The Motley Fool

鈴木林太郎

経済&アートライター。資産運用とアーティストの作品を取集するのがライフワーク。どちらも長期投資で成長していく過程を眺めるのが好きです。海外投資がメインなので、主に外国企業や海外投資家についての情報、最新のテクノロジー関連の記事作成を心がけています。

今更聞けない、FRB・FOMCの役割と株価への影響について解説

米国株投資家が常にその動向に注目しているのが、米国の金融政策を動かすFRBです。FRB議長の発言によって、米国だけでなく世界各国の金融政策に大きな影響を与えます。今回はFRBと米国の金融政策の基本方針を話し合うFOMCの役割と株価への影響について解説していきます。 More »

「ニコラ」と「ロビンフッド」、電気自動車とスマホ証券の新進気鋭はゲームチェンジャーとなるのか?

コロナ禍において、今、最も注目されている米国企業が電気自動車(EV)ニコラ・モーターとスマホ証券のロビンフッド・マーケッツです。ニコラは6月4日に米ナスダックへ上場後すぐに高騰し、早くも時価総額3兆円になり、フォード・モーターを上回りました。また、テレワークが増えたことにより米国では個人投資家が増加しており、特にミレニアル世代やZ世代などの若年層の投資家が増えています。 More »

スペースXの有人飛行成功と一部事業のテクノロジー・コープ上場の可能性について

スペースXは現在、全米で最も注目されている起業家イーロン・マスク氏が率いる宇宙ベンチャー企業です。年々破竹の勢いで成長を続けており、現在、民間宇宙企業のトップランナーといって間違いないでしょう。そして今回は初の民間宇宙飛行に成功したスペースXの「クルードラゴン」と一部事業の「テクノロジー・コープ」の株式上場の可能性について考察していきます。 More »

バフェット銘柄、ビザ、マスターカード、アメックスの強みを考察する

バフェット銘柄であり、クレジットカードの世界3大ブランドでもある、ビザ、マスターカード、アメックス(アメリカン・エキスプレス)。誰もがどれか1つは該当するブランドのクレジットカードを持っているのではないでしょうか。クレジットカード業界は世界中に決算インフラ網を広げることで特権的な地位を数社で独占しており、新規参入が極めて難しい分野です。その為、安定した収益構造が備わっているので、不況にも強く、好景気で消費行動がポジティブになれば、その分売上も増加するので株価も上昇することが期待されます。 More »

インデックスファンド「バンガード」の基本原則とジョン・ボーグルの金言

今では個人投資家の間でもすっかり定着しているインデックス投資ですが、これを最初に販売したのがバンガード社です。1975年に米国ペンシルベニア州バレーフォージで創業し、翌年からインデックス商品の販売をスタートしました。 More »

バイオビジネスの時代が到来か。米国バイオ企業の最新動向

新型コロナウイルスが世界中で広まり、その中でもニューヨーク州は特に感染が拡大し、一時ロックダウンとなりましたが、5月15日から感染抑制の基準を満たした区から外出禁止令が解除となり、少しづつお店が開き始めています。それに伴いワクチン開発の需要が高まったことで、米国株式市場も大幅続伸しました。とはいえ現段階でワクチン開発に成功した訳ではないことを念頭に置いておく必要があります。 More »

ウィズコロナ時代におけるGAFAとマイクロソフトの展望

日本でも緊急事態宣言が地域によって緩和や解除されるなど、今後もコロナと折り合いをつけながら生活を送る時代へと突入していきます。ヒト、モノが世界中で動かせない状況が続きますが、デジタルは高速に移動しています。そういったウィズコロナ時代において急速にリモートワーク化が進むなど、ビジネスモデルそのものが大きく変化しているのです。またテレワーク関連で使われている企業の多くが米国企業であり、コロナ収束後の社会は引き続き米国がリードしていくことは間違いないでしょう。では米国だけでなく世界経済をリードしてきたGAFAとマイクロソフトを合わせた「GAFAM」の直近の業績から見えてくる近未来を今回は探っていきましょう。 More »

荒れる米国相場、リバウンド狙いで注目したいETF3選

新型コロナウィルスの影響で世界の状況は一変しました。特に金融の中心地であるニューヨークはロックダウンにより経済活動は生活必需品などを除いて完全にストップしています。コロナウイルスのワクチンの完成まで1年半かかるといわれるなか、混乱を極める世界経済は景気後退期へと突入しています。今回は荒れる米国相場でいかにリバウンド狙うのか、注目のETFについて解説していきます。 More »

逆オイルショックと言える今こそ知りたい原油投資

コロナウィルスにより世界経済が不安に揺れ動く最中にありますが、もう1つ懸念事項があります。それが止まらない原油価格の下落です。4月20日にはWTI原油先物(5月限)が1バレル当たり55.9ドルも下がる大暴落によって、先物価格(マイナス37.6ドル)が歴史上初めてマイナス圏へと突入しました。 More »

バフェット銘柄、コストコの強さを分析

日本でもすっかり定着しているコストコ・ホールセール(NASDAQ:COST)、実際に行ったことのある方も多いかもしれませんが、コストコは世界中で会員制の大型量販店チェーンを展開しており、現在はアメリカを中心に783店舗(執筆時現在)まで拡大しています。始まりは「プライスクラブ」という屋号で1976年、カリフォルニア州サンディエゴにある飛行機格納庫でスタートしました。その後、合併と社名変更を経て現在の形に至るのが1999年、この年に米国のナスダックに上場しています。またコストコはウォーレン・バフェットが保有しているバフェット銘柄としても有名です。そんなコストコの強さについて今回は分析していきましょう。 More »