The Motley Fool

松本義和

本場アメリカのファンドマネジャーにOJTで投資を学び、NYウォールストリートでの数百億円の運用を含め、投資の世界のプロフェッショナルとして30年。ウォレン・バフェットの運用や、多くのトップレベルの投資家の運用手法を学び続けています。投資を通してビジネスを見る視点を大事にしています。また、個人投資家向けセミナーも主催しています。

カーボンニュートラルで今後更に注目される米国水素関連銘柄4選

今回は、水素を使ってカーボンニュートラルに貢献しそうな企業を4銘柄紹介します。現時点では、水素のピュアプレーとも言える銘柄です。 More »

ウォーレン・バフェットとチャーリー・マンガー、投資と富の賢者の知恵に学ぶ

投資と富の賢者とは誰か?おそらく、多くの皆さんはすぐに気づくでしょう。それは、ウォーレン・バフェットとその相棒であるチャーリー・マンガーのことです。二人とも90歳を超えているものの、現役を続けビジネスと投資を成功させているスーパー投資家&ビジネス成功者です。今年3月に米国の投資専門チャンネルのCNBCが二人を単独インタビューしたものを録音で聞くチャンスがありました。これをベースに、彼らの知恵から我々が学べるものをピックアップしていきたいと思います。 More »

バークシャー・ハサウェイに最近起きた、環境関連の二つの出来事

バークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)の今年の年次株主総会の際に、株主提案で提出された議事がありました。気候変動リスクに関してどのようなリスクと対策を練っているのかを自己評価するレポートをバークシャー・グループとして公表する、という提案でした。 More »

デパート業界は株価こそ復活しているが、長いトンネルを抜け出せていない

米国の小売売上自体は、ロックダウンの影響で一時的に減少していますが、増加し続けており、2021年5月に過去最高を記録しています。小売り売上高が上昇し続ける中で、ここ数年デパートの破産申請(Chapter11)が毎年のように出続けています。 More »

GPUで半導体業界の最先端に躍り出たエヌビディアの今後

「GPUと言えば、エヌビディア」と言われるくらい、GPUのリーディングカンパニーとしてエヌビディアは成長してきました。GPUは、1999年にNVDAが最初に汎用のGPUを開発し、販売を始めたところから始まっています。 More »

機関投資家・超富裕層に人気のプライベートエクイティに間接的に投資する方法と主要銘柄

直接投資できなくても、間接的に活況を呈しているPE市場の恩恵を享受することは出来ないでしょうか。PE投資を行っている会社の株を買うことで間接的に投資する方法があります。今回は業界全体の状況とその中でいくつかを紹介したいと思います。 More »

犯罪の高度化とともに進化し続けるサイバーセキュリティ業界と主要銘柄

サイバー犯罪の高度化に対応して、セキュリティも高度化しているものの、サイバー犯罪による被害総額は世界全体で約$6trillion(約654兆円)にも上ると言われており、それに比べると、サイバーセキュリティ業界は小さく、まだまだ成長の余地があると考えて良いかと思います。 More »

バフェットのポートフォリオの直近の動き。購入した銘柄と売却した銘柄

3月末時点でのバークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)の上場株式保有について、SECへのファイリングが先日公開されました。ニュースにもなっていたので、既にご存じの方も多いかもしれませんが、その動きの全体観とその背景にある理由を考えてみたいと思います。 More »

世界的半導体不足と半導体セクターの将来について

昨年から半導体不足が指摘されており、各所でその影響が出ています。自動車業界では生産ラインを一時止めるというような事態にもなってきています。アメリカでは、バイデン大統領が、経済安全保障の問題として、政府として取り組むという発表まで行っています。今回は、なぜこのような事態が発生したのか、半導体セクターの特性などにも触れながら、まとめてみたいと思います。 More »

機関投資家の資金運用の在り方を変えた「デイビッド・スウェンセン」から学ぶ

5月5日、イエール大学基金の運用マネジャーであり、CFO/CIOであったデイビッド・スウェンセン(David Swensen)が癌のため他界されました。享年67歳でした。彼は、イエール大学の基金(寄付金で創設されているもの)の運用を1985年から担当し、開始時$1bil(約1,090億円)を2020年には$31.2bil(約3兆4,000億円)にしています。35年で31.2倍、年率で10.33%のリターンです。 More »