The Motley Fool

【米国株動向】ボーイングとエアバスが旅客機内の新型コロナウイルス感染リスク軽減策を研究

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2020526日投稿記事より

ウォール・ストリート・ジャーナルは、ボーイング(NYSE:BA)とエアバス・グループ(OTC:EADSY)が旅客機内での新型コロナウイルス対策において、医療専門家、エンジニア、学者、連邦当局と連携していると報じています。

航空会社は新型コロナウイルスの懸念の中で運航を再開するために、新たな対策を実行しています。

最近、ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングス(NASDAQ:UAL)は、航空機による移動の安全性を高めるために消毒剤メーカーのクロロックス(NYSE:CLX)およびクリーブランドクリニックと提携したことを発表しました。

ボーイングは、コンピューターシミュレーションモデルを用いて旅客機内における新型コロナウイルスのリスクを研究しています。

航空会社は、旅行の安全性に対する信頼を高めるために、新たな衛生対策を行おうとしています。

ボーイングは、旅客機内の換気システムを売り込もうとしています。

新型コロナウイルスの感染拡大への懸念が広がる中、換気システムの強化がどの程度効果があるか不明だ、と研究者たちは述べています。

報告書によると、ボーイングとエアバス・グループの両社は、リスクと対処方法について疾病対策予防センター(CDC)と連邦航空局(FAA)と連絡を取り合っています。

エアバスはウイルスの蔓延を緩和する方法を見つけるために大学とも提携し、セルフクリーニング素材、数日間持続する消毒剤、非接触型トイレの採用などを模索しています。

フリーレポート配信

優良企業30社で構成されるダウ平均株価は、1世紀以上にわたり世界中でフォローされています。ダウ構成銘柄の長年の良好なパフォーマンスを考えると、市場参加者が注目するのはごく自然なことで、最近はこれから紹介するダウ4銘柄が注目されています。

著名投資家も注目の優良大型株4銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Howard Smithは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、記事で言及されている株式を保有していません。

最新記事