The Motley Fool

モトリーフール編集部

高い利回りを誇るハイイールド債とは?メリットとデメリットを解説

高利回りで根強い人気の高いハイイールド債。とはいえ、ハイイールド債ってどういった商品なの?どのように購入すればいいの?そもそもなぜ利回りが高いの?という疑問をお持ちの債券の購入検討者も多いかと思います。そこでこの記事ではそんな債券投資を検討している投資家の皆様のお悩みにお答えします。 More »

【米国個別株動向】なぜIBMは2018年に株価が26%も下落したか?今後についても解説

IBMの株価は、昨年25.9%下落しました。同社は、売上構成を利益率の低いハードウェアから利益率の高いソフトウェアやサービスへシフトしようとしていますが、それ程うまくいっていません。昨年秋に世界経済の減速懸念が起きた際、IBM株は急落しました。 More »

【米国個別株動向】2018年にアリババの株価が21%下落した理由と将来性について

アリババグループの株式は昨年、中国経済の広範な減速と米国との貿易戦争の犠牲となり、大きく下落しました。また、業績見通しの下方修正も、昨年後半の株価の下落につながりました。アリババの株価は、年間を通じて上昇傾向にあり、一時期は20%以上も上昇しています。しかし、中国経済が減速したため、下半期の株価は下落し続けました。 More »

【米国個別株動向】エヌビディアの新しい自動運転技術は、インテルに対抗することができるのか?

エヌビディアは、自動運転の新たなプラットフォーム「ドライブ・オートパイロット」を発表しました。このプラットフォームは、半自動運転から完全自動運転への橋渡しとなる最先端運転支援システムです。このプラットフォームにより、車線変更、高速道路での合流、歩行者と自転車走行者の発見、駐車支援などが可能になります。 More »

2019年注目の米国デジタルメモリ関連銘柄3選

デジタルメモリ事業は、需要より供給が少ない期間は、メモリチップ製造業者に高い利益をもたらし、その後、供給が過剰になるにつれ利益が低下していきます。デジタルメモリ事業は2018年中頃に利益率のピークをつけ、その後デジタルメモリ株式は下落しました。株価が急激に下落したため、一部の株式はバーゲン価格となっています。 More »

NISAのロールオーバーのメリット・デメリットを解説。非課税期間を延長するなら利用しよう。

NISAの非課税期間は5年間だと思われがちですが、最大で10年間は非課税で運用できることをご存知でしょうか。この記事では、NISAの非課税期間が終わったあとの運用方法についてご説明します。非課税期間が終わったあとの動きが気になる方はぜひご一読ください。 More »

【投資信託はリターンだけで選んではいけない】シャープレシオの基礎知識と計算方法

投資信託の銘柄選定に過去のリターンを基準にする方は多いです。もちろん、リターンは大切な基準の一つですが、リスクに見合わないリターンの金融商品は優れているとは言えません。同じくらいのリターンが見込める金融商品が複数あれば、よりリスクが低いものを選びたいですよね。そこで銘柄選定の基準に加えると便利なのが、「シャープレシオ」という指標です。 More »

Huluの株式組入比率が変わることで、その未来はどう変わるのか

Huluは、ウォルト・ディズニー、21世紀フォックス、コムキャスト、NBCユニバーサル、AT&TがNetflixに対抗するために共同で立ち上げたオンデマンド型の動画配信サービスです。しかし、立ち上げから十数年が経った現在、Huluの未来は疑問視されています。 More »

バフェットから学ぶインデックス投資の基礎。代表的な海外ETFについても紹介。

あなたが投資をするとき、バフェットのように大成功して、彼のようなリターンを得たいと思うでしょう。バフェットの会社、バークシャー・ハサウェイへの投資も選択肢の一つです。バークシャーの成長に伴ってあなたの資産も成長するでしょう。もちろんバフェットは、バークシャーの将来の成長性に自信を持っていますが、大半の人には別の選択肢を勧めています。それは、インデックスファンドです。 More »

一括投資と分散投資はどちらがいい?一括投資のメリット・デメリットをしっかり把握しよう

一括投資とは、投資に回せる現金をすべて使い、ドカッと一括で金融商品を購入するという投資手法です。リスク分散のための分散投資や積立投資が主流であり、実践されている方もいるかもしれません。一括投資にもメリット・デメリットはあり、場合によっては分散投資よりも一括投資のほうが有利にもなります。 More »