The Motley Fool

野田幹太

大学卒業後、ライティング事務所に就職。2017年に独立し、フリーライターとして活動。ライティング業務に携わる中で、ジャンルを問わず多くの記事を執筆しましたが、最も得意なのは金融・経済系。ライティングを行う時には「分かりやすく・読みやすく・おもしろく」を心がけています。

海外企業との比較にも役立つ「EV/EBITDA倍率」とは?実際の企業を例に解説

投資をする際に企業分析は重要になります。特にPERやPBR、ROEなどの指標は企業の業績分析をするのに役立つため、目にする機会は多いです。しかし、これらの指標だけでは、国をまたいだ企業の比較をするのは難しいです。そこで今回は、海外企業との比較に役立つEV/EBITDA倍率について解説します。 More »

信用銘柄や賃借銘柄とは?賃借銘柄に指定されるメリットやデメリットも解説

制度信用取引は投資を始めたばかりだとリスクの高い株式取引と思われがちですが、どういった内容なのか覚えておくとリスク管理の役に立ちます。そこで今回は、信用銘柄や賃借銘柄に指定された株式について解説します。制度信用取引の内容や、指定されることのメリット・デメリットも併せて解説します。 More »

CAGRとはどんな指標?年平均成長率の計算式や注意点を解説

決算やニュースを見ていると、CAGRや年平均成長率という単語を見かけます。これらは企業の成長性や成長率を確かめるのに役立つ指標ですが、その意味をきちんと理解していないと役立ちません。そこで今回は、CAGRについて解説します。年平均成長率の計算式や、併せて覚えておきたい指標についても合わせて解説します。 More »

アメリカ司法省がマイクロソフトを提訴した結果と影響を解説

2020年10月20日、アメリカ司法省は反トラスト法違反の疑いでグーグルを連邦地裁に提訴しました。ハイテク産業の反トラスト法違反の訴訟といえば、1998年のマイクロソフト訴訟が有名で、今回のグーグルとの類似点も指摘されています。そこで今回は、1998年のマイクロソフト訴訟について解説します。 More »

防災テックとは?防災テックの実例や注目を集めている国内企業を解説

日本は地震や台風、津波と自然災害に見舞われやすい風土です。安倍前総理は「国土強靭計画」を推進し、10年間で200兆円を投資すると発表。計画は2020年10月時点でも続いています。近年、世界でも多発・深刻化する自然災害に対する備えとして、防災とテクノロジーを掛け合わせた防災テックに注目が集まっています。そこで今回は、防災テックの意味や日本での実例、代表的な企業などを解説します。 More »

公的資金ってなに?改正によって永久公的資金と指摘される理由も解説

新型コロナの感染拡大を受けて、金融システムを安定させるための公的資金に関する法律が改正されました。その結果、特例において注入された公的資金は永久になるのではないかという指摘を受け、波紋を広げています。公的資金は株式市場にも大きな影響を与えるため、注入されるタイミングによっては相場が大きく動きます。 More »

金融機関が破綻した場合に預金者を守る法律や制度について解説

長引く低金利政策もあり、銀行の本業である貸出業務は低調が続いています。2020年3月期決算では減収減益が相次ぎ、いくつかの地銀は最終赤字を計上しました。新型コロナの影響により経済が低調のままだと、銀行をはじめとした金融機関が破綻する可能性は否定できません。そこで今回は、金融機関が破綻した場合に預金者を守る法律や制度について解説します。預金保険法の内容や、日本で初めて行われたペイオフについても合わせて解説します。 More »

5G対応スマートフォンの出荷台数は?日本国内での5Gについても解説

2020年は5Gサービスが本格的に始動することもあり、5G元年とも呼ばれています。10月にはアップルから5Gに対応した新型iPhoneも登場し、これから国内での出荷台数を伸ばしていくだろうと予想されています。しかし、世界規模でみれば5G対応スマートフォンの市場で圧倒的なシェアを伸ばしているのは日本ではありません。そこで今回は、5G対応スマートフォンの出荷台数について解説します。 More »

アクティビティ・ベースド・ワーキングとは?ABWの導入を支援する日本企業も解説

ワーキングスタイルとして、アクティビティ・ベースド・ワーキングに注目が集まっています。そこで今回は、アクティビティ・ベースド・ワーキングについて解説します。ABWのメリットや、日本でABWの導入支援をしている企業も合わせて解説します。 More »

Oracleの買収の歴史とは?Tik Tok買収に関する3つの問題点を解説

今回は、Oracleの買収の歴史を解説しつつ、Tik Tok買収に関する3つの問題点を解説します。 More »