できます。 事前に契約したテナントを持つ傾向がある産業地区でより大きなポートフォリオを持つ産業用REITに焦点を合わせることは、投資家にとって賢い選択かもしれません。 結論... Read More »

  • 北米で注目される2つのREIT

    不動産に興味を持っている投資家は、多種多様な選択肢を持っています。ここでは、リオカンREIT(とブルックフィールド・プロパティ・パートナーズを見ていきます。 Read More »

  • 英国の2つのREITに注目

    不動産投資信託(REIT)の購入が、投資ポートフォリオにとって良い選択肢になるのではないでしょうか。 Read More »