MENU

モトリーフール編集部

低リスクでフィンテックと暗号通貨の投資機会を追求する方法

金融サービス業界の創造的破壊に挑む企業は数知れません。スクエアやペイパルといったフィンテック企業の株価は近年急上昇しており、投資家は、決済業界における障壁の除去やコスト削減の投資機会に注目しています。現金からデジタル決済への移行が世界で続いているため、デジタル決済関連に大きなチャンスがあります。 More »

ハイテク巨人の対決:アップル対マイクロソフト

ハイテク分野で最も有名な2社は、アップル(ティッカー:AAPL)とマイクロソフト(ティッカー:MSFT)です。ポートフォリオに大規模で強力なハイテク企業を加えようとしていて、そしてアップルかマイクロソフトで選択する場合、現時点においてはマイクロソフトの方が良好と考えられます。 More »

ポートフォリオの礎となりうる米国株3銘柄

優れたポートフォリオの構築は容易なことではありません。個人投資家を悩ませている落とし穴の多くを避けるための1つの簡単な方法は、10年以上堅実なリターンをあげてきた株式から始めることです。現在、ポートフォリオの礎として検討できる株式として、ファイザー、アクティビジョン・ブリザード、ナイキがあげられます。 More »

2019年、市場が下落し続けた場合に取るべき4つの行動

2019年に市場がどこに向かうのかを予測することなどできません。しかし、投資家が万が一に備えて計画できないという意味ではありません。ここで、今後市場が下落し続けた場合にできる4つの素晴らしい行動を紹介します。 More »

カナディアン・ナショナル・レールウェイの安定的な増配

1月下旬、カナディアン・ナショナル・レールウェイ(ティッカー:CNR)の四半期配当が18%増で1株当たり0.45カナダドルとなったことを発表し、投資家は歓喜と驚きの声を上げました。この5年間、配当金は年平均増加率が約16.8%と、安定して増加しています。一般的に、年間10%の増配は大きいと言えるでしょう。 More »

10年保有で注目されるシンガポール株式2銘柄

ウォーレン・バフェットは、お気に入りの株式の保有期間は永久であると言ったことは有名です。しかし、急速な創造的破壊の時代に、購入して永久保有できる投資を見つけるのは難しいように思われるかもしれません、しかしシンガポール株式において、次の10年以上さらに大きなリターンを生み出す可能性がある投資機会が考えられます。 More »

インカム重視の退職者が注目する米国配当株3銘柄

あなたがインカム重視の投資家であれば、配当株は安定した収入をもたらすだけでなく、市場平均を上回るリターンも期待できることはご存じかもしれません。一部の配当株は退職者が保有するのに適しており、それらは予想可能なインカムを生み、間違うことが少ないと考えられます。 More »

英国で賃貸用不動産の代替となる3つの株式

2月中旬、Primary Health Properties(ティッカー:PHP、以下「PHP」)は、アイルランドにあるヘルスケアセンターの開発および最終的な買収に1,140万ユーロを拠出したことを発表しました。これは非常に魅力的な案件ですが、一般的な賃貸用不動産の投資家には手が届きません。 More »

ハイテク銘柄比較:シスコかオラクルか

シスコ(ティッカー:CSCO)とオラクル(ティッカー:ORCL)はどちらも成熟したハイテク株ですが、前者は過去12ヵ月間でほぼ20%上昇したのに対し、後者はほぼ横ばいでした。シスコは、数四半期にわたる加速的な成長で投資家に印象づけましたが、オラクルは横ばいの売上高で、利益を高めるために自社株買いに大きく依存しています。 More »

中国の不動産減速が投資家にどのような影響を与えるか

中国政府の不動産に対する新たな制限は、ついに不動産価格の高騰に終止符を打ちました。そのため、不動産デベロッパーと中国経済は大きな打撃を受けています。これは、投資家にとってどのような影響を与えるでしょうか。 More »