The Motley Fool

コロナショックにおける適切なアセットアロケーションとは

投資には必ずリスクが伴いますが、それを可能な限り回避する方法としてよくアセットアロケーション(資産配分)の戦略がとられています。

アセットアロケーションの実際的な方法を分かりやすく解説

例えば、リスクが高い米国株をたくさん保有するのはリスクが高いため、同時にリスクの低い債券やETF(上場投資信託)などの金融商品を買っておきリスクヘッジを行っておきます。

株取引でかなりの利益を定期的に得ていたとしても大損をする可能性は低くないため、このような戦略を取るのは合理的です。

アセットアロケーションにおけるポートフォリオは人によって異なりますが、状況によってもそのポートフォリオを変える必要性があります。

特に、今回のコロナショックにより全てが変わってしまったので、これまでのポートフォリオや注目するべき分野あるいは金融商品を見直すべきです。

今回の記事では、 アセットアロケーションの基本的な事項やコロナショックの状況に適したポートフォリオのヒントなどについて解説します。

アセットアロケーションにおける投資の対象とコロナショック下で注目するべきこと

まずはアセットアロケーションにおける投資対象について解説しますが、コロナショックと関連付けて解説します。

株やETF

まず思いつくのは個別銘柄やETFでしょう。

テクニカル分析やファンダメンタル分析を駆使して株やブル・ベア型投資信託を買う場合や配当金を狙う場合がありますが、リスクが高いので注意が必要です。

一方で、比較的リスクが低いのは日経平均や米国のS&P500などのインデックスと連動させているETFですが、利益率は低いです。

現在のマーケットの状況を見てみると、コロナショック によりマーケットはだいぶ変わり、S&P500などは伸び悩んでいる一方で、ヘルスケアなどのディフェンシブ銘柄は右肩上がりの傾向が強いです。

このような状況に応じて投資戦略を変えるべきで、今回はディフェンシブ銘柄に着目するべきです。

キャッシュ

普通預金や定期預金などの銀行の口座においてある全ての現金のことです。

新型コロナウイルスのパンデミックにより株式市場が暴落したとき、「キャッシュ・イズ・キング」と言われ、実際にキャッシュの比率を上昇させる動きが出ました。

例えば、株の下落で損切りをして現金不足になってしまった投資家が多数いたと考えられます。

日本の場合、金利が0%でかつ場合によっては口座維持手数料を取られるので、銀行口座にお金を預けておいても基本的にはあまり意味はありません。

しかし、現時点ではパンデミックの第2、3の波が来る可能性を考えれば、キャッシュをある程度持っておき、マーケットがさらに下落した時に再び少しずつ買っていくのが良さそうです。

また、日本円の暴落のリスクはアベノミクスの失敗により高まってきているため、少なくとも一部の日本円を外貨に変えておくのが良いでしょう。

債券

社債(企業が発行する債券)や国債のことで、証券会社を介して購入可能です。

国はよっぽどのことがない限りなくならないので、国債の安全性は高いです。

仮に財政危機などにより国が信用を失うと、国債の金利は上昇し、リスクが高まります。

国債について、償還するまでの期間(満期)があり、例えば10〜40年、10年、2〜5年の3種類あります。社債の満期は企業によって違います。

債券は安全資産の一つとされており、通常、株式市場が下落すると債券が買われます。

今回のコロナショック においては、3月初旬に原油価格の急落やパンデミックの急拡大が影響し、債券市場も大きく下落しました。

その他:金や不動産など

他には、金や銀、不動産などがあります。

安全資産である金は通常経済が悪くなるとたくさん買われるのですが、今回のコロナショック では多くの投資家は現金が枯渇したため、金を売って現金を得る流れが強くなったと考えられ、結果として金の価格は一時的に下落しました。

その後3月中旬から再び上がり始め、現在ではこの5年間での最高値を更新し続けています。

世界的に経済不況が差し迫っているため、金の価格はさらに上昇していく可能性が高いです。

一方で、世界中の不動産の価格はやはり下落しており、不動産を購入するべき時期が迫ってきていると考えられます。

また、失業率が世界中で上昇している状況を考えれば、不動産に投資を既に行っている場合、失業などが原因で住人(賃借人)が家賃を払えなくなるリスクについて考慮しておく必要があります。

どのようなポートフォリオがベストなのか

最適なポートフォリオは人によって異なりますが、決め手となるファクターはリスクの許容度や資産の量です。

リスクを許容できるのであれば株やFXへの投資比率を増やし、あまりリスクを取りたくないのであれば債券やETFへの投資比率を上げます。

ただし、高いリスクを許容できるとしてもほとんどの財産を株などの高リスク金融商品に注ぎ込むことは避けるべきです。

最も重要なのは、いかに安定的かつ長期的に利益を得ていくかという点です。

市場の暴落はポートフォリオ見直しのチャンス

コロナショックのような市場の暴落により大きな損失を被ってしまった人が多数いますが、一方でこれはむしろ安い値段で株や不動産を買えるチャンスでもあります。

このチャンスを生かしてポートフォリオを見直すことをおすすめしますが、ネガティブな経済指標はこれからさらに出てくるので、マーケットは再び大きく下落する可能性が高いことについて留意しておいた方が良いでしょう。

フリーレポート配信

米国株式市場で株価が急上昇していますが、株式市場と米国経済の現状が一致しない理由をレポートとしてまとめています。

不況入りする中で米国株式市場が好調な3つの理由」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事