The Motley Fool

きしやん

金融業界とは無縁な職種の会社員。人生100年時代のお金と資産形成を我が子に教えるため、自ら金融知識を身に付け、実践しています。 投資に関する知識のアウトプットとしてブログの運営。資産運用の裾野を広げる活動として、個人投資家の交流会を定期的に開催しております。

投資における「降伏」という知性の買収とは?

3月のコロナショック(と命名されるであろう)から四半期が経ちました。世界経済の状況悪化やコロナウイルスの感染拡大が治まらない中、株価指数に関してはコロナショック前の水準まで回復しています。そして現在の懐疑と楽観が入り乱れる相場で、投資手法を変更している人が「散見」します。 More »

心配しないで。今はみんなが辛い時だから。

新型コロナウイルスを発端に世界中で外出自粛や集会の禁止が行われており、多くの人の生活や企業活動に影響がでております。世界中の経済活動が停滞しているので、この1か月間で世界中の株価が急落しました。株価が下げ止まったように見えますが、大きく回復する兆しはまだ見えません。 More »

子供の教育費を投資で運用する際の考え方 ~銀行金利ではカバーできないインフレ率の恐ろしさ~

ファイナンシャルプランニングの世界で、人生の三大支出は『教育・住宅・老後』となります。その中でも子育て世帯が真っ先に直面する三大支出が教育費です。 More »

子供の教育費を投資で運用する際の考え方 ~増えない給与と増える教育費~

ファイナンシャルプランニングにおいて、人生の三大支出は教育・住宅・老後と言われています。老後資金に関しては年金2000万円問題が世間で騒がれたので記憶に新しいでしょう。しかし人生のライフタイミングにおいては、子育て世帯にとっては老後よりも教育費の方が早く訪れるのに、教育費問題として騒がれることはありません。 More »

iDeCoで『節税できる』は、嘘ではないが正しくない

確定拠出年金は自分の掛け金を所得から控除することで、所得税を減らす=節税する事が可能です。メディア媒体やファイナンシャルプランナーの中には、確定拠出年金で節税できる事を『お得なので使った方がいいですよ!』とアピールしていたりします。しかしよく考えてみてください。国は赤字の財政を健全化させる為に、1円でも多く税収を増やそうと努力しています。そんな状況下で、何でもかんでも大盤振る舞いはできません。 More »

iDeCoの手数料を抑える小技を教えます

iDeCoに加入してしまっても、現在の制度ではiDeCoを途中脱退するのは容易ではありません。この事実を知り、絶望した人も多いでしょう。しかし諦めてはいけません。iDeCoの手数料をゼロにすることはできませんが、今回の記事では手数料を少しでも抑える小技を紹介いたします。 More »

専業主婦(夫)がiDeCoに加入すると、手数料負けしやすい

老後の資産形成に備えて、国は確定拠出年金の加入対象を広げ、今では国民誰もが加入できる制度となりました。メディアでは老後に2000万円必要と騒がれ、世帯の家事を支える専業主婦(夫)の人も、慌てて確定拠出年金への加入を検討されたかと思います。 More »

つみたてNISAは、なぜ「積立て」なのか?を考えてみる

国は資産形成の一助として、2018年からつみたてNISAという少額非課税制度をスタートさせました。特に投資初心者の方に推奨されていますね More »

波乱相場に学ぶ、分散投資の重要性

株式相場は2017年以降、堅調な上昇を続けてきました。しかし2018年末から2019年明けにかけて、突如として株価が10%以上下落したのは記憶に新しいかと思います。 More »

まとまったお金の運用方法

先日、私が開催する個人投資家の交流会にて、今まさに投資を始めようと検討している人にお会いしました。その人の悩みは大きく分けて3つ。どんな商品を買えばいいのか、どうやって買えばいいのか、どれくらい買えばいいのかです。 More »