The Motley Fool

モトリーフール編集部

【米国株動向】大幅な減配を発表したAT&Tの株式は売却すべきか?

AT&T(NYSE:T)は最近、2つの大きな発表で投資家を驚かせました。1つ目は、同社が3年足らず前に買収したワーナーメディアをスピンオフしてディスカバリー(NASDAQ:DISCA)(NASDAQ:DISCK)と合併させる計画であることです。AT&Tの投資家は新会社の持ち分の71%に相当する新株を受け取り、ディスカバリーの投資家は残りの29%相当の新株を受け取ります。 More »

6月11日までの米国株注目記事

6月5日から6月11日までのモトリーフール米国株注目記事をダイジェストでお届けします。 More »

【米国株動向】盤石な成長機会を持つ「シエナ」に注目。経営陣は強気の見通し

ネットワーキング用のシステム、サービス、ソフトウェアを手掛けるシエナ(NYSE:CIEN)の株価は5月末に低迷していましたが、第2四半期決算報告が予想を上回り、経営陣が業績見通しの改善を行ったことを受けて、株価は急上昇しています。コロナウイルスのパンデミックによって、注文が大幅に減少したことにより、シエナやその競合にあたるネットワーキングのサプライヤーはこの1年間苦戦しています。しかし、シエナの苦闘の日々は終わりに近づいているようです。 More »

【米国株動向】中長期的な反発が期待されるバフェット銘柄3選

ウォレン・バフェット氏は勢いに乗っています。同氏の愛するバークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)の年初来の株価パフォーマンスはS&P500指数を優に上回っており、同社の個別投資先も好調です。ただし、いくつか例外はあり、オマハの賢人バフェット氏が好む何社かの株が損失をもたらしました。しかし、だからといって、これらの株が将来反発しないというわけではありません。以下3社は、2021年のパフォーマンスがバフェット氏の投資先のなかで最悪でありながら、長期的には勝者となり得る銘柄です。 More »

【米国株動向】押し目買いを狙いたい高配当3銘柄

配当利回りが2%以上で、最近の高値から株価が20%以上下落している銘柄は多くありますが、大半は注目に値しないものです。しかしその中でも、インカム投資家が注目すべき、今後に期待できそうな3銘柄を紹介します。 More »

【米国株動向】注目の好調小売チェーン2銘柄

4月の米国小売売上高は、前年同月との比較では50%増になりましたが、昨年はコロナ禍で多数の店舗が臨時閉鎖に追い込まれていたことを考えれば驚くにはあたりません。前月比では、政府の景気刺激策効果が薄れる中で横ばいにとどまっていて、むしろ成長が期待できない状態です。実店舗型小売店の長期的な衰退傾向に変わりはないようですが、逆風下でも繁栄を続けていきそうな小売チェーン2銘柄を紹介します。 More »

【米国株動向】グーグルが独占禁止法の影響で広告ビジネスを大きく変更する

アルファベットの子会社であるグーグルは、独占禁止訴訟の和解の一環として、フランスの規制当局に2億2,000万ユーロを支払うことに合意しました。2億2,000万ユーロ (約2億6,800万ドル) は、第1四半期だけで164億ドルの営業利益を生み出したアルファベットにとっては、ほんの一握りの額かもしれません。より大きなペナルティは、グーグルが広告ビジネスを行う方法について合意した変更点です。 More »

【米国株動向】2035年までに時価総額が1兆ドルに達する可能性がある4銘柄

ここでは、1兆ドルクラブ入りに向けて既に道半ばまで来ている企業ではなく、足元の時価総額が2,000億ドル未満で、2035年までに1兆ドルに成長する可能性のある、真の革新的企業4社に焦点を当てます。 More »

【米国株動向】弱気相場入りしたら注目したい、抜群の回復力を備えた3銘柄

株式市場はここ数カ月間で激しく変動しており、新たな弱気相場入りが目前に迫っているとの見方もあります。しかし、S&P500指数は依然として過去最高値圏にあり、ナスダック指数は高値から5%の下落にとどまっています(執筆時点)。弱気相場入りするには直近の高値から20%下げる必要があるため、まだ余裕がある状況です。そうは言っても、弱気相場に備えておくに越したことはありません。その一つの方法が、市場暴落時の購入銘柄候補リストを用意しておくことです。以下、これに該当する銘柄を3つ取り上げます。 More »

【米国株動向】いま投資をするとしたらディズニーとペロトンのどちらを選ぶべきか

エンターテインメント大手のウォルト・ディズニー(NYSE:DIS)とフィットネス大手のペロトン・インタラクティブ(NASDAQ:PTON)は、事業内容は違いますが、少なくとも1つ共通点があります。ディズニーの株価は、主力製品である動画配信サービスDisney+(ディズニー・プラス)の成長が鈍化していると同社が発表したあと下落しており、一方、ペロトンの株価も大規模な製品リコールの結果、下落しています(執筆時点)。 More »