The Motley Fool

今年の夏は「暑さ」への常識が通用しないマーケットか

5月21日に気象庁が発表した1か月予報によると、今年の夏は全国的に高い気温が予想されているそうです。

暑さは近年日本の定番の話題です。

株式市場も暑さと無縁ではありません。

夏の天候と株価パフォーマンスに相関がみられる銘柄群がありますが、今年はその常識が通用しない可能性を考慮しておくべきです。

いうまでもなく、新型コロナウィルス感染拡大予防を考慮するとこうなるのでは?という話です。

ビール

暑い日が続くと消費量が増えると言われるもので、暑い夏が予想されると、ビール3社(サッポロHD(2501)、アサヒGHD(2502)、キリンHD(2503))は「暑さで買われる銘柄」としてよく挙げられます。

夏の風物詩、ビアガーデン。だけど、今年は(ひょっとしたら来年以降も)そのビアガーデンの営業箇所も、1ビアガーデン当たりの客数も減るのではないでしょうか。

プロ野球などのイベント会場も無観客や間隔をあけての座席配置となると、販売も少なくなると予想されます。

もちろん外で飲めないなら、家で飲むという消費の形はありますが、緊急事態宣言下の4月のビール販売はいわゆる「ビール」の販売量が減り、発泡酒や第3のビールの消費量が伸びたようで、ビール会社の業績に大きくプラスにはなりそうもありません。

そうなると、ビール3社の株価にはあまり期待できないなと考えています。

アイスクリーム

これもビール同様、「暑さ銘柄」の代表です。

森永乳業(2264)、明治HD(2269)などがその代表銘柄です。

これらの会社が生産するアイスクリームは、コンビニエンスストアやスーパーで購入して食べることが多いだろうと想定すると、消費量に大きな変化はないかもしれません。

残念ながら決算書等のセグメント情報を見てもアイスクリームの売り上げが全体の売り上げに占める割合がわかりませんでした。

長距離移動

夏といえばだれもが楽しみな夏休み。

このときぐらいは遠出しようと考える方も少なくないですし、帰省する方も少なくなく、長距離移動手段の需要が高まる時期です。

しかしながら、今年は日本のあちこちで夏祭りの中止がすでに決まり、遠出は自粛する方が例年より増えると思われます。

また、学校は春先以降休校していた分を取り戻すため、例年より夏休みが短くなるところもありそうです。

毎年、お盆あたりの予約状況や利用実績が公表されますが、適切なソーシャルディスタンスをとった座席配置をする運行が多くなるだろうとすると、例年並みに運行できても利用実績は下がることが見込まれます。

JR各社、航空会社にとっては厳しい夏でしょうか。

夏期講習が減る?

夏休みは塾や予備校などの夏期講習が多い時期ですが、まだ決まっていないものの、前述したように春に学校が休校になった分、学校の夏休みが短くなる可能性があります。

そうなると、塾や予備校などの夏期講習を利用する人が減る可能性があります。

関連銘柄としては明光ネットワークジャパン(4668)、早稲田アカデミー(4718)、リソー教育(4714)、東京個別指導学院(4745)などが想定されます。

10万円の使い道

頻度が減るにしても、何らかの形で在宅勤務という働き方が今後も続くかと思います。

そうなると、この夏自宅で冷房を使う方が増えるはずです。

また、ある程度まとめて食料品の買い物をすることが普通になる可能性があります。

10万円の特別定額給付金が支給され始めていますが、この給付金がエアコンや冷蔵庫といった自宅で快適に過ごすための白物家電の購入、買い替えに使われることが多いのではないかと考えています。

となると、家電量販店の売上高が今年は伸びそうです。

また、在宅勤務の環境を整えようと、パソコン、通信機器、デスク、椅子といったオフィスで使うようなものを自宅に備える人も増えていると聞きますので、そのような物の売り上げも今年は例外的に増えそうです。

一方、オリンピックイヤーに売れるとよく言われるテレビは販売が増えるか減るか予想しにくいです。

自宅で映画などを見る人も増えていますし、定額給付金の使い道になりそうな気はします。

10年ほど前の家電エコポイント制度実施時に薄型テレビを購入した方だと、買い替えの時期に来ているとは思いますが、肝心のオリンピックは延期、夏の甲子園も中止となると、テレビを見る機会が減りそうにも思えます。

今年わざわざ買わなくても…という方向に向きそうな気もします。

株式市場は常に未来を観ているものです。

6月の頭なんてまだ早いと思わず、ちょっと先の未来を予測してみてください。

フリーレポート配信

米国株式市場で株価が急上昇していますが、株式市場と米国経済の現状が一致しない理由をレポートとしてまとめています。

不況入りする中で米国株式市場が好調な3つの理由」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事の作者おせちーずは、記事内で言及されている銘柄を保有してはいません。記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事