The Motley Fool

きしやん

金融業界とは無縁な職種の会社員。人生100年時代のお金と資産形成を我が子に教えるため、自ら金融知識を身に付け、実践しています。 投資に関する知識のアウトプットとしてブログの運営。資産運用の裾野を広げる活動として、個人投資家の交流会を定期的に開催しております。

つみたてNISAは、なぜ「積立て」なのか?を考えてみる

国は資産形成の一助として、2018年からつみたてNISAという少額非課税制度をスタートさせました。特に投資初心者の方に推奨されていますね More »

波乱相場に学ぶ、分散投資の重要性

株式相場は2017年以降、堅調な上昇を続けてきました。しかし2018年末から2019年明けにかけて、突如として株価が10%以上下落したのは記憶に新しいかと思います。 More »

まとまったお金の運用方法

先日、私が開催する個人投資家の交流会にて、今まさに投資を始めようと検討している人にお会いしました。その人の悩みは大きく分けて3つ。どんな商品を買えばいいのか、どうやって買えばいいのか、どれくらい買えばいいのかです。 More »

お金が『借りられる』と『返せる』は別問題 〜リーマンショックから学ぶ〜

昨今、資金調達(ローン)がとても低金利で行える背景には、中央銀行によるゼロ政策金利が理由の一つとしてあります。我々の実生活にフォーカスすると、多くの金融機関は住宅ローンなら金利1.0%未満で融資してくれていますね。よって、マイホーム購入にあたっては、高額な住宅ローンを組んだ人もたくさんいらっしゃるでしょう。しかし忘れてはならないのが、銀行がお金を『貸してくれた』と言っても、あなたが『返済できる』ことを保障してくれた訳ではありません。 More »

【後編】積み立てた投資信託(インデックスファンド)は、いつ解約(売却)するのか?

始める(買い付ける)のは簡単なインデックス投資ですが、以下の疑問があるかと思います。積み立てたインデックスファンドの解約(売却)はどのタイミングやるのか?値上がり分は、いつ利確(利益確定)するのか?今回の記事では、リスク資産の割合が減少した場合の基本的な対応方法と、その際の注意点に関してお話したいと思います。 More »

【前編】積み立てた投資信託(インデックスファンド)は、いつ解約(売却)するのか?

積立て投資中の具体例をいくつか提示して、実践的な方法をお伝えします。 More »

投資信託の月次レポートの見方と、注目部位 〜純資産総額編〜

月次レポートから純資産総額の見方と注目部位をお話させていただきます。 More »

投資信託の月次レポートの見方と、注目部位 〜運用成績編〜

投資信託を通じて資産運用を行う際、以下の点に注目する必要があります。Ⅰ:手数料(購入時、信託報酬)Ⅱ:運用成績Ⅲ:純資産総額。Ⅰの各種手数料に関しては、投資信託の『交付目論見書』の後半に「ファンドの費用・税金」という欄に掲載されております。しかしⅡやⅢの詳細を知るには交付目論見書だけではなく、投資信託が毎月発行する月次レポートも確認する必要があります。 More »

指数の配当「込み」と「抜き」の違い

投資信託が対象とする指数は、運用成績の比較を行うベンチマークとしても利用されます。投資信託の運用スタイルによって、ベンチマークを設定する目的は大きく2つに分類されます。アクティブファンドの場合は、運用成績がベンチマークに対してアウトパフォームしているか⇒成績の優劣、インデックスファンドの場合は、運用成績がベンチマークに対して乖離していないか⇒成績の安定。そして対象となる指数(インデックス)も、配当込み・抜きの2種類あるのです。 More »

コントロールできないリスクと、コントロールできるリスク

投資を行う上で、リスクとは切っても切れない関係性があります。リスクを負うことにより元本保証商品以上の利回りが期待できる反面、投資の運用結果はコントロールできません。 More »