The Motley Fool

IFAとは?金融パーソンと投資家、それぞれの視点からメリット・デメリットを解説

金融パーソンからの独立で注目を浴びる「IFA」(独立系ファイナンシャル・アドバイザー)。

とはいえ、日本では未だ馴染みの薄い職業ですので実際

  • どんな職業なのか
  • IFAになるにはどうすればいいのか
  • IFAを利用することで投資家にメリットはあるのか

などの疑問をお持ちの証券会社、元証券会社勤務者、投資家も多いかと思います。

そこでこの記事では独立をお考えの金融業界勤めの皆様のお悩みにお答えしていきます。

具体的には、

  • 「IFA」とはどういう職業なのか
  • 金融パーソンはIFAになるメリット・デメリット
  • IFAになるにはどうすればいいのか
  • 投資家がIFAを活用することのメリット
  • IFAの年収
  • IFAは金融パーソンの新しい働き方になりうる
  • まとめ

の順に気になる点を詳しくご紹介いたします。

IFAとはどういう職業なの?

IFAは金融商品仲介業者として内閣総理大臣の登録を受けることにより業務を行うことが可能となり、証券会社と業務委託契約を結ぶことで有価証券などの金融商品を取り扱うことができるようになります。

そのため、特定の金融機関には属さず、独立した立場から顧客の資産運用をメインとしたアドバイスを行うことのできる資産運用の専門家です。

金融機関から独立した立場ですので、中立的な視線で保有資産についてのアドバイスを行うことができ、お客様のパートナーとして心強い存在になることができます。

金融パーソンがIFAになるメリット

IFAのメリットを2つにまとめて説明させていただきます。

1つ目はお客様のために働くことができるという点です。

金融機関に勤めている場合の多くは、非常に厳しいノルマが付きまといます。

また、重点的に販売したい商品も会社として決まっている場合も多いため、お客様にとって本当にメリットのある商品の提案が出来ない可能性があります。

しかしIFAは金融機関から独立した存在であるため、会社からの評価を気にすることなく、お客様に最善の提案をすることが可能となります。

2つ目にお客様と長期的なお付き合いが可能になるという点です。

金融機関は転勤の多い業界です。

そのため長期でお客様とのお付き合いがしにくくなります。

また毎月のノルマがあるため、短期的に売買を行っていただくことも必要になります。

その点、IFAは会社都合の転勤やノルマがないため長期的にお客様のパートナーとしてお付き合いすることができるというメリットがあります。

金融パーソンがIFAになるデメリット

デメリットとしては組織力がないという点です。

IFAは組織に属していないため、個人の力量に大きく左右されてしまいます。

相談者側はIFAならだれでも同じと考えるのではなく、本当に信用できるのか考えなければいけません。

IFAにもそれぞれの得意分野や個性がありますので自分にあったパートナーを見つけることが重要です。

IFAになるにはどうすればいいのか

IFAになるには2つの方法が存在します。

1つ目は金融商品仲介業者に所属する方法です。

金融商品仲介業者として登録された法人と業務委託契約を結び、証券会社を通じて外務員登録を行う方法です。

開業を行ったり、法人を設立するよりも、資金や手間がかからないというメリットがあります。

2つ目が金融仲介業者を設立するという方法です。

業務委託を受ける証券会社と契約を結び、内閣総理大臣の登録を受けます。

その後、日本証券業協会に届出を行い、外務員の登録を行うという流れになります。

個人、法人に関係なく金融仲介業者になることは可能です。

ただし法人の場合は証券外務員資格保持者がいること、内部管理責任者の資格保有者が必要となります。

投資家がIFAを活用することのメリット

投資家がIFAを活用するメリットは以下の通りです。

1つ目は金融機関の営業方針に縛られたくないという投資家に対して独立した立場で提案をすることができる点です。

金融機関に勤めている場合、営業マンには厳しいノルマが付きまとい、販売したい商品も会社として決まっている場合も多いため、お客様にとって本当にメリットのある商品の提案が出来ない可能性があります。

しかしIFAは金融機関から独立した存在であるため、会社からの評価を気にすることなく、お客様に最善の提案をすることが可能となります。

2つ目は独立した立場なので会社都合での転勤がありません。

そのため投資家がこの人と決めたパートナーと長期的なお付き合いをすることができるというメリットがあります。

金融機関は転勤が多い業界のため、投資家が担当の営業マンを決めることは困難になります。

この点は投資家から見たIFAのメリットとなります。

3つ目はIFAの中には証券会社だけではなく、保険会社と業務委託契約を結び、保険代理店を行っている場合もあります。

また、弁護士や税理士とパートナー契約を結んでいる場合もありますので、投資以外の様々な側面で投資家のお悩みにこたえるサービスを提供していることもあります。

気になるIFAの年収

IFAでは委託契約の場合と社員として勤める場合と2つの形態があります。

委託契約の場合は完全出来高制です。

報酬率も実績により決定されるため会社の組織に縛られず、自らの力で存在価値を示したい方にお勧めとなります。

社員として勤める場合の給料は経験、能力、実績により変動はありますが、初期給与は月給20万、25万、30万円のいずれかが一般的な相場となります。

金融機関ですので福利厚生もしっかりとしています。

年収例として経験4年でプレイングマネージャーとして年収750万円、経験2年で営業職として年収600万円と比較的高い水準を誇ります。

IFAは金融パーソンの新しい働き方になりうる

金融ビックバン以降、ネット証券が誕生したことによりIFAの存在価値が非常に高まりました。

ネット証券の投資家との接点が少ないというデメリットと対面証券のノルマゆえの手数料稼ぎの営業となるデメリットの部分を補ったメリットの大きい存在といえます。

また、金融パーソンの多くが悩みとしてとらえるノルマや転勤がなくなることにより、顧客を第一に考えた業務を行うことが可能となります。

まだまだIFAの日本での認知度は低いですが、投資に悲観的な考えが多く、経験の少ない日本人にとって非常に重要な存在です。

まとめ

IFAは投資家にとっても金融パーソンにとってもメリットが多く、これからの市場価値の拡大が非常に楽しみな職業になります。

IFA先進国の米国では、個人投資家は金融機関の看板よりも、IFAに信頼感を持っています。

日本人は未だ投資に対する悲観的な考えが強いですが、資産運用の必要性が高まってきている現在、日本でもIFAの存在がもっと身近になる必要があります。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事