The Motley Fool

【本日のNYダウ見通し】ナスダック総合指数が続伸するかに注目

【NYダウ予想レンジ:24,300~24,800ドル】

20日のNYダウは、369.04ドル高の24,575.90ドルで引けました。

新型コロナウイルスの感染拡大で低迷していた世界経済の先行きに、楽観的な見方が広がりました。

昨日は、オハイオ州が外出制限の解除を表明。経済再開への期待に、マーケットのセンチメントは改善しています。

とくに大手IT株の上昇は際立っています。フェイスブックやアマゾン・ドット・コムが上場来高値を更新。

アップルやマイクロソフトも、上場来高値まで3%に迫っています。

ハイテク株の比重が高いナスダック総合指数は、190.67ポイント高の9,375.78で終了しました。

過去最高値の9,838.37も視野に入る水準です。

NYダウは、金融や製造業といった業種が多いので戻りが鈍く、コロナショックによる下落の半値戻しを達成したに過ぎません。

今後も、米国株全体を買うというより、IT株を選別して買うという動きは続くでしょう。

ただ、急ピッチな上昇が続いていることや、米中対立への警戒などから、いつ利益確定売りがでてきてもおかしくありません。

株価は一進一退を繰り返しながら上昇する展開になるでしょう。

本日は、フィラデルフィア連銀景況指数や新規失業保険申請件数、中古住宅販売件数など、多くの経済指標が発表されます。

また、パウエルFRB議長の発言が27時30分にあるので注目です。


フリーレポート配信

配当株探しの3つのヒントを示すとともに、注目銘柄もご紹介します。「配当株探しの3つヒントと注目3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事