The Motley Fool

7%の甘味料

2016年から活動を開始したフリーライター。株式投資、投資信託、不動産投資、NISA、住宅ローン、カードローンなどの金融全般の記事を幅広く執筆しており、ガジェット、ゲームの紹介記事の執筆経験もあり。投資に関する記事の作成を最も得意としており、実際に投資をした経験から記事の執筆をしている。投資初心者にも分かりやすく、興味を持ちやすい記事を作成することを心がけている。

日本には存在しないセクターである「森林REIT」について

米国REITには様々なセクターがあり、日本から投資できるJ-REITにはないセクターも存在します。森林に対して投資をする「森林REIT」は、J-REITにはないセクターの1つです。 More »

IPO株に用いられるブックビルディング方式について解説

競争入札形式による価格決定の問題点を解決するために用いられたブックビルディング方式ですが、IPOについて調べていてもよく分からなかった方もいるかもしれません。この記事ではIPO株におけるブックビルディング方式について解説していきます。 More »

令和3年度の税制大綱で住宅ローン控除の特例制度はどのように変わるのか?

この記事では令和3年度の税制大綱で住宅ローン控除がどのように変化するのか解説し、今後検討されている住宅ローンの改正案についても解説していきます。 More »

2020年度に確定申告を初めておこなう投資家が確認したいこと

2020年は新型コロナウイルスの影響で3月から投資を始める方が増加し、すでに利益を確定した方もいるかと思います。苦労の多い年ではありましたが、投資家としては最高のスタートが切れた方は今年度も継続して投資を続けていきましょう。しかし、年の初めに投資家に必要になるのが確定申告です。 More »

2021年1月の株主優待、新年初の優待が獲得できる10銘柄

2020年は新型コロナウイルスの拡大によって、私たちの生活様式が大きく変わりました。様々な出来事があった2020年は終わりを迎え、2021年初の優待が獲得できる1月を迎えます。1月の優待銘柄は約30銘柄と多いわけではありませんが、中には魅力的な銘柄もあります。 More »

2020年12月の株主優待。1年の締めくくりにふさわしい優待銘柄を紹介

2020年は新型コロナウイルスの拡大による市場の大暴落があり、優待を目的に長期投資をしている方々の中には辛い思いをした人もいるかと思います。様々な出来事があった2020年でしたが、12月の優待とともに終わりを迎えます。12月の優待銘柄は150銘柄以上で、今年最後の優待を締めくくるのにふさわしい優良銘柄があるので、まだ使い切れていないNISAの非課税枠で投資先を探してみるのもいいかもしれません。 More »

2020年11月の株主優待。新型コロナに負けない10の銘柄を紹介

2020年10月の株主優待は30銘柄程度でしたが、2020年11月の優待銘柄数も10月とそれほど変わりません。新型コロナウイルスの影響で優待の廃止、変更をしている企業もありますので、例年よりも銘柄数は少なくなっていますが、11月にも魅力的な銘柄は存在します。今回は新型コロナの影響で優待内容を変更した企業や、2019年度優待内容が変わらない企業を紹介していきます。 More »

デジタルトランスフォーメーションが合言葉。「GS Motif データイノベーション ETF」とは?

2019年3月1日、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントがビッグデータやAIなどの最新のテクノロジーに投資をする「GS Motif データイノベーション ETF(GDAT)」の運用を開始しました。GDATは「GS Motifシリーズ」のETFの1つであり、他のETFと比較しても高いパフォーマンスを発揮しています。 More »

投資未経験の方は2020年8月から投資を始めるべきか?

この記事では先の見えない情勢の中で投資を始める判断を見送った方々が、2020年8月から投資を始めるべきか解説していきます。 More »

新型コロナ関連の銘柄に投資できる投資信託「SBIポストコロナファンド」とは

2020年7月8日からSBIアセットマネジメントが運用をする「SBIポストコロナファンド」の取引が始まりました。投資対象は新型コロナウイルスの治療薬・ワクチン開発に携わる医療関係の銘柄やテレワークの銘柄で、日本、米国、香港の銘柄に分散投資をします。 More »