The Motley Fool

岸清香

金融系ライター。非正規雇用労働者としての不安から資産運用を開始。海外ETFの積立投資を軸として、ADR銘柄を中心とした米国個別株も保有中。

世界最大級の資産運用会社「ブラックロック」の特徴

米国株や米国ETFへの投資に興味をもつと、金融商品を取り扱う資産運用会社の存在を知ることになります。世界中に資産運用会社は存在していますが、世界三大資産運用会社といえば、以下の3社が挙げられます。ブラックロック、バンガードグループ、ステート・ストリート・グローバル。その中でもブラックロックは、アメリカニューヨーク州を本拠地とする資産運用会社です。 More »

世界最大規模の運用会社バンガードグループの特徴

現在、日本の証券会社を通じて複数の運用会社が運用する金融商品を購入できますが、特に有名なのが世界最大規模を誇る運用会社、ザ・バンガード・グループ・インク(以下:バンガード)です。 More »

NYダウやS&P500と同様に重要な指数、ラッセル指数について

インデックス型の投資信託や海外ETFの基準となる指数は多数あります。NYダウやS&P500といった主要指数の他にも、米国市場を代表するインデックスが存在します。その一つがラッセル指数と呼ばれるものです。ラッセルインベストメント社が算出・公表している指数で、S&P500ほどの知名度はありませんが、時価総額上位の企業を集めた指数として、活用されています。 More »

欧州株ADRのメリット・デメリット&注目銘柄紹介

イギリス株や新興国株ADRの比率が高いのですが、欧州株ADRは数が少ない分、優良な企業のものが多いのが特徴です。 More »

南アフリカ株ADRのメリット・デメリット&注目銘柄紹介

南アフリカ共和国は、アフリカ最南端の国です。19世紀初頭にイギリス領となり、アフリカ大陸最大の経済大国に位置しています。ブラジル・ロシア・インド・中国とともにBRICSを構成し、工業の中心は鉱業で世界屈指の埋蔵量を誇ります。金やダイヤモンドといったレアメタルも豊富で、今日金融保険業も拡大しています。 More »

ブラジル株ADRのメリット・デメリット&注目銘柄紹介

ブラジルは世界人口第5位の国で、BRICSに数えられる南アメリカ大陸随一の経済成長著しい国です。 More »

中国ADRのメリット・デメリット&注目ADR銘柄紹介

世界人口第1位であり、スタートアップ企業が次々と設立されている中国。米中貿易摩擦など懸念材料は多いですが、GDP成長率世界第2位の経済成長率を誇る国のADRのメリット・デメリット、注目銘柄についてご紹介します。 More »

インド株ADRのメリット・デメリット&注目すべき銘柄を紹介

2019年5月にモディ首相が再選し、GDP成長率も6%台をキープするインド株ADRについてご紹介します。 More »

イギリスADRのメリット・デメリット&初心者が注目すべき銘柄を紹介

ADR銘柄の中でもブレクジットの行方が気になるイギリスの注目ADR銘柄をご紹介しています。 More »

米国預託証券(ADR)の税金等について解説

米国預託証券とは、米国外の企業等が発行する株式に対する所有権を示す預託証券のことです。ほぼ米国株同様に取引できるADRですが、ADR特有のメリットやデメリットがあります。特に税金の仕組みは一般的な米国株式とは異なるため、配当源泉税率などを把握しておく必要があります。 More »