The Motley Fool

モトリーフール編集部

【米国株動向】「株安の9月」が終わり、注目したいグロース銘柄2選

S&P500指数は4.8%下落し、年初来リターンは15%を切りました。ここ最近株価が低迷している銘柄には成長銘柄が数多くありますが、その中には、まだ長期にわたる可能性を持つ銘柄もあります。水耕栽培園芸用品を扱うグロウジェネレーション (NASDAQ:GRWG) とストリーミングサービスを提供するfuboTV (NYSE:FUBO)の株価は、9月に20%以上下落しています。このタイミングこそ、ポートフォリオに加える好機かもしれません。 More »

【米国株動向】今注目の半導体2銘柄

調査会社IDCによると、昨年10.8%の成長を記録した半導体市場では需要鈍化の気配が見られず、今年の成長率は17.3%に達する見通しです。半導体市場の好況をけん引する要因として、IDCはスマートフォン、サーバー、ノートPC、スマート住宅、ゲーム機、ウェアラブル端末、自動車の需要増大とメモリー価格の堅調を挙げています。このセクターの企業でも特に注目できるのが、急成長する半導体ニッチ市場で優位な立場を築いているクアルコム(NASDAQ:QCOM)とアドバンスト・マイクロ・デバイシズ(NASDAQ:AMD)の2社です。 More »

【米国株動向】決して手放したくない配当王2銘柄

素晴らしい銘柄には買い時がなかなか訪れませんが、いざという時に行動に移せるよう準備しておくのが賢明です。今回はそうしたチャンスを無駄にせず筆者が購入し、当面売却するつもりのない2銘柄を紹介します。投資には不確定要素がつきものですが、この2銘柄は「逆境にも対処してきた長い実績のある企業」で「苦境の中でも配当を継続する企業」を探すという筆者の方針に合致しています。 More »

【米国株動向】ウォーレン・バフェットお気に入りの高配当銘柄は買いか?

大手投資会社バークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)のウォーレン・バフェットCEO(最高経営責任者)は配当銘柄を好んでおり、バークシャーのポートフォリオには定期的に株主に配当する銘柄がたくさんあります。特に目を引くのが、46ある銘柄の中でも配当利回りが4番目に高く(執筆時点で4.7%)、8億ドル以上のポジションで9%の株式の持ち分を保有するストア・キャピタル(NYSE:STOR)です。 More »

【米国株動向】配当貴族Tロウ・プライスを選択する賢明な理由

Tロウ・プライス・グループ(NASDAQ:TROW)は米国の大手資産運用会社の1社であり、一般的にはここ10年あまり成功していないアクティブ運用で、ベンチマークを上回るパフォーマンスを達成し、市場シェアを獲得してきました。 More »

【米国株動向】3年間で売上が約14倍~226倍に増加すると予想される急成長株3銘柄

世界金融危機が終了した2009年以降、株式市場ではグロース株が幅を利かせていますが、その理由は歴史的な低金利と米連邦準備制度理事会(FRB)の金融緩和策で成長企業が意のままに借り入れを行えたことです。急成長する以下3社の市場予想売上高は、2023年までの3年間に約14倍から220倍強に増加すると予想されています。 More »

【米国株動向】長期投資先として有望な人気「レディット株」2銘柄

個人投資家は株式に関する自分の考えを共有し広めるうえで、これまでにない力を持つようになりました。インターネット掲示板レディットの人気コミュニティ「ウォール・ストリート・ベッツ」には1,100万人近いメンバーがいます。これほど大人数が集まれば、素晴らしい投資候補先が発掘される可能性があります。こうした投資家は長期的な価値が疑わしい目先の投資機会に注目することもありますが、私は以下の「レディット株」2銘柄は将来素晴らしい長期投資先になると考えています。 More »

【米国株動向】2023年までに株価が2倍に上昇する可能性がある大麻関連株3銘柄

大麻業界は非常に大きく成長する可能性がありますが、同業界の多くの企業はそのような兆しをほとんど見せていません。大麻関連企業が直面している問題の一部は、規制により妨げられている事柄です。しかし、このセクターの初期の投資家は、ストーリー性に賭けて投資しているに過ぎないことも事実です。とはいえ、大麻市場は初期に比べれば成熟しており、多くの銘柄が成長に向けた基盤を築いています。コロンビア・ケア(OTC:CCHWF)、マリメッド(OTC:MRMD)、プラネット13ホールディングス(OTC:PLNH.F)の3銘柄の株価は、今後2年間で2倍に上昇する可能性が十分にあります。 More »

【米国株動向】1,000ドルを今投資するならこの3銘柄

毎月の請求書の支払い、高金利の借金の返済、緊急時の資金を確保したうえで、それでもなお現金が1,000ドル余っているのであれば、その資金を株式で適切に運用することにより、資金を大きく増やすことができます。そうした投資に適した魅力的な銘柄を3つ紹介したいと思います。 More »

【米国株動向】裕福な老後を送るためにはS&P500指数への投資だけで十分か?

一部の投資家は巨額の富を得るために、アップル(NASDAQ:AAPL)やアマゾン(NASDAQ:AMZN)に続く次の超大型株を見極めたり、投機的な投資でリスクを取ったりします。しかし、熟練した投資家でなくとも苦労なく富を築く方法があります。以下では、S&P500指数に投資するだけで大金持ちになれる理由を説明します。 More »