The Motley Fool

モトリーフール編集部

【米国株動向】製薬大手アッヴィの売上成長を支える4つの要因

アッヴィ(NYSE:ABBV)は世界最大の製薬会社の1つであることから、大きな成長の機会は限られていると思われるかもしれませんが、同社は決して慢心してはおらず、新たな収益源を見出し、配当の形で株主に還元しています。 More »

一つの投資で株式市場の暴落を乗り切る

株式市場が怒濤の1年をくぐり抜ける中、S&P500指数は過去12カ月間で50%近くの急騰を演じています。しかし、一部の投資家の間では、上昇相場はあまり長く続かず、間もなく調整局面を迎えるのではないかとの不安がみられます。株式市場の急落は避けられず、誰しも株価の下落を免れることはできません。このため、最善の方法は下落から回復する可能性の高い投資先を選ぶことです。 More »

【米国株動向】ディズニーとAMC:より良い投資先はどちらか?

2019年は、ウォルト・ディズニー(NYSE:DIS)が公開した映画のうち6作品が米国興行収入上位に入りました。一方、映画館チェーン最大手のAMCエンターテインメント・ホールディングス(NYSE:AMC)は、オンライン映画配信サービスという困難に直面していました。その年、ディズニーがスター・ウォーズとアベンジャーズ・サガの最新作を劇場公開したにもかかわらず、米国の映画館興行収入は5%近く減少しました。 More »

【米国株動向】キャシー・ウッドが最近購入した有望ハイグロース株3銘柄

アーク・インベストメント・マネジメントの創業者でCEOのキャシー・ウッド氏は、同社の5本の上場投資信託(ETF)が絶好調なことで去年から大きな脚光を浴びています。この1年間のリターンは各ETFとも100%を超えており、その実績を踏まえると同氏が購入した銘柄を知る価値は十分にありそうです。以下で紹介するのはウッド氏が最近購入した3銘柄で、いずれも業界をリードし、長期的な追い風に恵まれ、ターゲット市場の規模は大きくなおかつ拡大しています。 More »

【米国株動向】ネットフリックス、アカデミーで7つの賞を受賞

ネットフリックスは、25日の第93回アカデミー賞で他のどの制作会社よりも多くの賞を受賞し、同社がこれまで受賞したすべての賞を合わせた数とほぼ同数の計7つのオスカーを獲得しました。 More »

【米国株動向】バンガードの3つの配当ETFを比較

配当株は長期にわたり不労所得を得ることのできる投資となり得ますが、個別銘柄に投資をするのはかなりの調査が必要であり、またしばしば割高になります。あまり調査を必要としないアプローチを探しているのであれば、配当に重点をおく上場投資信託(ETF)に投資をするのがベストかもしれません。各ETFは数百の異なる銘柄から構成されているため、直ちにポートフォリオを分散し、リスクを限定することが可能です。数多くの配当ETFがありますが、最初に投資をするのに適した銘柄としてはバンガードの以下3つの代表的なETFがあります。 More »

裕福に退職するための重要なルール

信じがたいかもしれませんが、退職後に備えてキャリア中に大金を稼いでおく必要はありません。単純な一連のルールに従うことで、裕福な退職生活を送ることができます。そのために従うべきいくつかの簡単なガイドラインがあります。 More »

【米国株動向】1,000ドルの投資資金があったら4月に注目したい3銘柄

今年の株式市場は予測がやや困難な展開となっています。特に2020年に急上昇したハイテク株の一部が下落していますが、同セクターの中にも長期的に有望な銘柄は存在します。 More »

【米国株動向】ユナイテッドヘルスとペプシコが好決算を発表

米国経済に力強さがみられることから、主要株式指標は上昇しています。近年は破壊的な革新をもたらす新興企業が注目を浴びていますが、昔からの優良株も忘れてはいけません。4月15日に決算発表を行ったユナイテッドヘルス・グループ(NYSE:UNH)とペプシコ(NASDAQ:PEP)は、今後も成長し続ける力を持っているように思われます。 More »

【米国株動向】いま買うべき割安なハイテク株3銘柄

米国はまだコロナ禍を脱してはいませんが、一部の投資家は既に先を見据え、経済が再開する中でハイテクセクターに代わる新たな有望分野を探しています。これにより、一部のハイテク株の株価は直近の高値から下落しており、メディアストリーミング機器を製造・販売するロク(NASDAQ:ROKU)、企業向けID管理サービスのオクタ(NASDAQ:OKTA)、インターネット広告配信のトレード・デスク(NASDAQ:TTD)は、関心がある投資家にとって買いの好機となっています。 More »