The Motley Fool

【米国株動向】注目の防衛関連3銘柄

モトリーフール米国本社、2020514日投稿記事より

防衛業界では、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)による問題は概ね小規模にとどまり、多くのセクターに比べて平和な決算シーズンとなりました。

この状況は数か月以内に変わる可能性があります。

特に、米国政府が新型コロナウイルス対応のために防衛予算を他の分野に振り向けざるを得なくなった場合です。

しかし、全体として防衛企業は安全な逃避先のように見えます。信頼性の高い顧客が売上の大きな割合を占め、製品への需要も旺盛です。

ここでは注目の防衛企業3社を紹介します。

ロッキード・マーチン

ロッキード・マーチン(NYSE:LMT)は世界最大の防衛専業企業です。

製品ラインアップは幅広く、米国防総省にとって不可欠な分野で事業を運営しています。

同社はF-35戦闘機のメーカーとして最も有名です。

F-35は増産が始まったばかりで、1兆ドル規模のプログラムとなる可能性があります。

F-35は巨大なサプライチェーンを有するうえ、グローバルに製造拠点を展開しており、今年初めにパンデミックの影響を受けました。

さらなる悪影響が及ぶ可能性もありますが、ロッキードの投資家は安心して眠れるでしょう。

なぜなら、同社にはさまざまなミサイルやミサイル防衛システムなどの受注残が1,440億ドル存在するためです。

ロッキードの株価は年初来で概ね横ばいとなっており、S&P500を約10%ポイント、アウトパフォームしています。

PER(株価収益率)は17倍で、防衛セクターの中では平均的な水準です(執筆時点)。

ロッキードの事業は、新型コロナウイルスの感染拡大前から今後何年間もアウトパフォームできる状況にありました。

同社の長期見通しはパンデミックによって一切変わっていません。

【米国株動向】ロッキード・マーチンは新型コロナウイルスにもかかわらず好調

レイドス・ホールディングス

政府のITプロバイダーは投資家にとって魅力的な逃避先に見えます。

公務員を含むリモートワーカーの急増によって、ITプロバイダーが維持・提供するネットワークやサービスは一段と重要になっています。

また、こうした企業は従来型の防衛企業のように大規模な製造施設を所有していないため、在宅勤務に適応しやすいのです。

レイドス・ホールディングス(NYSE:LDOS)は政府にITサービスを提供する最大の企業です。

同社は規模と価格決定力を武器に、小規模なライバルから取引を奪うことができます。

同社はここ最近、空港検査事業の拡大に向けて動いていましたが、今ではタイミングが悪かったように見えます。

実際、多くの面で新型コロナウイルスの影響を受け、四半期決算は不安定な業績となりました。

しかし、同じく最近買収した航空宇宙・防衛企業のダイネティクスは、すでに防衛分野でいくつかの契約を獲得しており、業界内で特に評価の高い宇宙・エレクトロニクス研究部門を擁しています。

レイドスの株価は年初来で4%上昇していますが、2月15日からは10%下落しています(執筆時点)。

今後数四半期の業績は不安定となる可能性がありますが、同社は防衛業界で最も有望なグロース株の一つです。

今は押し目買いのチャンスであるかもしれません。

マンテック・インターナショナル

マンテック・インターナショナル(NASDAQ:MANT)はあまり注目されていないサービス企業です。

同社は軍事物資輸送や中東の施設管理といった業態から、ハイテク中心の業態へと徐々に変化を遂げました。

今や同社は著しく成長しており、第1四半期の売上の内部成長率は15%となりました。

新規契約は同四半期に獲得した契約の90%以上を占め、四半期末時点で時価総額29億ドルに対して受注残は93億ドルに上ります。

マンテックは業界最高クラスのバランスシートも有しており、純負債はわずか2,600万ドルです。同社は以前、分散化した業界で積極的に買収を実施していました。

ジュディ・ビョルナース最高財務責任者(CFO)は、4月下旬の投資家説明会で、同社が引き続き買収を重視していると述べています。

投資家は当面の間、1.7%を超える配当利回り(執筆時点)を享受することができるでしょう。

しかし筆者は、マンテックが優れたバランスシートを活用して一段と大規模な企業になるか、あるいは現在の株価にプレミアムを上乗せした価格で買収されると予想しています。

フリーレポート配信

配当株探しの3つのヒントを示すとともに、注目銘柄もご紹介します。

配当株探しの3つヒントと注目3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Lou Whitemanは、レイドス・ホールディングス株、マンテック・インターナショナル株を保有しています。モトリーフール米国本社は、記事で言及されている株式を保有していません。

最新記事