The Motley Fool

ウォーレン・バフェットから学ぶ、投資を始めるための資金管理

モトリーフール米国本社、2020520日投稿記事より

ウォーレン・バフェットは現在、世界長者番付でトップ4にランクインしており、推定純資産は約700億ドルです。

彼の投資キャリアは、6歳のときにコーラ6缶を0.25ドルで購入し、1缶0.05ドルで販売した時から始まりました。

誰もバフェットになることはできませんが、彼から学ぶことはできます。

本稿では、投資を開始するための資金を確保するのに役立つ、バフェットの5つの資金管理のヒントをご紹介します。

1.お金に関する習慣を身につける

バフェットは「私は父から大きな影響を受けました。

私が幼い頃に父から学んだことは、適切な習慣を早くから身に付けるということでした」と述べています。

お金の使い方に関する習慣は、努力することで身に付けることができます。

チャールズ・デュヒッグは、著書「習慣の力」で日頃の行動の40%〜50%は習慣から来ていると書いています。

2.貯蓄を心がける

身に付けるべき最初の習慣は、お金を貯蓄することです。

バフェットは「使った後に残ったお金を貯蓄するのではなく、貯蓄後に残ったお金を使うようにしてください」とアドバイスしています。

昨年行われた調査によると、米労働者の5人に1人が収入を貯蓄に回していません。

貯蓄の習慣を身に付けたいのであれば、受け取った収入の10%を貯蓄用の銀行口座に入れ、残りのお金を使うように習慣づけましょう。

専門家は可能であれば将来のために収入の20%を貯蓄に回すことを推奨しています。

しかし、達成できない目標を設定すると習慣化することが難しくなります。

したがって、可能な範囲で構いませんので貯蓄を習慣化し、徐々に貯蓄の割合を増やしていくとよいでしょう。

3.借金をしない

欲しいものがあり、お金が足りないときはどうしていますか?バフェットは、「必要のないものを買っているならば、必要なものを売らなければならない日が来るだろう」と述べています。

借金は負の連鎖であり、終わりが見えないものです。

借金の返済にお金を使っているのならば、貯金に充てるためのお金は残りません。

借金がある人は、借金をできるだけ早く返済すべきです。

4.生活防衛資金を準備する

バフェットの会社であるバークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)は「常に少なくとも200億ドルの現金もしくは現金同等物を保持する」というルールを定めています。

バフェットは現金を手元に置いておくことで、投資機会を逃さないようにしています。

私たちは、緊急時に備えてこの考え方を反映する必要があります。

つまり、生活防衛資金を常に準備しておくということです。

専門家は、失業、医療問題、家や車の修理などの出来事に備えて、3〜6か月分の生活費を賄うことができる資金を貯蓄することをすすめています。

貯蓄の習慣を身につけ、借金が無くなったら、生活防衛資金を準備すべきです。

3〜6か月の生活防衛資金を確保できたら、その後は収入を株式市場に投資することができます。

5.収入相応の生活をする

幸せに生きるためには高価な家に住む必要も、高級車を運転する必要もありません。

バフェットは、住もうと思えばどのような家にでも住むことができますが、1958年ネブラスカ州オマハに31,500ドルで購入した家に今でも住んでいます。

彼は定期的にファストフードを食べ、テレビでスポーツを観戦し、約23,500ドルで購入した2014年のキャデラックを運転しています。

もちろん、これらはバフェットの選択です。

しかし、これは幸せになるためには必ずしも「モノ」が必要ではないことを証明しています。

あなたも収入相応の生活をしていれば、収入の範囲内にあるものを購入し、ある程度のお金を貯蓄に回すという生活ができるでしょう。

ウォーレン・バフェットは経済的に成功するために非常に参考になる優れた人物です。

控えめな生活を送っており、モノには過度にお金をかけず、常に現金を保有しています。

バフェットの言葉を参考にした以上のアドバイスに従うことで、成功するための十分な現金を貯蓄し、投資を始めることができるでしょう。

フリーレポート配信

米国株式市場で株価が急上昇していますが、株式市場と米国経済の現状が一致しない理由をレポートとしてまとめています。

不況入りする中で米国株式市場が好調な3つの理由」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Barbara Eisner Bayerは、バークシャー・ハサウェイ(B株)を保有しています。モトリーフール米国本社は、バークシャー・ハサウェイ(B株)を保有し、推奨しています。モトリーフール米国本社は、バークシャー・ハサウェイ(B株)のオプションを保有しています(2021年1月の200ドルのロング・コール、2021年1月の200ドルのショート・プット、2020年6月の205ドルのショート・コール)。

最新記事