The Motley Fool

モントキアラ

これまで邦銀・外銀・金融コンサル・投資助言業などで様々な経験を培ってきました。自分の金融知識や分析手法などをベースに国内外の金融商品やマーケット事情などについて、できるだけわかりやすく詳細に情報共有させていただければと考えております。

米国インフレ長期化懸念でチェックしておきたい米国インフレヘッジETFとは?

インフレヘッジ目的の運用先として真っ先に挙げられるのはゴールドです。しかし、金鉱株や金鉱株ETFなどを除いて、基本的にゴールドは配当がありませんし、金鉱株ETFも分配金はさほど多くないものがほとんどです。一方でインフレヘッジETFの場合は、分配金がありますのでインフレヘッジ手段として、分配金のメリットも享受できます。そこで今回のコンテンツでは、その特徴と代表的な米国上場のインフレヘッジETFについてお伝えしていきます。 More »

急拡大する米国デジタルヘルス業界の活発な資金調達~注目の米国デジタルヘルス関連ETFとは?

テクノロジーの進歩がヘルスケア業界に与える影響はますます大きくなってきています。最新の医療テクノロジーの力を使って、これまで患者個人のデータに基づいたきめ細かな診断を可能にしたり、医療サービスが届かない遠隔地にもより早くて正確なサービスが提供される時代がすぐそこまできています。今回は急拡大しているデジタルヘルス業界の現況と関連する米国デジタルヘルス関連のETFをご紹介していきます。 More »

エネルギー需要が世界的に本格回復すればチャンス到来か。エネルギー系ファンドの米国「MLP」ETF

MLPはエネルギー・インフラ系のファンドであるため、景気変動を受けにくい運用先としてしばしば紹介されます。しかし、実際のファンドパフォーマンスは原油価格や燃料需要から大きな影響を受けます。今回ご紹介するAMLPも他のMLP同様、昨年の新型コロナのパンデミックによるエネルギー需要の大幅な減少により、およそ32%も基準価格が下落しました。しかし、米国をはじめ、各国ではワクチン接種も進み、経済も本格的に再開されてきています。 More »

米国のインフレとインフレ・ヘッジに向いている米国株セクター【第2回】

第1回に続いて第2回目となる今回の記事では、インフレ・ヘッジ向きの株式セクターとそうでないセクター、さらにインフレ・ヘッジ向きのETFの例についてお伝えしていきます。 More »

米国のインフレとインフレ・ヘッジに向いている米国株セクター【第1回】

今回は米国インフレ下でも上昇し、インフレ・ヘッジに向いている株式セクターとそうでないセクターについて、これまでの米国インフレの状況とともに、まとめてお伝えしていきます。第1回は、そのインフレの現況とインフレが株価に影響を及ぼす理由について、第2回目ではインフレ・ヘッジ向きの株式セクターとそうでないセクターとインフレ・ヘッジ向きのETFの例をお伝えします。 More »

ファンド(ETF・投信・ヘッジファンド、等)が資産運用の途中で閉鎖となるリスクと回避するための大切なポイント

ファンドにはETFや投資信託、ヘッジファンドなど様々な種類があります。しかし、ファンドの種類に関わらず注意すべき点として、運用途中でファンドが閉鎖され、途中償還されてしまうというリスクです。余程マイナーで透明性の低い商品でなければ、その可能性はそれほど高くはありません。しかし、そのような事態になる可能性については事前に知っておいたほうがいいでしょう。 More »

金投資の基本情報・相場分析・最新パフォーマンスランキング(直近1年)【第2回】

今回はいよいよ、米ドルベースの金を原資産とする米国金ETFや産金会社の株式で運用される米国金鉱株ETFの中で、2021年5月26日時点における直近1年間のパフォーマンス・ランキングの上位3社をご紹介します。 More »

金投資の基本情報・相場分析・最新パフォーマンスランキング(直近1年)【第1回】

直近の米国市場では景気回復に伴う長期のインフレ加速や金利先高観が懸念され、5月11日にはハイテク株や景気敏感株の調整売りが目立ちました。このような市場での動きや流れが、すぐに金投資に影響を与えるものではありませんが、長期のインフレについては警戒が必要です。そして実際にインフレが長期にわたって現実のものとなると、未だにインフレヘッジの手段として有効な金にも多くの資金が流れてきます。今回の第1回では、金投資に関する基本的な情報と金相場についての分析をお伝えしていきます。 More »

ビットコインETF・イーサリアムETF~続々と登場する仮想通貨ETFと拡大する暗号資産市場

ビットコインやイーサリアムなど、代表的な仮想通貨は今年の3月から4月にかけて、続々と過去最高値を更新するほどの勢いを示してきています。そんな仮想通貨も今ではETFが誕生しており、ついには米国の代表的なETF運用会社であるヴァンエック(VanEck)が、SECに米国初となるイーサリアムETFの登録申請を提出する状況になっています。 More »

【米国上場コモディティETF】最新パフォーマンスランキング2021年5月

今回はコモディティ・スーパーサイクル到来が期待される同セクターの状況についてお伝えするとともに、最新の米国上場コモディティETFのパフォーマンス・ランキングをご紹介していきます。 More »