The Motley Fool

野田幹太

大学卒業後、ライティング事務所に就職。2017年に独立し、フリーライターとして活動。ライティング業務に携わる中で、ジャンルを問わず多くの記事を執筆しましたが、最も得意なのは金融・経済系。ライティングを行う時には「分かりやすく・読みやすく・おもしろく」を心がけています。

景気のV字回復やL字不況とは?景気の二極化を示すK字についても解説

経済の専門家は景気を表す折れ線グラフの形から「V字回復」や「L字不況」と呼称することがあります。V字型やL字型の折れ線グラフは過去の景気後退時に多く見られたことから、投資や経済の勉強を始めたばかりの方でもイメージがしやすい形です。しかし、最近ではK字型の折れ線グラフが登場しており、意味を知らないと、景気がどのように変化しているのか分かりづらいです。そこで今回は、景気を表す折れ線グラフの形であるV字やL字の意味や、経済の二極化を示すK字について解説します。 More »

中央に管理組織のない自立分散型組織とは?DAOの法人化に関する動きも解説

インターネットの普及により、技術や価値観の変革は急ピッチで行われるようになっており、最近では組織の形態にも新しい形が訪れようとしています。そこで今回は、中央に管理組織のないDAO(自律分散型組織)について解説します。自律分散型組織のメリットやデメリット、自律分散型の法人化に関する動きも合わせて解説します。 More »

2024年に始まる新NISAとは?一般NISAを利用している方の注意点も解説

国は老後資産の形成のために投資を推奨しており、NISA制度をスタートしました。数年おきにルールや新制度が発表されてきたNISA制度ですが、2024年を目途に新NISAとなり、内容や仕組みが大きく変化します。そこで今回は、2024年に始まる新NISAの内容や、現時点で一般NISAを利用している方が知っておくべき注意点などを解説します。 More »

中央銀行発行デジタル通貨とは?CBDCの日本や主要国の動向も解説

インターネットの発展やスマートフォンの普及により、通貨の形も大きく変わっています。世界各国では中央銀行発行デジタル通貨に関する研究や議論が活発になり、日本でも2021年4月より第1段階の実証実験を開始する予定です。そこで今回は、中央銀行発行デジタル通貨について解説します。 More »

中央銀行のフォワードガイダンスとは?フォワードガイダンスの種類について解説

現在、世界各国で大規模な金融緩和政策が実施されておりますが、個人投資家にとって気になるのは、この大規模な金融緩和をどのタイミングで止めるのかということです。金融緩和を行っているのは各国の中央銀行で、その方針はフォワードガイダンスという発表を見るとある程度予想をつけることができます。そこで今回は、中央銀行が発表するフォワードガイダンスについて解説します。 More »

政策保有株とは?問題点や現状について解説

株式は株主から資金を集め、事業を運営し、得た利益を株主に還元します。しかし、株式のなかには保有することが目的となり、資金の空洞化などの問題を招く政策保有株というのがあります。そこで今回は、問題視される政策保有株について解説します。 More »

イールドカーブ・コントロールとは?YCCの効果やデメリットを解説

日本銀行は日本の中央銀行として金融政策を発表する、金融機関の中核です。そのため、日本銀行の取る政策や行動は、日本の金融市場に与える影響は大きく、投資をする際は注意しなければなりません。「イールドカーブ・コントロール」は日銀が2016年に導入した政策で、2021年時点でも実行されています。 More »

無借金経営は本当に理想の経営?無借金経営のメリット・デメリットについて解説

日本人の感覚からすると、借金は危ないというイメージがあり、負債が多い企業よりも無借金経営のような企業が投資対象として好まれやすいです。しかし、無借金経営が本当に理想の経営だとも断言できません。そこで今回は、無借金経営のメリット・デメリットや、無借金経営の代表である任天堂について解説します。 More »

ビットコインETFとETPの違いは?ETNやETCとの違いも解説

2021年に入り、ビットコインETFが海外の取引所で上場するようになりました。今後もビットコインETFの上場は続くと予想されていますが、以前から上場しているビットコインETPとの違いが分かりづらいです。そこで今回は、ETFとETPの違いや、ビットコインETFとETPの違い、ETNやETCとの違いなども併せて解説します。 More »

流動比率とは?比較される当座比率の意味と組み合わせについて解説

流動比率は企業の財務状態が安全かどうか確認するための指標です。個人投資家だけでなく、金融機関や機関投資家もチェックする指標のため、数値が悪ければ企業は改善しようと行動します。そこで今回は、流動比率について解説します。 More »