The Motley Fool

松本義和

本場アメリカのファンドマネジャーにOJTで投資を学び、NYウォールストリートでの数百億円の運用を含め、投資の世界のプロフェッショナルとして30年。ウォレン・バフェットの運用や、多くのトップレベルの投資家の運用手法を学び続けています。投資を通してビジネスを見る視点を大事にしています。また、個人投資家向けセミナーも主催しています。

バフェットの自社株買いは何を意味するのか?

バフェットの会社であるバークシャー・ハサウェーの投資行動で最近話題になっているのが、自社株買いです。今年、10月までで約$18bil(約1.9兆円)も自社株買いをしています。バフェットは、これまでずっと自社株買いをしてきませんでした。 More »

世界最大のファンド、GPIFの投資方法と個人の投資への応用を考える

世界でもっとも大きいファンドと聞いて、皆さんはどこを思い浮かべるでしょうか。世界一の巨大ファンドは、なんと日本の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)です。2020年9月末で、167兆5,358億円の資産を運用しています。 More »

バリュー投資のプロ、ジョン・ネフの投資手法を学ぶ

今回ご紹介するのは、プロ中のプロの投資家の一人である、ジョン・ネフです。日本人投資家の方はあまり聞いたことがないかもしれません。コントラリアン(逆張り)的な割安株投資が主な手法で、派手さはありませんが、多くのプロを唸らせる素晴らしい投資家でした。 More »

期待が高まるクリーン・エネルギー関連の企業への投資について

エネルギー需要は、COVID-19パンデミック対策の経済活動の停止などにより、大きく減退してしまいした。これが危機前の水準に戻るのは2023年とされ、景気回復に遅れが出れば、2025年まで伸びる可能性もあるとしています。そして、エネルギー供給において次の10年が転換点になるとも予想されています。 More »

バフェットが32年もコカ・コーラを保有し続ける理由

バークシャー・ハサウェーのポートフォリオ(即ちバフェットのポートフォリオ)に超長期で保有されている銘柄がいくつかあります。今回は、その中でも現在、上場株式として(100%子会社になってしまったものを除く)Top3(1位はアップル、2位はバンク・オブ・アメリカ)の保有であるコカ・コーラを取り上げたいと思います。 More »

米国一流大学の基金のポートフォリオ構築を学ぶ

昨年もこの時期に米国一流大学の基金の運用を概観し、個人の運用にどう生かすかということを書きました。今年の決算(6月)の結果も出てきていることもあり、昨年取り上げたハーバード大学、イエール大学、プリンストン大学に加え、今年はスタンフォード大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)も加えて、見ていきたいと思います。 More »

ヘルスケアの救世主、バーチャルヘルスケアの投資機会

患者と医師をつなぐ手段にデジタル技術が使われているようなケース全般を、バーチャル・ヘルスと呼んでいます。電話、ビデオ、スマホアプリ、テキストメッセージ、その他のプラットフォームを使い、医療施設以外にいる患者に対してヘルスケアサービスを届けるものです。 More »

盛り上がりを見せるオンラインカジノ、スポーツベッティングで注目すべき企業

コロナの影響を最も大きく受けたセクターは、旅行(観光)・ホテル、飲食、エンタテインメントなどであったかと思います。そして、今回取り上げるカジノ業界は、これら全てを含むセクターです。ある意味、「不要不急」を代表するような業界なので、ロックダウンとそれによる人々の生活様式の変化(恒久的か一時的かはまだ分かりませんが)による業績への影響は非常に大きいです。経済活動の再開に伴い、カジノのメッカ(Sin Cityとも呼ばれていますが)であるラスベガスは、6月4日に早くも再オープンしています。 More »

宇宙開発で注目を集める企業と投資対象となりうる銘柄

航空・防衛セクター(Aerospace & Defense)は、商業用の旅客機から、ミサイルやジェット戦闘機、はたまたロケット・宇宙船などの宇宙開発関連まで、かなり幅広い分野を含むセクターです。このセクターはアメリカ株を見る上では、無視できないセクターです。約50万9,000人の科学者・技術者が働いており、関連するエリアでも約70万人が働いていると言われています。 More »

アマゾンは、なぜコロナをチャンスに変えることができたのか

コロナによって、ビジネスの在り方が大きく変わりました。最も影響を受けたのが、旅行業や飲食業、そして、外出が減ったことで、小売りにも大きな影響が出ました。一方で、eコマースは、ステイホームが追い風になる形で業績を伸ばしています。その中でも大きく業績を伸ばし、株価も順調に伸ばしたのは、eコマースの巨人、アマゾンです。 More »