The Motley Fool

小田茂和

博士持ちの金融ライター兼個人投資家。東京大学で博士(理学)を取得後、MRC分子生物学研究所研究員(イギリス)などを経て現在に至る。スペイン在住。アカデミアで得た経験や知識を使ってライティングと投資を行っている。

コロナショック下で購入を検討するべきヘルスケアETF 「ヘルスケア・セレクト・セクターSPDRファンド」

新型コロナウイルスのワクチンや治療薬、マスクなどの一般健康医療品の需要は伸びていると同時に、人々は健康に気を使うようになっていると考えられます。そこで、コロナショックの状況が続いている現在では、米国ヘルスケア銘柄に注目したいところです。しかし、ある程度の専門的知識がなければ、ヘルスケア業界を理解するのには時間がかかると思います。加えて、この業界の競争は激しいため、情報を定期的にフォローしておく必要があります。従って、ヘルスケア業界についてあまり詳しくなければ、個別銘柄よりまずはヘルスケアETFから始めてみることをおすすめします。 More »

モデルナは、新型コロナウイルスのワクチン開発を契機に伸びる可能性あり

欧米や中国の製薬企業が新型コロナウイルスのワクチンの開発に取り組んでおり、その最前線にいる企業の一つが米国のモデルナ(NASDAQ:MRNA)です。モデルナは、トランプ政権が進めている爆速ワクチン計画(Operation Warp Speed)からの資金援助を受けています。モデルナのワクチンRNA-1273は臨床試験のフェーズ2の段階にあり、ポジティブな結果を出しているようです。最終段階であるフェーズ3へは今年の7月に移行する予定で、順調に手続きが進めばワクチン提供は来年になる見込みです。 More »

アストラゼネカ、今年中にコロナワクチンを提供する予定もあり、長期的に伸びていく優良企業

新型コロナウイルスCOVID-19の感染症の治療薬はすでに提供されていますが、このパンデミックを収束させるのに重要なのはワクチンです。欧米や中国の製薬企業がCOVID-19のワクチンの製造に取り掛かっており、その最前線にいる企業の一つがイギリスの製薬企業であるアストラゼネカ(NYSE:AZN)です。同社はニューヨーク証券取引所にも上場されています。 More »

コロナショックによる世界経済の構造変化は、コロナ収束後も長期的に持続する

新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックによって株式市場は暴落した一方で、ロックダウンやソーシャルディスタンスなどによる措置によって、実体経済も冷え込んでしまいました。世界での新型コロナウイルスの患者数はまだ伸びていますが、現在このコロナショックはだいぶ収まってきています。そろそろコロナショック後つまりアフターコロナもしくはポストコロナのことについて考え始めるべきなのではないでしょうか。 More »

コロナショックにおける適切なアセットアロケーションとは

リスクが高い米国株をたくさん保有するのはリスクが高いため、同時にリスクの低い債券やETF(上場投資信託)などの金融商品を買っておきリスクヘッジを行っておきます。株取引でかなりの利益を定期的に得ていたとしても大損をする可能性は低くないため、このような戦略を取るのは合理的です。アセットアロケーションにおけるポートフォリオは人によって異なりますが、状況によってもそのポートフォリオを変える必要性があります。 More »

長期的な成長を見込めるヘルスケア銘柄「ジョンソン・アンド・ジョンソン」

新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックの状況を受けて、米国製薬企業の大手であるジョンソン・アンド・ジョンソンは、新型コロナウイルスのワクチン製造を開始しました。COVID-19ワクチンは完成しつつあり、9月にはフェーズ1の臨床試験が開始される予定です。ただ、ワクチンが完成して普及されるのは来年以降になる公算です。同社の株は、S&P500の構成銘柄の一つで、製薬以外にスキンケアなどの一般健康医療品や医療機器を世界に提供しています。 More »

コロナショックで世界経済は不況になるが、ヘルスケアなどのディフェンシブ銘柄は伸びていく

第1四半期の経済の状況を見てみると、やはりコロナショックの影響で多くの先進国のGDPはかなり落ちました。経済不況の時期に移行したと見てよいでしょう。一方で、世界の株式市場は乱高下を繰り返しながらも少しずつ右肩上がりになっていますが、しばらくはコロナショック前の状態になることはないと考えられます。 More »

コロナ治療薬「レムデシビル」で注目を集めたギリアド・サイエンシズに注目すべき理由

コロナショックで多くの企業が苦しんでいる中で、特に伸びているのはヘルスケア業界です。ほとんどの企業は新型コロナウイルス(COVID-19)の治療薬やワクチンを製造していますが、その中で最近話題になっているのがギリアド・サイエンシズ(NASDAQ:GILD)です。ギリアドは、治療薬の候補であったレムデシビルを患者へ投与するなどのテストを世界中で行い、結果としてこの薬が新型コロナウイルの治療薬として有効であることを発表しました。このニュースは世界中で報道されると同時に、同社の株は急騰しました。レムデシビルの一部は無償提供ですが、医療現場で実際に効果があることが分かればギリアドのブランドはさらに向上する可能性があります。本記事では、最新の決算情報に基づいてギリアド・サイエンシズについて解説・分析します。 More »

コロナショックにより成長が期待できるヘルスケアETF:米国バンガードVHT

新型コロナウイルスのパンデミックで需要が高まっているヘルスケア関連の株やETFについても同様に大きく下落しましたが、やはりその後底を打って急騰しました。しかし、一方でヘルスケア以外のほとんどの分野での株はあまり上がっていないか、ボックス相場に移行しています。今後は、ヘルスケアに注目して株やETFを購入するべきで、特に注目するべきはやはり米国市場です。 More »

米国株に投資するならヘルスケア銘柄に注目するべき理由

コロナショックによりほとんどの株は暴落してしまいました。しかも、世界中でロックダウン(国の封鎖)により経済が回っていない状況です。しかし、その中でも注目するべき分野があり、その一つがヘルスケアです。 More »