The Motley Fool

【日本株】コロナ禍で生活必需品を扱う地方のドラッグストア関連が好調

コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、注目されているのがドラッグストア関連銘柄です。

コロナ対策のマスクや備蓄用の食料品などで需要が拡大中です。

地方では品物が売れすぎてドラッグストアの棚に商品がほとんどなくなる店舗もありました。

一方でドラッグストア間の競争も激化しています。

私の実家がある石川県では地元発祥の「クスリのアオキ」の存在感が大きいのですが、都内のウエルシア薬局や愛知県発祥のスギ薬局、福井県発祥のゲンキーも進出してきています。

普段の生活からもドラッグストアの陣取り合戦の様子が伝わってきます。

投資対象として妙味のあるドラッグストアはどこなのでしょうか。最近、動きが活発化しているのが地方発のドラッグストアです。

そこで本記事では地方発のドラッグストアにスポットを当てていきます。

地方のドラッグストアが好調

地方のドラッグストアはロードサイドや住宅街のあるエリアに出店しています。

東京都内と地方をよく行き来していると、都市部と地方の店づくりが随分違うことに気づきます。

例えば都心のドラッグストアは人通りの多いところに小さな店構えで薬、スキンケア商品、マスク、シャンプー、化粧品などが中心に販売されています。

しかし地方のロードサイドのドラッグストアは、店舗が広く食料品も多く取り揃えており、スーパーとの違いがあまりありません。

店舗によっては「完全にスーパーなのでは?」というところもあります。

しかもドラッグストアの方が近所のコンビニやスーパーよりもお買い得品が多いことも珍しくありません。

利益率の高い薬が売れれば食料品は薄利多売でも採算があうため、地方のドラッグストアは生鮮食品を集客の呼び水にできるのです。

またコロナウイルス禍ではイオンのような大型ショッピングモールは食料品を中心としたスーパーの部分は開店しているものの、他の衣服や書店、映画館などの店舗は閉鎖。

食料品や日用品だけを買うならお買い得なドラッグストアに行こうと考えるのも自然な流れです。地方のドラッグストアには追い風が吹いています。

クスリのアオキ(3549)

クスリのアオキは石川県を拠点とする急成長中のドラッグストアです。

前年同期比2桁%の売上高を維持し拡大を続けています。

2020年5月1日には栃木、群馬、長野、新潟、石川、三重、滋賀、千葉、愛知に新店舗を開きました。

コロナウイルス感染拡大の影響に伴い、マスクや消毒液などの売れ行きが好調です。

クスリのアオキは生鮮食品に力を入れたスーパーのような店舗も多く、食品スーパーのシェアをとりにいく路線がとられています。

またクスリのアオキは株主優待がおすすめです。

株主優待カードは5%割引で買い物ができる優れもので、クスリのアオキでよく買い物をする方なら株主優待狙いで投資してみてもよいかもしれません。

優待カードはクスリのアオキの株を100株以上持っていれば受け取れます。

スギHD(7649)

スギHDは愛知県発のドラッグストアグループです。

「かかりつけ薬局」というコンセプトで事業を展開しています。

スギ薬局はリアルとデジタルを融合したトータルヘルスケアに力を入れています。

例えば食事管理アプリや歩数計アプリの提供などユニークな取り組みをしています。

歩数計アプリの「スギサポwalk」を入れて歩き続けると、お店で使えるポイントがたまります。また利益率の高い調剤薬局に力を入れています。

ツルハHD(3391)

ツルハHDは北海道発のドラッグストアを展開する企業です。

ツルハHDの強みはプライベートブランドです。

日用品から化粧品、飲料、ヘアケア、衣料品など利益率の高いプライベートブランドの販売に強みがあります。

またM&Aで積極的に同業のドラッグストアを買収し販売網を全国に広めています。

最近もJR九州傘下のドラッグストアを買収しています。

コスモス薬品(3349)

コスモス薬品は九州発のドラッグストアです。

コスモス薬品の特徴は2つ。

1つ目は小商圏への大型店集中展開です。

商圏人口1万人程度の対して大きな売り場面積2000平方メートルの店を1店舗出店します。

言い換えるとコンビニが出店する商圏に集中して進出するドミナント戦略をとっています。

2つ目は「安さ」です。コスモスはディスカウント・ドラッグストアとも呼ばれており、販売商品の価格の安さで有名です。

都市部中心のドラッグストアは苦戦気味?

地方発のドラッグストアが好調な一方で、都心を中心に展開しているマツモトキヨシ(3088)の業績悪化が懸念されていました。

理由は外国人からの売上が大きいインバウンド市場に力を入れていたドラッグストアだったからです。

コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、2020年度の訪日外国人観光客は前年同期比の93%の減少でした。

当然、マツモトキヨシにとってネガティブな材料です。

また力を入れていた化粧品の需要も落ちこんだことも影響し、3月の売上は前月比でマイナス。ドラッグストアがコロナ特需で好調とは限りません。

一方で関東を中心に展開しているウエルシア(3141)の業績は好調でした。

利益率の高い調剤薬局と豊富な品揃えの日用品・食品、コンビニにも負けない利便性がウェルシアの強みです。

また地方のドラッグストアのM&Aを積極的にしてきた経緯もあり郊外型の店舗も多く、むしろコロナ需要を大きくとりこめました。

まとめ

巣ごもり需要でドラッグストア関連の銘柄が好調です。

現在、地方のドラッグストアがそれぞれ特色を出しながら陣取り合戦をしています。

コロナ需要で概ね多くのドラッグストアの業績に追い風が吹いています。

ただし、インバウンド需要や化粧品の売上が大きかった都心中心のマツモトキヨシには、コロナウイルスの影響がネガティブにはたらきました。

日本の小売業の中でもドラッグストア関連はまだまだ成長余地があり、日常生活でも身近な存在です。

投資対象として注目してみるのも面白い業種ではないでしょうか。

フリーレポート配信

米国株式市場で株価が急上昇していますが、株式市場と米国経済の現状が一致しない理由をレポートとしてまとめています。

不況入りする中で米国株式市場が好調な3つの理由」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事の作者、田守正彦は、記事内で言及されている銘柄を保有してはいません。一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事