The Motley Fool

ライナス@米株仮面

本職はNYSE上場企業の日本法人で技術営業を担当。専門分野はIT系。 2010年から投資を始め、FX、日本株、仮想通貨、インデックス投資を経て、現在は米国個別株投資に落ち着く。 投資理論は「ランダム・ウォーク理論」推し。記事は所感を交えた銘柄分析や投資方針、投資哲学、ビジネスの近代化がテーマ。

【米国株】Googleの銀行ビジネス参入をどう捉えるか?

Google(GOOGL、GOOG)が金融機関と提携し金融業務に参入するとのことです。Google銀行(名称は不明)の口座開設や入出金、預金、送金の他、Google Payなどのキャッシュレス決済など各種金融サービスが提供される予定のようです。 More »

【米国株】高収益企業ポートフォリオ17銘柄の騰落率を整理する

8月に「【米国株】高収益銘柄で作るポートフォリオ」の記事を掲載してから3か月が経ちました。個人ブログの方では買付銘柄や騰落率、投資スタンスを定期的に書いているのですが、こちらでは書きっぱなしとなっていました。最近市場のトレンドも変化してきているように感じるので、手持ち銘柄の騰落率をVOO(S&P500に連動するETF)と比較しながら振り返りたいと思います。 More »

【米国株】クラウド事業と成長率の注意点

クラウド事業の数字を見るときには事業内容と内容別の数字も把握しておく必要があります。 More »

【米国株】決算から市場動向を予測しよう

10月~11月は決算シーズンでしたね。多くのハイテク企業の決算が発表され、好調を喜び、不調に悲観し、様々な思惑の中で株価が乱高下する時期でもあります。 More »

社会に必要な会社に投資すれば絶対安心!と言う勘違い

今回は、しばしば見かける「社会に必要な会社に投資をしておけば、その会社は倒産しない(その必要性から国や業界が倒産させるはずがない)ので間違いない!」と言う理論。これに待ったをかけたいと思います。 More »

【米国株】その「買い判断」、上値で指値が入れられますか?

今回は買付の際に考えるべきポイントについて書いていきます。 More »

【米国株】バランスシートにない資産を得るMcDonald’s(MCD)の新戦略

McDonald'sは2018年にイスラエルのテクノロジー企業である「Dynamic Yield(ダイナミックイールド)」社を買収しています。天気、時間、顧客層など特定の条件を基にデジタルサイネージ(電子メニューボード)の表示を変えることで、購買意欲を高めてもらおう、という新技術導入を目的としたものです。 More »

【米国株】バランスシートにない資産を持つGoogleの戦略

Alphabetと言えば皆様何をイメージしますか?やはり検索エンジンの「Google」のイメージが強いでしょうか。動画を見るのが好きな方はYoutube、ブロガーの方はAdsenseを思い浮かべますかね。いずれも広告収入が柱になるので、広告企業のイメージが強いかもしれませんね。今回は「AI First」を掲げるテクノロジー企業としてのAlphabetの側面を解説します。 More »

【米国株】リスクと分散の考え方。ケース別に見る「分散」の落とし穴

ポートフォリオを組むとき、「分散を効かせる」ことを意識しますよね。そして分散を効かせる理由は「リスクを低減するため」と考えている方も多いと思います。しかし、分散の仕方によってはリスク低減にならないことは覚えておくべきです。 More »

ワイドモート≒永続する会社≠値あがる銘柄

多くの方が銘柄選定の基準にするであろう「ワイドモート」と言う要素。今回は「ワイドモート=永続する会社=値あがる銘柄」と言う一部の方が抱く誤解に、待ったをかけたいと思います。 More »