The Motley Fool

おせちーず

システムエンジニア→証券アナリスト→地方公務員→4ヶ月だけフリーランス→週3回ゆるく中小企業で働く女性。投資歴約30年。MBA、CFP、FP1級、日本証券アナリスト協会認定証券アナリスト。日本株を得意分野としていますが、女性のキャリアと資産形成についても発信しております。

赤字決算の2社の株価の動きが大きく分かれたわけ。「出前館」と「DDHD」

先週、同じ日に決算発表をした2銘柄の翌営業日の株価が、明と暗ともいえそうな動きをしました。出前館(2484)とDDホールディングス(3073)です。どちらも10/15のマーケットの引け後に決算を公表しました。 More »

30年ぶりに高値をつけた「日経500種平均株価」について知る

東証1部の500銘柄で構成される日経500種平均株価が1989年12月以来の高値を付けたそうです。日経平均株価にはなじみがあっても、日経500種平均株価なんて聞いたことがないという方も多いのではと思い、考察してみました。 More »

NTTの事例から、近未来の「親子上場」の行方を予想する

9/29にNTT(9432)が上場子会社であるNTTドコモ(9437)の完全子会社化を発表しました。社名から容易に想像できますが、NTTとNTTドコモは親会社と子会社の関係で、両社とも上場していることから「親子上場」と呼ばれます。 More »

「国策」に賞味期限はあるのか

今月、内閣総理大臣の交代がありました。施政者が代われば、その施策も変わるのが一般的です。「国策に売りなし」というマーケットの格言のようなものがあります。文字通り、「国が行おうととしている政策によって追い風を受ける株は買うべし」といったような意味で、経済対策や政権交代時によく謳われます。今がまさにそういうフェーズかもしれません。 More »

地銀再編が発表されたら、有価証券報告書の「ココ」を見よう

2020年9月16日、第99代内閣総理大臣に菅義偉氏が指名されました。自民党総裁選挙投票前から、菅氏は「地銀再編を促す」とコメントしたと報道されています。一部の地銀の株価はそのコメントによる思惑で動きがあったようです。 More »

生活サイクルが米国株市場に合わない人のための投資法

私事で恐縮ですが、今月生まれてから半世紀が経過しました。歳のせいでしょうか、近年、毎晩眠くなるのが早くなり、朝起きるのが早くなっているように思います。こういった生活をしていると、米国株市場が開いている時間にリアルタイムで眺めることは、たとえアメリカの夏時間時期でもほぼ無理です。 More »

日経平均株価定期銘柄入れ替え2020レビュー

日本経済新聞社は9月1日、日経平均株価の定期銘柄入れ替えについて、ソフトバンク(9434)を採用、日本化薬(4272)を除外する発表を行いました。 More »

相場における「想定外」も、繰り返せば慣れる

安倍首相の辞任を想定外と感じる投資家の方もいらっしゃると思いますが、マーケットは時として想定外のことが発生するものです。 More »

この先増えそうなコーポレートアクション「MBO」について

何らかの理由で経済的なショӠ More »

今後普及が見込まれる「非接触」銘柄、「オプテックスグループ」

COVID-19による感染症リスクで需要が増えたと考えられるものやサービスの一つが、様々な意味での「非接触」を可能にするものです。それは「ヒトvsヒト」だけではなく、「ヒトvsモノ」でも求められてきつつあるように感じます。今回ご紹介する「オプテックスグループ」(6914)は、そのキーワードに当てはまる企業です。 More »