The Motley Fool

田守正彦

WEBライター。20代の頃からアメリカや香港の証券会社の口座を開き外国株を中心に取引してきました。主に投資スタイルは中長期のトレンドフォロー型の成長株投資。新興国の金融にも興味があり旅行先ではカンボジアの銀行やミャンマーの証券取引所に立ち寄ったりマイクロファイナンスの金利やコンドミニアムの価格を調べるのが趣味です。

注目の医療関連銘柄3選。イーライリリー、クーパーカンパニーズ、インテュイティブ・サージカル

米国は医療テクノロジーの分野でも最先端を走っています。ヘルスケア関連のセクターでも、安心して投資できる大手企業から、成長中の注目企業まで投資先の選択肢も豊富です。ヘルスケア関連・医療セクターはどちらかといえばディフェンシブなイメージがあります。しかし株価のチャートを見てみると、IT関連の成長株にも負けない勢いで株価が上昇中の銘柄も少なくありません。今回は医療関連の銘柄で現在、株価が上昇中の3つの銘柄に注目しました。 More »

「ピンタレスト」の今後の動向は?下げた後こそ株価を追う価値もあり

写真共有SNSのピンタレスト(NYSE:PINS)が2021年7月末の決算で下げました。決算の売上高ではコンセンサスを上回ったにも関わらず、時間外の取引で20%近くの下落で8月に入ってからの株価も上値が重い展開です。 More »

アマゾンがBig Commerceと提携。Shopify優勢のEC業界に変革が起きるか

Big Commerce(ビッグコマース)とAmazonの提携が発表されました。この提携は、今後ECの世界に大きな影響を及ぼす可能性があります。 More »

2021年版カンボジアの銀行の米ドル定期預金。1年定期は5%割れに

PPCbank(プノンペン商業銀行)は日本人デスクがあるカンボジアの銀行です。日本語が通じる安心感もあって、多くの日本人が窓口に相談に訪れる人気の銀行の一つです。2021年7月の1年米ドル預金の金利は4.3%となっています。一時期の状況に比べるとかなり金利は下がりました。 More »

2021年は銅価格が上昇。恩恵を受ける「銅関連銘柄」に注目

2020年から2021年にかけて銅価格の高騰が話題になっています。ロンドン金属取引所(LME)の銅相場は一時期10,000ドルの高値まで上昇。銅は景気の先行指標と言われており、銅価格の上昇はアフターコロナの経済回復への期待のシグナルと解釈することもできます。 More »

生まれ変わるエルブランズ。ビクトリアシークレットも新ブランドへ

「株はビッグチェンジを狙え」これは冒険投資家ジム・ロジャーズの言葉です。時代が大きく変わるとき、企業が大きく変わるときは投資のチャンスになることもあります。エルブランズ(NYSE:LB)も2021年に大きな転機をむかえる企業の一つです。 More »

投資初心者が投資信託を選ぶ3つの基準

投資信託の数は無数にあります。日本国内だけでも2021年現在で5,000本以上、米国市場に上場されている投資信託(ETF)なども含めてしまうと、選択肢が多すぎて迷ってしまうのではないでしょうか。そこで本記事では投資信託を投資初心者が選ぶ際に注意したい3つの基準をご紹介します。 More »

【2021年下半期版】米国市場でも買える優良中国株5選

中国企業は高いポテンシャルがある反面、政治的なリスクや粉飾決算が明るみになった事例もあります。しかし、それでも完全に投資対象から外すには惜しい投資対象でもあります。2021年下半期に投資対象として値崩れしておらず魅力的な成長株をご紹介します。 More »

カジノ関連はMGMが好調。ラスベガス・サンズが出遅れている理由は?

アフターコロナを見据えた投資家は、観光関連株に注目しています。日本株ならエイチ・アイ・エス(9603)やエアトリ(6191)のような観光関連の銘柄に買いが集まり、株価を大きく上げました。一方、米国株でも観光・エンターテイメント関連銘柄の株価は伸びており、注目されています。米国でカジノやホテルを経営しているMGMリゾーツ(NYSE:MGM)も1年の間で株価は1.5倍まで伸びています。 More »

注目のIPO、Buzz Feed(バズフィード)の上場は吉と出るか?

2021年6月下旬、新興Webメディア企業のバズフィードがIPOすると発表しました。今回のバズフィードの上場では890フィフス・アベニュー・パートナーズとの合併という手段をとる見込みです。 More »