The Motley Fool

モトリーフール編集部

【米国株動向】新型コロナ第2波に備える4銘柄

新型コロナウイルスのパンデミックの行方は予測不可能であると判明しつつあります。確実なことは分かりませんが、今年秋に米国でより大きな感染の波が起きると考えている人もいます。一方、株式市場は将来に関して驚くほど強気で、S&P500指数は過去最高値から5%以内の水準にあります。市場は、経済への深刻な打撃や、パンデミックの最悪期がこれからやって来る可能性を見て見ぬふりをしているようです。 More »

【米国株動向】ビヨンド・ミートとヤム・ブランズの2銘柄比較

ヤム・ブランズ(NYSE:YUM)では、子会社のKFCが実験室で作られるチキンナゲットを今秋にも試験販売する計画です。 ビヨンド・ミート(NASDAQ:BYND)は植物由来の代替肉を製造しています。 立場は違いますが両社とも飲食業界を市場としており、ヤム・ブランズはKFC、ピザハット、タコベルといったチェーン店を運営し、ビヨンド・ミートはレストランや食料品店に代替肉を提供しています。これら2社を投資対象として比較してみましょう。 More »

【米国株動向】バフェット流株式投資で成功を収めた世界有数の投資家

ウォーレン・バフェット氏はかつて、「投資家に最も重要な素質は知性ではなく、周囲の環境に左右されない気質」と語りました。ここに、無名ではあるが最も偉大な投資家の一人である眼科医がいますが、彼は何十年も株式市場の荒波を乗り越え、現在の地位を築きました。眼科医から転じたこの投資家は、オマハの賢人バフェット氏の友人です。 More »

【米国株動向】苦境にある小売業界の中でも市場シェアを伸ばす可能性がある3銘柄に注目

アン・テイラーのブランドを展開するアパレル企業のアシナ・リテール・グループ、百貨店チェーンのJ.C.ペニーやニーマン・マーカス、衣料品チェーンのJクルー、生活雑貨や家庭用品を扱うチューズデー・モーニング、健康・ヘルスケア商品のチェーン店運営のGNCホールディングスなどがこれまでに日本の民事再生法に相当する米連邦破産法11条の適用を申請しており、また、Zara、メンズ・ウェアハウスを展開するアパレル企業テーラード・ブランズ、H&Mなどが数百もの店舗閉鎖を発表しています。 More »

【米国株動向】業績好調のハイテク銘柄2選

今年、新型コロナウイルスの世界的流行が経済を揺るがしています。ソーシャルディスタンス対策やマスク着用要請は小売/レストラン業界に足かせとなり、観光/航空会社はこれまでにない大きな不透明感に見舞われ、自動車業界は持続的な下降局面に入りかけているようにみえます。しかし、この未曽有の状況の中でも一部の企業は好調な業績を上げる態勢にあります。以下ではその最たる銘柄を2つ取り上げます。 More »

【米国株動向】米国配当株3選

配当銘柄には債券よりも高いインカムを得られる可能性がありますが、一方でリスクもあります。企業の経営状況によっては減配も可能なため、配当は保証されているとは限りません。ですから配当銘柄選びでは、現在の利回りだけでなく、今後配当が維持できるかについても考慮する必要があります。これを踏まえて、検討の価値がある配当銘柄を3つ紹介します。 More »

【米国株動向】スターバックスの売上高は第3四半期に38%減少

スターバックス(NASDAQ:SBUX)は29日、第3四半期(4~6月)決算を発表しました。そのけっかは、同社の事前予想を上回りました。第3四半期売上高は、前年比38%減となりました。米国の既存店売上高は前年比41%減となりました。中国の店舗は米国よりも再開していた店舗が多かったことにより、既存店売上高は前年比19%減となりました。 More »

【米国株動向】5G関連銘柄スカイワークス・ソリューションズに注目

2020年の後半は、スカイワークス・ソリューションズ(NASDAQ:SWKS)にとって素晴らしい期間となるはずです。最新の四半期決算から明らかなように、5Gワイヤレスネットワークの出現によって同社は好決算を維持するものと思われます。同社は7月23日に第3四半期決算を発表しましたが、売上と利益はマーケットの予想をはるかに上回るものでした。第4四半期のスカイワークスのガイダンスも、アナリストの予想を上回りました。 More »

【米国株動向】AMDとマイクロン・テクノロジーの2銘柄比較

AMDはグラフィックスカード、コンピュータープロセッサ、サーバーチップの需要の増加から恩恵を受けています。しかし、マイクロンはパンデミックが到来する前から供給過剰に苦しんできました。これは投資家がAMDに投資し、マイクロンを売却すべきであることを意味するのでしょうか。 More »

【米国株動向】配当利回り4%超の米国優良銘柄3選

多くのファイナンシャルアドバイザーは、貯蓄を生涯にわたって確保できるように、退職後にポートフォリオから生活費として引き出す額は毎年4%までとすることを推奨しています。従って、4%で十分に生活できる大きさにポートフォリオを育て、なおかつ配当利回りが4%以上の銘柄があれば、配当だけで生活可能になり、株を売る必要は無くなります。 More »