The Motley Fool

小林貴之

オーストラリア在住。アメリカにてMBA卒業後、アメリカ、日本、オーストラリアで主に会計・経理職を経験。現在はフリーランスでコンサルタント業とライター業を営む。外国為替、CFD,オプションなどを中心とする個人投資家でもある。

オンラインギャンブルサイトで注目すべき「ドラフトキングス」

ドラフトキングスは、2012年にアメリカのボストンにおいて設立され、ライバル会社を買収して規模を拡大しました。主にオンラインカジノやファンタジースポーツと呼ばれるサービスを提供しています。 More »

未来のIPO候補、レンタル電動スクーター大手の「Bird」

バード社(非上場)はカリフォルニア州サンタモニカに本社があり、2017年に創業しました。その後、全米の100を超える都市でレンタル電動スクータービジネスを運営し、現在ではヨーロッパ、中東などの国でもビジネスを展開しています。創業の最初の1年間で1,000万台の乗車を行い、2019年には同業者でもあるスクート社を買収して、更に大きな規模でビジネスを展開しています。 More »

Netflixを追い越せるか、日本版サブスクビジネスのカタログ食品宅配「オイシックス」

サブスクリプション型のビジネスモデルは、主にIT業界によく見られましたが、最近になり他の業界でも見られるようになりました。最近のビジネスモデルの主流のひとつと言ってもよいでしょう。今回、ご紹介するオイシックス・ラ・大地という銘柄は、食品をインターネットで、サブスクリプション形式で販売するという、日本市場では珍しいビジネスモデルを運営している会社です。 More »

人種差別デモで都市郊外へ引っ越すアメリカ人。引っ越し用レンタルトラックの需要増で追い風の「U-Haul」

アメリカで引っ越しをするとなると、日本のように引っ越し業者に頼まず、家族や友人で荷物をレンタルしてきたトラックやトレーラーを利用して自分達でやるのが主流です。そして、その引っ越し用のトラックやトレーラーのレンタル会社で有名なのが、今回ご紹介する会社、U-Haul(ユーホール)です。 More »

時代の波に乗るか、オンライン車販売サイトの「Vroom(ブルーム)」

今回ご紹介するのは、アメリカで車のオンラインストアーを運営する会社です。 More »

中国系オンラインゲーム会社の三角関係は今後どうなっていくか

eスポーツの競技人口は、世界規模で1億人を超えていて、競技観戦、視聴者は3億人を超えていると言われているほど大きな市場になっています。今回は、世界的に人気が出てきているeスポーツ界で有名な中国系の企業をご紹介します。 More »

ついにAIの波は戦闘機にまで押し寄せる。2021年にAIパイロットと米軍パイロットの対戦が決定

最近、いろいろな所で見られるようになったAI(人工知能)ですが、ついに映画さながらのように、戦闘機にまで搭載されるようになりました。 More »

ドキュサインとデータドッグ、時代の波に乗り、高値を更新できるか

コロナウイルスが企業やビジネスに大きな影響を与え、働き方も変わってきました。その中で在宅ワークが注目され、企業によっては今後も在宅ワークを取り入れていくところもあると思います。この動きは日本のみならず、世界中で起きている現象と思います。そんな中、コロナウイルスの恩恵を受けたとでも言うべき、株価が2020年に入ってから急上昇している在宅ワーク関連の銘柄をご紹介します。 More »

翻訳者は生き残れるのか、押し寄せる「AI翻訳」国内関連銘柄

コロナウイルスの影響もあり「在宅ワーク」が注目を浴びていますが、翻訳という仕事もその一つにあてはまります。翻訳は一つの言語から違う言語に言葉や文章を訳す仕事であり、対象は印刷物であったり、インターネット上の情報だったり、メールであったり、ビジネス上の書類であったり、多種多様です。ひと昔前の翻訳家は辞書を片手に仕事をされていたでしょうが、最近ではPCを使うのが主流となっています。 More »

コロナが落ち着いても回復が難しそうな米国の業界と銘柄

2019年後半に始まったコロナウイルス騒動は世界的に大きな影響を与え、世界各国の株式市場にも大きな影響を与えました。2020年になり状況は更に悪化しましたが、5月頃から株式市場の下落も治まりつつあるような動きを見せる銘柄も現れました。コロナ騒動が始まる前に好調だった銘柄は、世界経済が回復すれば、株価も回復していくのでしょうが、今回ご紹介するアメリカの業界は、コロナ騒動の影響を受けたまま、長期に渡り低迷する可能性があります。 More »