MENU

バンガードの創始者、ジャック・ボーグル氏に敬意を表して

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2019年1月17日投稿記事より

もし投資家の殿堂というものがあれば、ジャック・ボーグル氏は全会一致で殿堂入りが認められたでしょう。

2019年1月16日に89歳で亡くなったバンガードの創設者は、個人投資家の投資を促進するために、過去50年間で多くの功績を残してきました。

彼は、1976年に最初のインデックスベースの投資信託を立ち上げた、資産運用業界のパイオニアでした。

低コストで市場全体に連動した投資信託は、高い運用手数料をとるアクティブファンドよりはるかに優れています。

当時、ウォール街の批評家は彼を笑い飛ばしました。彼の実験を「ボーグルの愚行」と呼ぶ人さえいました。

しかし、周囲の言うことに惑わされず、ボーグル氏はわずか1,130万ドルの資産でインデックスの革新に着手したのです。

Vanguard 500 Index Fundは現在、4,000億ドル以上の資金を管理しており、大規模なVanguardファンドのラインナップを支えています。

彼の投資家へ奉仕したいという情熱は、Vanguardを株式会社ではなく、投資信託の保有者によって所有される相互会社として創設することにつながりました。

今日では、同社は世界最大の資産運用会社の1つです。全社で5兆ドル以上を管理しており、そのほとんどが低コストのインデックスファンドに投資されています。

モトリーフールのCEO兼共同創設者のトム・ガードナーは、ボーグル氏を「モトリーフールにおける英雄の一人」と呼んでいます。

バージニア州アレクサンドリアの本社には「ボーグル」という名の会議室もあります。

市場全体を買うインデックス投資の父であるボーグル氏と、米国の個別銘柄への投資を重視するモトリーフールのスタンスは異なっています。

しかし、誰にとってもより良く、より透明で、より誠実な投資の世界を作るというビジョンは一致していました。

ウィリアム・シェイクスピアは、第12夜に「愚か者のあなたは、太陽のように地球の周りを回ります。そして、それは全てを輝かせます」と書いています。

ジャック・ボーグル氏のビジョン、決意、そして遺産は世界中の投資家を明るく照らしています。

私たちは彼に敬意を表し、感謝します。

モトリーフールのCEOトム・ガードナーは以下の文章を記しました。

ジャック・ボーグルは、おそらく人類の歴史の中で、他の誰よりも、世界中の個人の資産形成を助けてきました。

彼は、透明性と公正さを必要としている金融界に、インデックス投資を提供しました。

彼は、投資家を保護するためにいつでも戦いました。ジャックは哲学者であり、夢想家であり、そして真の因襲打破主義者でした。

彼はVanguardを愛し、常に改善しつづけたのです。

ジャックはポジティブな考え方を持っていました。彼の機知は鋭いものでした。

彼はスピーチを執筆し続けました。彼は一般人の味方でした。彼は私たちの仲間でした。彼は、素晴らしい友人、誠実な人、並外れた人物でした。