The Motley Fool

野田幹太

大学卒業後、ライティング事務所に就職。2017年に独立し、フリーライターとして活動。ライティング業務に携わる中で、ジャンルを問わず多くの記事を執筆しましたが、最も得意なのは金融・経済系。ライティングを行う時には「分かりやすく・読みやすく・おもしろく」を心がけています。

「Amazonは物流企業」といわれる理由とは?物流に力を入れる理由も解説

Amazon(NASDAQ:AMZN)の創業者であるジェフ・ベゾス氏は「Amazonはほぼロジスティクス・カンパニーである」と公言しています。ロジスティクス・カンパニーとは直訳すると物流企業になりますが、氏の発言は現実となりつつあります。そこで今回は、「Amazonは物流企業」といわれる理由について解説します。 More »

Clubhouseで注目を集める音声SNSとは?国内で人気の音声SNSも解説

2021年1月、アメリカで注目を集めていた「Clubhouse」が日本で配信されると、著名人やインフルエンサーがこぞって参加し、各種メディアで大々的に取り上げられるようになりました。そこで今回は、Clubhouseで注目を集める音声SNSについて解説します。国内ですでに配信されている音声SNSについても合わせて解説します。 More »

ビットコインなどの暗号資産の課税の仕組みは?海外の課税制度も解説

2020年は暗号資産が全体的に高騰した年で、ビットコインは2017年末の最高値を更新しました。そのため、年内で利益確定をした、あるいは別の暗号資産を購入した方は少なくなくありません。年内に暗号資産を売却・支払いに使った・別の暗号資産と交換などをしているのなら、利益に対して課税が発生します。 More »

証券会社のデルタヘッジとは?コールオプションやプットオプションの仕組みも解説

2020年から2021年にかけてテスラやゲームストップの株価が高騰した背景に、証券会社のデルタヘッジがあったと専門家は分析しています。アメリカのコールオプションの2割が個人の注文ということも併せて考えると、可能性は高いです。そこで今回は、証券会社のデルタヘッジについて解説します。 More »

損益計算書の科目と意味を読み解くヒント。損益計算書を分析するときの注意点についても解説

損益計算書は賃借対照表やキャッシュフロー計算書と並んで重要になる決算書ですが、項目の内容や意味、どんなことを示しているのか投資を始めたばかりの方だと分かりづらい部分があります。そこで今回は、損益計算書の項目と意味について順番に解説します。 More »

事業の証券化とは?歴史や国内の事例について解説

2020年が終わるころ、国内スタートアップ企業が事業の証券化に成功し、250億円の資金調達に成功したというニュースが流れました。事業の証券化は、イギリスやアメリカでは資金調達の方法として知られていますが、日本国内ではあまり知られていない資金調達になります。そこで今回は、事業の証券化とはどんな資金調達方法なのか解説します。 More »

投資テーマとして注目される電動車の定義とは?電気自動車と水素自動車の違いについても解説

今回は、電動車の定義や、電気自動車や水素自動車の違い、世界で進みつつある車の「電動化」について解説します。 More »

PO株は本当に買いなのか?POを実施した株式の事例を解説

POを実施した株式は短期的には下落しますが、調達した資金によって企業の業績が向上する可能性があるため、中長期的な視点では購入するべきという意見があります。確かにPOで調達した資金によって株価が上昇する可能性はありますが、必ず上昇するとは限りません。そこで今回は、PO株の過去の事例を分析します。過去にPOを実施した株式の株価がどのように変化していったのかも合わせて解説します。 More »

流動性が重視される理由とは?東証再編で注目される流通時価総額も解説

流動性という言葉は株式や債券など、金融商品に関する説明で多く見かけます。しかし、投資を始めたばかりの方だと、どの指標や数値をみれば流動性が高いのか分かりづらいです。そこで今回は、流動性について解説します。流動性と時価総額の関係や、東証再編で注目を集める流通時価総額についても合わせて解説していきます。 More »

海外のメンタルヘルス企業の取り組みやマインドフルネスについて解説

新型コロナの影響は、日本のみならず世界まで広がっています。生活様式の変化と制限は人の心を蝕んでおり、「コロナ鬱」という言葉が生まれるほどの事態となっています。そのため、海外ではメンタルヘルス企業の取り組みや事業に注目が集まっています。 More »