The Motley Fool

モトリーフール編集部

【米国株動向】長期保有したいテクノロジー銘柄3選

モトリーフール米国本社、2021年10 More »

【米国株動向】5年で株価3倍増を狙えるハイテク株

9月27日の週は米国の主な株価指数が急落し、ハイテク企業が多いナスダック総合指数はS&P 500指数やダウ工業株30種平均(NYダウ)よりも大きく下げました。エッジ・クラウド・コンピューティングを提供しているファストリー(NYSE:FSLY)は最高値から70%ほど下げています。しかし、将来の成長性が高い優良企業に関しては、株価が下落した時は買いのチャンスでもあり、筆者は同社が次の5年間で3倍に成長する可能性があると考えています。 More »

【米国株動向】10月に購入を検討したいバイオテクノロジー上位2銘柄

バイオテクノロジー銘柄の株価は9月に大きく値下がりし、指標となるファンドのiSharesバイオテクノロジーETF(NASDAQ:IBB)とSPDR S&PバイオテクノロジーETF(NYSEMKT:XBI)の株価は急落しました。値下がりした理由は主に2つあります。1つは、中国の不動産大手エバーグランデ(恒大集団)の経営悪化が、中小型の製薬会社の重しとなったことです。 More »

【米国株動向】1,000ドルが1,600万ドルになった超優良銘柄

株式市場において複利は魔法のような効果を発揮し、ほんのわずかな資金が時間の経過とともに天文学的な資産に成長することがあります。ホームセンター大手のホーム・デポ(NYSE:HD)はそうした銘柄の1つで、同社が上場した1981年に1,000ドルを投資していたら、今頃は1,600万ドルになっていたはずです。実店舗の小売事業でこれほどのリターンを可能にした同社について詳しく見てみましょう。 More »

【米国株動向】敬遠したほうがよさそうな暗号通貨株2銘柄

暗号通貨は今年に入ってからのリターンでS&P500指数を大きく上回っており、最近ではその売買取引を仲介するコインベース(NASDAQ:COIN)やロビンフッド(NASDAQ:HOOD)の上場により、個人投資家以外からも注目されています。しかし、特に人気のある暗号通貨でさえ現実世界での流通にはほど遠い状況で、さらに規制が強化されつつあることから、両社ともリスクは高まっているように見えます。 More »

【米国株動向】次の10年間で注目したいサステナブル投資のトレンド

持続可能なエネルギーのテクノロジーへの投資、特に再生可能エネルギーや電気自動車(EV)は、今後10年間で最も期待されている投資トレンドの1つです。コストも下がり、インセンティブは強く、二酸化炭素(CO2)の排出量と吸収量を全体としてゼロにするカーボンニュートラルな社会を目指す公共政策や企業目標設定などが2020年に大きく進みました。 More »

【米国株動向】クラウドストライク・ホールディングスの株価が9月に12.5%下落した理由

エンドポイント・オンライン・セキュリティ専門企業のクラウドストライク・ホールディングス(NASDAQ:CRWD)の株価は、2021年9月に12.5%下落しました。しかし、この暴落を考慮しても、同社の株価は前年比72%増と大幅に上昇しています。 More »

【米国株動向】今後10年は保有し続けたいヘルスケア株2銘柄

ヘルスケア業界には、あらゆる年齢や投資スタイルの投資家に適したさまざまな銘柄があり、有名企業から小規模企業まで選択肢には事欠きません。ヘルスケア銘柄の長所の1つはディフェンシブな点で、経済状況や相場環境に関わらず、確立された企業には安定した需要があります。これは、市場が不確実な時も安定したリターンを求める投資家にとって重要な要素です。以下では、今から投資して長期的に保有し続けたい優良ヘルスケア株2銘柄を紹介します。 More »

【米国株動向】中国株投資のリスクを改めて考察

不動産大手のエバーグランデ・グループ(恒大集団)の経営危機が明るみになったことで、中国株投資のリスク、そして中国市場と世界経済とのつながりが、改めて注目されています。同社が8,300億ドルの利払いを見送ったというニュースを受け、ダウ工業株30種平均指数(NYダウ)(DJINDICES:^DJI)は数日間で900ポイントほど下落しました。その後、中国政府がこの問題に積極的に関与する姿勢を見せたことでNYダウは元の水準に戻りましたが、共産党指導部が主導する幅広い業種での企業締め付けが中国株投資家を不安にさせています。 More »

【米国株動向】アマゾン対S&P 500:初めての投資先として選択すべきはどちらか?

投資を始めたばかりの方は、自分を誉めてあげてください。株式投資は家計に関して個人が実行できる最もスマートな判断の1つであり、株式投資を始めたということは、長い期間をかけて富を生み出す旅に出ていることになるのですから。投資初心者が直面する大きな問題の1つが、適切な投資先をどのように選択するかです。特に選択肢が無限にあるように感じる人にとっては、銘柄選択に迷うことがあるかもしれません。S&P 500は株式市場指数で、市場全体のパフォーマンスの主要ベンチマークの1つと考えられています。一方、アマゾン・ドット・コム(NASDAQ:AMZN)は世界で最も成功した大企業の1つです。初めての投資先として選択すべきはどちらでしょうか。 More »