The Motley Fool

7%の甘味料

2016年から活動を開始したフリーライター。株式投資、投資信託、不動産投資、NISA、住宅ローン、カードローンなどの金融全般の記事を幅広く執筆しており、ガジェット、ゲームの紹介記事の執筆経験もあり。投資に関する記事の作成を最も得意としており、実際に投資をした経験から記事の執筆をしている。投資初心者にも分かりやすく、興味を持ちやすい記事を作成することを心がけている。

投資の元本割れ対策に用いられる優先劣後構造について

不動産クラウドファンディングや、不動産証券化商品には優先劣後構造を取っている商品が存在します。簡単に説明すれば投資家の元本割れ対策のことであり、この構造の投資商品は投資家に有利な構造です。しかし、必ずしも元本を保証するものではなく、状況によっては元本割れのリスクもあるので注意が必要です。この記事では優先劣後構造について詳しく解説します。 More »

ネット証券で活発化している25歳以下の株式売買手数料の無料化について

2021年4月20日から大手証券会社のSBI証券が25歳以下の国内現物株式の売買手数料を無料にしました。SBI証券の発表に続く形で、松井証券、岡三オンライン証券も5月6日から手数料の無料化が開始しています。ネット証券の手数料争いは近年激化しており、2020年10月1日にはSBI証券のアクティブプランにおいて1日の約定代金が300万円(現物・信用の合計)まで無料化しました。この記事ではネット証券で活発化している25歳以下の株式売買手数料の無料化と、手数料の低価格化による証券会社への影響について考察していきます。 More »

結婚などの改姓で生じる株式の名義変更について

日本では夫婦別姓を2021年現在では選択できないことが、大きな社会問題となっています。夫婦別姓の自由がないことによる弊害には、改姓をした場合の手続きが非常に煩雑であることもあげられます。結婚に限らず改姓をした場合は、保有している株式の名義変更が必要になりますが、面倒だと考えておこなっていない方や、手続きが必要であることを知らない方もいるのではないでしょうか。 More »

外国株や暗号資産にも投資できるCFDの税金について

CFDでは株価指数や、外国株、ビットコインなどの暗号資産、金や原油などのコモディティにも投資が可能です。特に外国株にレバレッジをかけ、売りポジションを建てることができるのは2021年時点ではCFDのみとなります。様々な投資対象に投資できるCFDですが、税金の区分はどのようになっているのでしょうか?この記事ではCFDの税金について損益通算ができる投資も含めて紹介していきます。 More »

成果報酬型のおまかせ資産運用サービス「SUSTEN」とは

投資信託のインデックスファンドとアクティブファンド、ロボアドバイザー、ファンドラップ、ヘッジファンドなど投資初心者でもプロに運用を任せられる商品は年々増え続けていますが、このような特徴の商品を選ぶ上で重要なのは運用を委託するコストです。投資信託でいえば信託報酬になりますが、この運用を任せる上で必要なコストがどれだけ安いのかによって長期投資におけるリターンは大きく変わってしまいます。2021年2月16日、日本初の完全成果報酬型のおまかせ資産運用サービス「SUSTEN(サステン)」が誕生しました。 More »

信用取引の逆日歩の影響で株価が上昇する理由

逆日歩は信用取引の売り方が証券会社に対して負担するコストのことです。信用取引の売り方のみが負担するコストであるため、買い方や、現物投資家には関係ないと考える方もいるかもしれません。しかし、逆日歩の発生は株価に影響を与える可能性があります。特に大きな逆日歩が発生した銘柄や、継続して逆日歩が発生した銘柄は短期的に株価が上昇しやすくなります。この記事では信用取引の逆日歩が株価に与える影響について解説していきます。 More »

運用前の投資信託に投資するための当初募集期間とは?

投資信託には実際に運用が開始される前に購入できる当初募集期間があります。実際に上場する前に購入できる株式のIPO銘柄と似ていると考えるかもしれません。IPO銘柄は公募価格から初値が上昇しやすいといわれているので、IPO株の初値売りという投資手法は投資初心者でもおこないやすく、有名な投資方法です。新規募集の投資信託はIPO株と同様に当初募集期間中に購入するメリットはあるのでしょうか? More »

2022年に解禁予定の外国株の信用取引について

2021年5月現在、国内の証券会社では外国株の信用取引ができません。そのため、米国株を含む外国株へ日本から投資する場合は中長期の保有による利益や、配当金を期待した投資が多いのが現状です。しかし、2021年5月14日、金融庁は外国株信用取引に関する内閣府令案を公表し、投資家を保護する基準を厳格に定めたうえで、2022年を目標に外国株の信用取引の解禁することを明らかにしました。 More »

日本には存在しないセクターである「森林REIT」について

米国REITには様々なセクターがあり、日本から投資できるJ-REITにはないセクターも存在します。森林に対して投資をする「森林REIT」は、J-REITにはないセクターの1つです。 More »

IPO株に用いられるブックビルディング方式について解説

競争入札形式による価格決定の問題点を解決するために用いられたブックビルディング方式ですが、IPOについて調べていてもよく分からなかった方もいるかもしれません。この記事ではIPO株におけるブックビルディング方式について解説していきます。 More »