The Motley Fool

【米国株動向】スターバックスとダンキン・ブランズ・グループ、どちらに注目か?

モトリーフール米国本社、2020511日投稿記事より

スターバックス(NASDAQ:SBUX)とダンキン・ブランズ・グループ(NASDAQ:DNKN)はコーヒーや軽食を提供しており、どちらも利用者の裁量的支出に依存していますが、事業モデルは大きく異なります。

スターバックスはプレミアム・コーヒーや紅茶などの飲料と、軽食を提供しています。

事業モデルを見ると、自社店舗とライセンス契約店舗はほぼ同数ですが、自社店舗が売上の80%を占めています。

一方、ダンキン・ブランズは完全なフランチャイズ体制をとっており、自社経営の店舗はありません。

ダンキン・ドーナツはコーヒーやドーナツ、ベーグル、朝食用サンドイッチなどを扱い、バスキン・ロビンス(サーティワンアイスクリーム)はアイスクリームを販売しています。

価格帯はスターバックスよりも低く、利用者は店内で手早く食事をすませるかテイクアウトしています。

スターバックスの株価はここ5年、市場を上回るパフォーマンスを上げています。

一方ダンキン・ブランズは市場を下回っています。現状ではスターバックスがリードしています。

業績見通しを比較する

新型コロナウイルス大流行は、両社の2020年1−3月期の業績に影響を与えました。

スターバックスの既存店売上は前年同期比10%減でしたが、主な要因は米国外での売上が同31%減少したことによるものです。

同社は中国国内店舗を条件付きで営業再開しました。

米国内店舗については、ドライブスルーや持ち帰りなどで営業を続けたところもありましたが、大半の店舗が制限付きで営業を再開しています。

一方ダンキン・ブランズの売上の約50%を占める米国事業の1−3月期の既存店売上は、前年同期比2%減でした。

スターバックスとダンキン・ブランズは、緩やかに回復しつつあります。

問題は今後、成長する見込みがより大きいのはどちらかかということです。

景気後退は両社にダメージを与えるでしょうが、低価格商品を提供するダンキン・ブランズは、持ちこたえる力が比較的強いと思われます。

前回の景気後退時を見てみると、中心ブランドであるダンキン・ドーナツの既存店売上は、2008年度が前年比マイナス0.8%、2009年度が同マイナス1.3%でした。

一方、スターバックスの米国内での既存店売上は、2008年度が前年比マイナス5%、2009年度が同マイナス6%でした(同社の年度末は9月)。

ですが同社はその後、売上を急速に回復させ、以来既存店売上成長を続けています。

バリュエーション

スターバックスの株価収益率(PER)は28倍で、ダンキンの23倍を上回ります。

スターバックスの方が高バリュエーションですが、売上は成長を続けています。

ダンキンの実績も素晴らしいと言えますが、スターバックスはそれを上回っています。

結論

スターバックスは成長市場である中国で新規開店する一方、成熟した南北アメリカ市場でも、10年以上にわたって既存店売上成長を続けています。

一方ダンキン・ブランズは、完全フランチャイズの事業モデルをとっており、各地域の状況に適応しやすいと言えます。

不況の中では、ダンキン・ブランズの低い価格設定がスターバックスの高額なメニューに対して優位に立つはずです。

さらにダンキン・ブランズの米国での中核ブランド、ダンキン・ドーナツはここ数年、既存店売上成長を記録しています。

ダンキンは、配当の一時停止を決断しました。

これは現在の状況を鑑みると納得のいくものである一方、経営陣による近い将来の見通しに対して暗い影を落としています。

一方、スターバックスの経営陣は、2020年1−3月期の決算カンファレンス・コールで現行の配当維持を発表しています。

景気後退は同社の売上に影響を及ぼすでしょうが、長期的な成長(特に中国での成長)の可能性、米国内での手堅い業績、2.1%の配当利回りの維持を考えると、筆者はスターバックスに注目すべきだと考えます。

【米国株動向】コーヒー業界最大手のスターバックスに投資すべき三つの理由

フリーレポート配信

配当株探しの3つのヒントを示すとともに、注目銘柄もご紹介します。

配当株探しの3つヒントと注目3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Lawrence Rothman, CFAは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、スターバックス株を推奨しています。モトリーフール米国本社は、ダンキン・ブランズ・グループ株を推奨しています。

最新記事