The Motley Fool

【米国株動向】6月3日にビヨンド・ミートのビヨンド・バーガーが中国デビュー

モトリーフール米国本社、202061日投稿記事より

 植物由来代替肉のビヨンド・ミート(NASDAQ:BYND)のビヨンド・バーガーが中国本土でデビューします。中国最大のレストランオペレーターであるヤム・チャイナ(NYSE:YUMC)は元親会社のヤム・ブランズ(NYSE:YUM)のケンタッキーフライドチキン、ピザハット、タコベルなどを展開しています。

そして、6月3日から一部の店舗でビヨンド・バーガーを販売すると発表しています。

KFCはビヨンド・バーガーを北京、成都、杭州、上海にある5店舗で3日間限定で販売します。

タコベルは6月3日から10日まで、ビヨンド・バーガーのパティで作られたタコスを上海の3店舗で販売します。

ピザハットは6月8日から11日まで初めてのハンバーガーメニューとしてビヨンド・バーガーを発売します。

植物由来代替肉は世界中で人気を集めており、ヤム・チャイナは店舗でこれらをテストしています。

2019年12月、タコベルで植物由来代替豚肉製品を経営しました。

2020年4月には、KFCで植物由来代替肉のチキンナゲットを販売しました。

これはKFCのアプリを介して事前予約販売されましたが、最初の1時間で売り切れ、中国の消費者は植物由来代替肉製品を歓迎しているように思われます。

これは、急成長しているビヨンド・ミートにとって重要になる可能性があります。

同社はすでに、スターバックス(NASDAQ:SBUX)と契約を結び、中国の4000以上の店舗でビヨンド・ビーフを使った食品をいくつか提供しています。

ヤム・チャイナは植物由来代替肉の導入をゆっくりと始めていますが、CEOのジョーイ・ワットは植物由来代替肉製品に大きな可能性を見込んでいると語りました。

ヤム・チャイナは9,000以上の店舗を運営しているため、製品が十分にテストされれば、ビヨンド・ミートが成長する機会が十分にあるでしょう。

フリーレポート配信

米国株式市場で株価が急上昇していますが、株式市場と米国経済の現状が一致しない理由をレポートとしてまとめています。

不況入りする中で米国株式市場が好調な3つの理由」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Nicholas Rossolilloと彼の顧客は、スターバックス株、ヤム・チャイナ・ホールディングス株を保有しています。モトリーフール米国本社は、スターバックス株を保有し、推奨しています。モトリーフール米国本社は、ビヨンド・ミート株を推奨しています。

最新記事