The Motley Fool

野田幹太

大学卒業後、ライティング事務所に就職。2017年に独立し、フリーライターとして活動。ライティング業務に携わる中で、ジャンルを問わず多くの記事を執筆しましたが、最も得意なのは金融・経済系。ライティングを行う時には「分かりやすく・読みやすく・おもしろく」を心がけています。

トレンドを見極めるエリオット波動とは?フィボナッチ数列との関係も解説

投資を始めると最初にぶつかるのがチャートの動き方です。自分が購入した株式は、どこで株価上がるのか、あるいは下がってしまうのか分からず不安に思うはずです。そんな初心者に知ってもらいたいのがエリオット波動になります。エリオット波動は株式のみならずFXでも大いに役立つ分析方法で、株価やFXの動きを分析するのに役立ちます。 More »

日経平均から見える日本の景気とは?日経平均に連動するインデックスファンドを比較

投資を始めると日本の経済がどうなっているのか知りたくなり、経済ニュースなどを見るようになります。しかし、出てくる単語や数字が何を意味しているのか分からないと、内容を理解するのは難しいです。特に頻繁に出てくる日経平均が何を指しているのか知っておくべきです。そこで今回は、経済ニュースで頻繁に出てくる日経平均が何なのかを解説します。 More »

日本市場とアメリカ市場を比べるST倍率とは?NT倍率との違いも解説

投資を始めると、聞き慣れない単語や言葉が大勢出てきて混乱してしまいます。どの数字が何の指標で、何を意味しているのか理解するのは大変です。しかし、それらの単語や指標を読み解く事で、日本の経済やアメリカの経済などを理解できます。ST倍率もその1つになります。そこで今回は、ST倍率がどんな指標なのか、何を意味しているのか解説していきます。 More »

オルタナティブ投資とは?種類やメリット・リスクについて解説

2000年頃から提唱され始めたオルタナティブ投資は、現在だと分散投資のスタンダードなやり方となっています。機関投資家だけでなく、個人投資家にも浸透しつつあります。しかし、オルタナティブ投資は分散投資に向いていますが、投資を始めたばかりだと分かりにくい投資方法になります。今回はそんな、オルタナティブ投資とはどんな投資方法なのか解説していきます。 More »

市場規模を増やしているインパクト投資とは何か?ESG投資との違いも解説

2007年頃に提唱されたインパクト投資は、欧米から始まり今や全世界規模で行われる投資スタイルとなっています。市場規模は拡大していき、さらに成長が見込まれます。日本でも数年前に比べれば、市場規模が4倍以上に膨れ上がっています。今回はそんな、インパクト投資とは何なのか解説していきます。 More »

ETFとインデックスファンドの違いとは?メリット・デメリットも解説

分散投資がしやすいETFとインデックスファンドは、投資家たちの注目度が高いです。しかし、ETFとインデックスファンドはきちんとした違いが分かりづらく、解説者によっては混同して解説されている場合があります。そこで今回は、ETFとインデックスファンドの大きな違いを中心に、それぞれのメリット・デメリットを解説していきます。 More »

TOPIXに投資するインデックスファンドとは?国内のファンドを比較

インデックスファンドは株価指数に連動した運用を目指すファンドで、分散投資の手法としてはメジャーなものです。今回はTOPIXに連動した運用を行うインデックスファンドについて紹介します。今回の記事を読めば、株式に関する知識が深まるはずです。 More »

信用取引を行う上で知っておくべきリスクと要因

自分の持っている資金以上の資金を使える信用取引には大きなリスクがあります。このリスクはある程度まで把握したり、予想する事は出来ますが、一方で自分が想像もできない程の損失を生む可能性もあります。今回はそんな、信用取引におけるリスクについて解説します。信用取引とはどんな取引なのか、損失が発生する要因が何故なのかも併せて解説します。 More »

制度信用取引と一般信用取引の違いとは?それぞれのメリット・デメリットも解説

株の資産運用は、基本的には買った株が値上がりする事で利益を得ます。そのため株価が下がれば損をしますが、実は株価が下がる事で利益を得る手法と言うのもあります。それが制度信用取引と一般信用取引です。今回は株の資産運用では上級者向けと言われる、制度信用取引と一般信用取引の違いについて、メリット・デメリットも含めて解説します。 More »

株の人気を示す出来高とは何か?出来高と売買代金の関係性にも注目

株は売買が成立して初めて利益を得ます。つまり、人気の無い株を持っていると、誰も買ってくれず値段が崩れてしまい損をするリスクがあります。そうなるのを回避するためには、いま人気の株がどれなのかを見極めるのが重要になります。その株に人気が集まっているかどうかを見極めるのに役立つのが「出来高」です。 More »