The Motley Fool

モトリーフール編集部

【米国株動向】食料品企業は「アマゾンフレッシュ」を警戒すべきか

ブルームバーグはeコマース(電子商取引)の王者であるアマゾンが、実店舗への投資に積極的になっていると報告しています。アマゾンは現在の11店舗に追加して、2021年に米国全体で新しく28のアマゾンフレッシュストアをオープンする予定であると報じられています。 More »

【米国株動向】サンダイアル・グローワーズよりも注目すべき大麻関連株3銘柄

大麻メーカーのサンダイアル・グローワーズ(NASDAQ:SNDL)は、将来性に疑問があり、成長率が全く高くないにもかかわらず、株価が年初来で115%上昇しており、上場投資信託(ETF)のホライゾンズ・マリファナ・ライフ・サイエンシズ(55%上昇)を大幅にアウトパフォームしています(執筆時点)。サンダイアルの株価が今後も合併・買収(M&A)によって上昇を続けるというシナリオもあり得ますが、急落するシナリオの方がはるかに多いように思われます。 More »

【米国株動向】安全かつ高成長期待の3銘柄

ポートフォリオを検討する際、投資家は長期的な成長が期待でき、株価が割安な銘柄を模索するはずです。会員制スーパーのBJ’sホールセール・クラブ・ホールディングス(NYSE:BJ)、IT大手のIBM(NYSE:IBM)、不動産投資信託(REIT)のイノベーティブ・インダストリアル・プロパティーズ(NYSE:IIPR)の3銘柄は、ポートフォリオを分散させ、過剰なリスクを伴わずにリターンをもたらす可能性があります。 More »

【米国株動向】バフェットが保有するBYDは、3月に競合のNIOの売上高を2倍上回る

ウォーレン・バフェットが株式を保有する中国電気自動車大手のBYD(OTC:BYDDY)は、競合のNIO(NYSE:NIO)やXPeng(NYSE:XPEV)ほど注目を浴びていません。しかし、BYDの売上高は、引き続き中国国内のライバルを上回っています。販売レポートによると、3月だけでBYDはNIOの2倍以上の電気自動車を売上げました。 More »

【米国株動向】注目のグロース株3銘柄

ここ数カ月の市場では、割高なグロース株からバリュー株への急速なシフトが見られますが、グロース株を避けるべきというわけではありません。優良なグロース株の長期見通しには陰りが一切なく、むしろ最近の株価下落で一部の銘柄は魅力が一段と増しています。 More »

【米国株動向】長期にわたるアウトパフォーマンスが見込まれる米国株3銘柄

アドビ(NASDAQ:ADBE)、トラクター・サプライ(NASDAQ:TSCO)、アップル(NASDAQ:AAPL)の3社は、長期的な成長を支える強力なカタリストを備えています。以下、これら3社が長期にわたり市場をアウトパフォームすると考えられる理由を詳しく見てみましょう。 More »

【米国株動向】フェイスブック株は最高値を更新し、さらに上昇する可能性がある

フェイスブックの株価はゆっくりと上昇し、最高値を更新しています。5日の時点で、フェイスブックの株価は過去最高の311.35ドルに達しました。5日の終値の306.32ドルでさえ、年初来から12%増となっており、同期間のS&P 500の8.5%増を大幅に上回っています。 More »

【米国株動向】ハイテク株の下落で買い場が訪れたクラウドコンピューティング3銘柄

多くのクラウドコンピューティング銘柄は2020年に目を見張る上昇を演じた後、今年3月に大きく下落しました。しかし、クラウドベースのサービスが今後何年にもわたり急速に成長し続ける、という単純な事実に変わりはありません。長期志向の投資家にとって、最近の株価下落は買い場となっています。以下、これに該当する銘柄を3つご紹介します。 More »

【米国株動向】オートデスクは建設業界のマイクロソフトになれるか?

ファイル共有業界ではアルファベットやドロップボックスなど多くの勝者が生まれていますが、リーダーと広く見なされているのはマイクロソフトです。以下、オートデスク(NASDAQ:ADSK)が建設業界向け施工管理ソフトウェアの分野でリーダーとなれるのかどうかを見ていきます。 More »

【米国株動向】リスクに見合う大きなリターンを期待できるバイオ銘柄3選

ここでは、人生を変えてくれるようなリターンを生む可能性のある「ハイリスク・ハイリターン投資」の候補銘柄としてトリリウム・セラピューティクス(NASDAQ:TRIL)、バクサート(NASDAQ:VXRT)、およびツイスト・バイオサイエンス(NASDAQ:TWST)を紹介したいと思います。 More »