The Motley Fool

モトリーフール編集部

【米国株動向】バフェットがスノーフレーク株で大きな利益を確保。同社に関する情報を開示

スノーフレークは、ウォーレン・バフェットにとって大きな利益をもたらす可能性があります。バフェットの会社であるバークシャー・ハサウェイは、米証券取引委員会(SEC)への提出書類で、同社がスノーフレーク株を612万5,000株以上を購入したことを明らかにしました。 More »

【米国株動向】5Gがスマートフォン市場を救う?

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)を受け、消費者の買い控えと同時にサプライチェーンが断絶した影響で、2020年の世界のスマートフォン市場は過去に例を見ない最悪の年となっており、出荷台数は大幅に落ち込んでいます。 More »

【米国株動向】ズームとシスコ、どちらに注目すべきか?

ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(NASDAQ:ZM)はシスコシステムズ(NASDAQ:CSCO)がなければ、恐らく存在しなかったでしょう。ズームの創設者兼最高経営責任者(CEO)のエリック・ユアン氏は以前、ビデオ会議のスタートアップ企業であったWebexで働いていましたが、2007年にシスコが同社を買収すると、シスコのエンジニアリング部門の副部長となりました。2011年にスマートフォンを利用した新たなビデオ会議プラットフォームを提案しましたが、このアイデアが却下されたことから、ユアン氏は同年、シスコを離れてズームを設立しました。 More »

退職時に後悔しないために行うべき3つのこと

退職後に安心して生活できるための貯蓄を作っておくことは非常に重要です。本稿では、退職時に後悔することがないよう今から行うべき3つのことについてご説明します。 More »

【米国株動向】ドキュサインが業界売上高450億ドルのリーダーになりうる3つの兆候

電子署名のドキュサイン(NASDAQ:DOCU)は前四半期に大きく成長しました。CEOのダニエル・スプリンガーは9月上旬、同社の市場規模は450億ドルにもなる可能性があると述べています。 More »

【米国株動向】今後急騰する可能性のある小型株3選

このことを念頭に、現在私は、過去の高値を大幅に下回っており、市場を形成するトレンドから恩恵を受ける位置にある小型株に投資を集中しており、最近ではズオラ(NYSE:ZUO)、インピンジ(NASDAQ:PI)、エロス・インターナショナル(NYSE:EROS)の株を購入しました。 More »

【米国株動向】8月に最高のパフォーマンスを挙げたNYダウ3銘柄の購入はもう遅い?

ダウ工業株30種平均(NYダウ)は、往々にして米国の大型工業株のバロメーターであると見られています。今月、NYダウは3銘柄の入れ替えによって大きく揺れ動きました。新たに組み入れられたのは顧客管理ソフトウェア企業セールスフォース・ドットコム(NYSE:CRM)、製薬企業アムジェン、複合企業ハネウェルで、外れたのは石油企業エクソンモービル、製薬企業ファイザー、防衛企業レイセオンです。 More »

ロビンフッド投資家が陥り易い誤った投資行動

ミレニアル世代に人気の株取引アプリ「ロビンフッド」が注目を集めています。5月に同社は、新規口座開設数が今年だけで300万に達し、その約半数は初めて投資を行う利用者だと発表しました(全体の利用者数は6月に1,000万に達したとのこと)。ロビンフッド投資家は、航空会社や倒産の恐れがある企業など、アグレッシブに高リスクの投資機会を追い求めることで知られています。 More »

【米国株動向】勢いが止まらない注目の4銘柄

2020年9月半ばまでの6カ月余りの間に、株式市場は史上まれに見る乱高下を経験しました。S&P500指数は5週間もしない間に時価総額が34%減少し、その後の5カ月で下落分以上を取り戻し、投資家は短期的な市場の動きを予測することの無益さを思い知らされました。一方で、長期投資家にとって今年は優良銘柄を割安で買う絶好の機会となっており、さらに直近1週間ほどの間にボラティリティが再び高まっていることでチャンスが再来しています。 More »

【米国株動向】ウォルト・ディズニーとホーム・デポの成長性を比較

ウォルト・ディズニー(NYSE:DIS)とホーム・デポ(NYSE:HD)は、業界は違いますが、どちらも投資家が好む長期的な勝ち組銘柄です。両銘柄とも現在の株価は過去の最高値から10%以内にあり、割安になっているわけではありません。したがって、市場を上回るリターンを上げる可能性が高いのはどちらの銘柄かという観点から分析してみたいと思います。 More »