The Motley Fool

モトリーフール編集部

中国で急成長するオンライン教育の恩恵を受ける銘柄

中国の教育分野のオンライン普及率は、Eコマース、ニュース関連、資産管理などの他のセクターよりも低く、十分な成長余地があると言われています。加えて、オンライン教育は不況時にも強いと見込まれています。 More »

【米国株動向】スナップ、ハイテク株の中では年初来で最高の上昇幅

写真・動画共有アプリのスナップ(NYSE:SNAP)は、年初来で株価が200%近く上昇し、テクノロジーセクターの平均(約31%増)を大きく上回っています。2年前に上場した際、成長余地への懸念から上場後に株価は急落してその後低迷を続けました。 More »

米国ハイテク銘柄比較:アマゾンとフェイスブック

長期投資の観点から2つの 巨大テクノロジー株を比較します。Eコマース(電子商取引)とクラウドコンピューティングの大手であるアマゾン(NASDAQ:AMZN)と、ソーシャルメディアの巨人フェイスブック(NASDAQ:FB)です。 More »

【米国株動向】フェデックス決算、利益悪化受け株価13%急落

フェデックスが17日夕方に発表した第1四半期(6月~8月)決算は、貿易摩擦悪化の影響を大きく受け、利益はアナリストのコンセンサス予想を下回り、通期見通しも下方修正しました。 More »

米石油企業CEO、サウジ攻撃に伴う原油高に慎重な姿勢

モトリーフール米国本社、2019年9月17日投稿記事より サウジアラビアの石油施設への攻撃で原油価格が一時急騰しましたが、米石油企業のCEOは慎重な姿勢を崩しておらず、経営戦略にも大きな影響は与えないだろうとしています。 サウジの石油設備攻撃の米石油会社への影響 様子見のスタンス維持 大手石油生産企業のパイオニア・ナチュラル・リソーシズ(NYSE:PXD)のCEOスコット・シェフィールドはウォールストリート・ジャーナルに対して、「当初の計画を超えてリグ(原油掘削設備)を増加する考えはない」と述べ、当初の設備投資予算(30億5000万ドル~32億5000万ドル)を維持する意向を示しました。 同社は、原油価格の上昇傾向が続けばフリーキャッシュフローを活用して設備投資を容易に増やせます。 しかし、経営陣は原油高に伴う利益は、リグ増設ではなく自社株買い拡大に使うとみられます。 同様に、石油メジャーのシェブロン(NYSE:CVX)のCEOマイケル・ワースはCNBCに対して、原油市場のファンダメンタルズが変わっていないため、直近の原油高で設備投資を増やすのは時期尚早とコメントしました。 多くの石油会社幹部は、原油市場へのサウジ攻撃の長期的な影響を予想していません。 サウジアラビアも、数週間内に生産能力を回復すると予想しています。 さらに、サウジ攻撃前に原油市場は供給過剰ぎみだったので、生産拡大の必要もないと考えられます。 当面は冷静な対応 石油会社幹部は直近の原油価格急騰に対して平静を保っており、原油高が続いたとしても、負債削減や自社株買いに現金を活用する意向です。 しかし、今後サウジが生産能力回復に手間取ったり、中東地域で紛争がエスカレートして原油価格が高止まりした場合、別の対応になる可能性が高まるでしょう。 その場合、設備投資を増強し、リグの増設や休止している油井の再開などが考えられます。 (米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。) 「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」 More »

【米国株動向】コーニング、主要事業の見通し下方修正で株価急落

総合ガラスメーカーのコーニング(NYSE:GLW)の株価は、17日に一時6%以上下落しました。同社が16日夕方に第3四半期(7月~9月)および通期の見通し修正を発表し、マクロ経済環境の不透明感の高まりで主要事業の光通信部門やディスプレー部門で下方修正したためです。 More »

投資信託で考慮すべきコストとは?コストを抑える方法についても解説

投資信託を購入する場合、様々なコストがかかります。そのコストには大きく分けて、購入・売却時のみに発生する「一時的コスト」と保有期間中は継続して発生する「保有コスト」があります。今回はこれから投資信託を始めてみようという方に向けて、コスト全般について解説するとともにそのコストに対する考え方や商品選びについても簡単にご説明していきます。 More »

ETFとインデックスファンドの違いを徹底解説

ETFとインデックス(指数)ファンドは今ではどちらも機関投資家だけでなく、一般投資家にもおなじみの金融商品となっています。ETFとインデックスファンドはどちらも投資信託で似ていますが、実はその違いがあまりよくわからないという方もいらっしゃるかもしれません。そこで今回はETFとインデックスファンドの違いについて詳しくお伝えしていきます。 More »

経済減速に強いインド株2銘柄:タタ・モーターズ、インフォシス

経済が一時的に減速したとしても、インドにはこれからも大きく成長する可能性がある企業が数多くあります。このような企業は、海外展開による成長ポテンシャルも高いと言えます。 More »

グーグル以外で注目すべきAI株:マイクロソフト、バイドゥ、アマゾン

グーグル以外にも、他の多くの企業が自社のビジネスの主要部分にAIを活用しています。その中でも、マイクロソフト(NASDAQ:MSFT)、バイドゥ(NASDAQ:BIDU)、アマゾン(NASDAQ:AMZN)の動向が注目されます。 More »