The Motley Fool

今更聞けない、10万円の「特別定額給付金」の受給方法について解説

新型コロナウイルス感染症の影響に対する緊急経済対策として、10万円の「特別定額給付金」給付が正式に決定しました。

給付を受けたい方がほとんどかと思いますので、本記事では2020年4月29日時点で確定している給付に関する情報をまとめていきます。

総務省の公式情報を元に執筆していますので、このページを最後まで見て頂ければ特別定額給付金に関してご理解いただけるかと思います。

緊急経済対策「特別定額給付金」に関するQ&A

ここでは、新型コロナウイルス感染症の影響に対する緊急経済対策である、特別定額給付金について2020年4月29日時点でわかっていることをまとめていきます。

確実に給付を受けられるよう、きちんと確認していきましょう。

Q1.給付の対象となっているのはどんな人?

特別定額給付金の給付の対象となっているのは、2020年4月27日時点で住民基本台帳に記録されている人です。

年金受給世帯や失業保険受給世帯、生活保護の被保護者などが対象外になることもなく、収入による条件は一切設けられていません。

給付を受ける権利があるのは、給付対象者がいる世帯の世帯主(受給権者)なので、世帯単位で給付申請をおこなう必要があります。

Q2.給付金はいくら?

給付金は、給付対象者1人あたりにつき10万円です。

たとえば給付対象者が世帯主(受給権者)含めて4人いる世帯では、合計で40万円の給付を受けることができます。

Q3.給付金の受け取り方法は?

特別定額給付金の受け取りは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐ観点から原則申請者の本人名義の銀行口座にておこなわれます。

やむを得ない場合は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策を徹底したうえで、窓口での受け取りも可能です。

Q4.給付を受けるには何をすれば良い?

特別定額給付金の給付を受けるには、申請が必須となります。

申請方法は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐ観点から下記の2つとなっています。

  • 郵送申請

1つめは、郵送申請です。

自治体から受給権者宛てに「特別定額給付金申請書」が送付されるため、給付金を受け取る銀行口座の情報記入や銀行口座の確認書類と本人確認書類の写し貼り付けなどをおこなったうえで、自治体に返送することで申請が完了します。

  • オンライン申請方式

2つめは、マイナンバーカードを保有している方のみ利用できるオンライン申請です。

現在マイナンバーカードを保有していない方は、今から発行手続きを進めることも可能です。

しかし、申請から受け取りまで2カ月ほどかかり、役所での受け取りが必須となることから、現状況ではあまりおすすめできないかもしれません。

実際に一部の役所では、受け取り期限の延長を受け付けており、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に努めています。

オンライン申請は楽ですが、三密を避けるためにも直近でのマイナンバーカードの発行手続きや受け取りは避けた方が良いかもしれません。

本題に戻り、オンライン申請の方法をご説明します。

まず、「マイナポータル」から給付金を受け取る銀行口座の情報入力をおこない、銀行口座の確認書類をアップロードします。

そして、マイナンバーカードを利用した電子署名で本人確認をおこない、電子申請をおこなえば完了です。

注意点として、WindowsやMacなどのPCから「マイナポータル」を利用する場合は、マイナンバーカードに対応したICカードリーダーを準備しておく必要があります。

また、スマホを利用する場合はNFCに対応していなければなりません。

もしマイナンバーカードの読み取りがうまくいかなかった場合は、郵送申請方式に切り替えれば良いだけなので、オンライン申請方式を検討している方は申請が完了するまでは申請書を破棄しないようにしましょう。

ちなみに2020年4月29日時点では、千葉県市川市が一刻も早く給付金が必要な方を対象として申請書のダウンロードが可能となっています。

Q4.郵送申請方式に有効な本人確認書類は?

郵送申請方式では、申請者の本人確認書類の写しを貼り付けたうえで申請書を返送する必要があります。有効な本人確認書類は下記のとおりです(一部)。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • マイナンバーカード

Q5.銀行口座の確認書類とは?

郵送申請方式、オンライン申請方式ともに、銀行口座の確認書類を貼り付け(写し)またはアップロードする必要があります。

有効な銀行口座の確認書類は下記のとおりです(一部)。

  • 通帳(口座番号が書かれたページ)
  • キャッシュカード

住所がある自治体で水道代や地方税の引き落とし、払い込みに使用している口座を給付金の受け取り口座として希望し、口座名義人が申請者本人である場合は、銀行口座の確認書類は必要ありません。

Q6.申請はいつまでにすれば良い?

上記でも触れたように、申請開始日は各自治体が設定するため異なりますが、申請期限は“郵送申請方式の申請開始日から3カ月以内”と一律です。

それぞれの申請方式で受付開始日を別々にする自治体もあるようなので、各自ご確認ください。

Q7.給付金等に関して相談したいことがある場合は?

給付金に関して相談したいことがある場合は、コールセンター(03-5638-5855)に連絡するようにしましょう。

問い合わせが殺到しており、電話がつながりにくいこともあるようですので、お気を付けください。

まとめ

本記事では、新型コロナウイルス感染症の緊急経済対策、特別定額給付金について今わかっていることを解説してきました。

重要ポイントとして、申請方法は全部で2つあります。

オンライン申請方式ではマイナンバーカードが必須となり、場合によってはICカードリーダーやNFC対応のスマホが必要です。

郵送申請方式用の申請書は全世帯に届くため、オンライン申請方式ができない、またはうまくいかないようならそちらに切り替えることをおすすめします。

また、オンライン申請方式では申請者殺到によるサーバーダウンも懸念されますので、覚悟しておきましょう。

お住まいの自治体が申請を開始したらすぐに動き出せるよう、本記事でおさらいしてください。

【参考文献】総務省

フリーレポート配信

米国株式市場で株価が急上昇していますが、株式市場と米国経済の現状が一致しない理由をレポートとしてまとめています。

不況入りする中で米国株式市場が好調な3つの理由」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事