MENU

野田幹太

大学卒業後、ライティング事務所に就職。2017年に独立し、フリーライターとして活動。ライティング業務に携わる中で、ジャンルを問わず多くの記事を執筆しましたが、最も得意なのは金融・経済系。ライティングを行う時には「分かりやすく・読みやすく・おもしろく」を心がけています。

ETFとインデックスファンドの違いとは?メリット・デメリットも解説

分散投資がしやすいETFとインデックスファンドは、投資家たちの注目度が高いです。しかし、ETFとインデックスファンドはきちんとした違いが分かりづらく、解説者によっては混同して解説されている場合があります。そこで今回は、ETFとインデックスファンドの大きな違いを中心に、それぞれのメリット・デメリットを解説していきます。 More »

TOPIXに投資するインデックスファンドとは?国内のファンドを比較

インデックスファンドは株価指数に連動した運用を目指すファンドで、分散投資の手法としてはメジャーなものです。今回はTOPIXに連動した運用を行うインデックスファンドについて紹介します。今回の記事を読めば、株式に関する知識が深まるはずです。 More »

信用取引を行う上で知っておくべきリスクと要因

自分の持っている資金以上の資金を使える信用取引には大きなリスクがあります。このリスクはある程度まで把握したり、予想する事は出来ますが、一方で自分が想像もできない程の損失を生む可能性もあります。今回はそんな、信用取引におけるリスクについて解説します。信用取引とはどんな取引なのか、損失が発生する要因が何故なのかも併せて解説します。 More »

制度信用取引と一般信用取引の違いとは?それぞれのメリット・デメリットも解説

株の資産運用は、基本的には買った株が値上がりする事で利益を得ます。そのため株価が下がれば損をしますが、実は株価が下がる事で利益を得る手法と言うのもあります。それが制度信用取引と一般信用取引です。今回は株の資産運用では上級者向けと言われる、制度信用取引と一般信用取引の違いについて、メリット・デメリットも含めて解説します。 More »

株の人気を示す出来高とは何か?出来高と売買代金の関係性にも注目

株は売買が成立して初めて利益を得ます。つまり、人気の無い株を持っていると、誰も買ってくれず値段が崩れてしまい損をするリスクがあります。そうなるのを回避するためには、いま人気の株がどれなのかを見極めるのが重要になります。その株に人気が集まっているかどうかを見極めるのに役立つのが「出来高」です。 More »

黄金株と普通の株式の違いは?黄金株を企業が発行するメリットも解説

株に興味を持ち勉強をし始めると、種類株式の中に黄金株と呼ばれる特殊な株があります。普通の株式と違った権利を持ち、名前にも黄金と入っているからにはさぞや価値があるのだろうと思われるかもしれませんが、それは違います。今回は黄金株とはどんな株式なのか、どのようなメリットがあるのか、どんな企業が発行しているのかなどを解説していきます。 More »

個人向け国債を中途換金する時の計算式は?国債の税金や相続についても解説

長期運用が望ましい個人向け国債ですが、場合によっては国債を切り崩して資産が必要になる事もあります。そんな時に気になるのが、中途換金をすると元本割れを起こすのか、どれぐらい戻ってくるのかという事です。そこで今回は、個人向け国債を中途換金する際の注意点について解説します。個人向け国債の中途換金の計算式や、支払わないといけない税金の種類なども一緒に説明します。 More »

リスクの少ない個人向け国債とは?国債のメリット・デメリットも解説

リスクの少ない投資運用を調べると、個人向け国債がオススメだと言われています。確かに、日本の個人向け国債は他の国の国債に比べれば、リスクの少ない投信運用方法になります。しかし、国債と言われても投資を始めたばかりの人には分かりにくいかもしれません。そこで今回は、破たんするリスクの少ない個人向け国債について解説します。 More »

少額から始められる『るいとう』とは?メリット・デメリットを交えて解説

「るいとう」は投資を始めたばかりの人や、コツコツと投資を続けられる人、あるいは投資運用に興味があるけど資産が少ない人に向いたやり方です。効果が出るまでに長い時間がかかりますが、リスク分散を行えて、結果的にはお得になるというメリットもあります。そこで今回は、るいとうとはどんな投資方法なのか解説していきます。 More »

アメリカの雇用統計が日本に与える影響とは?雇用統計の分析方法も解説

雇用統計とはアメリカの金融政策に大きく関わってくる指標になります。アメリカの事だから日本とは関係ない、という事はありません。アメリカが世界最大の経済大国である以上、アメリカの金融政策や景気によって日本のマーケットにも大きな変化が生まれます。 More »