The Motley Fool

【米国株動向】いま注目の米国成長株2選

モトリーフール米国本社、2020510日投稿記事より

新型コロナウイルスの大流行により直近では株式相場が下落し、今後は経済への影響も顕在化するとみられますが、一部の企業はこの危機をかつてない強さで脱しようとしています。

さらに、これらの銘柄の株価は危機が終わった後も長期間上昇が続くでしょう。

いま注目すべきグロース株は、リヴォンゴ・ヘルス(NASDAQ:LVGO)とショッピファイ(NYSE:SHOP)の2銘柄です。

リヴォンゴ・ヘルス

同社は、糖尿病や高血圧を抱える患者が慢性疾患を管理し、より健康で良質な生活を送れるよう、個別のコーチングやサポートに加え、血糖値測定器などの機器を提供しています。

2019年の米国市場におけるIPO(新規株式公開)ラッシュの中で、同社は同年7月25日に株式を公開しました。

上場後の数か月間は同社の株価は芳しくありませんでしたが、それ以降、株価は回復しています。

実際に過去6か月間で同社の株価は145.5%上昇しました(執筆時点)。

この好調なパフォーマンスは売上高の堅調な伸びに支えられています。

2019年度第2~4四半期の売上高はそれぞれ前年同期から156%、148%、137%増加しています。

5月6日に発表された2020年度第1四半期の売上高も前年同期比115%増の6,880万ドルとなりました。

また、同社の糖尿病サービスの登録者数は、前年同期比100%増の328,000人となりました。

同社は2020年通期売上高ガイダンスを当初の2億7,000~8,000万ドルから2億9,000万ドル~3億300万ドルへと上方修正しました。

同社は467億ドル(同社試算)にのぼる糖尿病と高血圧の巨大な市場に足を一歩踏み入れたにすぎません。

同社はこの市場で満たされていなかったニーズにこたえ成長するに伴い、市場をアウトパフォームし続ける可能性があります。

ショッピファイ

同社は近年、市場を大きく上回るリターンを提供し、新型コロナウイルスの大流行下でもその勢いは鈍化していません。

年初来、株価は80%上昇しました(執筆時点)。

また、同社は堅調な決算を計上し続けており、第1四半期の売上高は前年同期比47%増の4億7,000万ドルとなりました。

うち、サブスクリプション型サービスの月額料金の課金による売上高は、前年同期比34%増の1億8,760万ドルとなりました。

決済手数料が大部分を占めるマーチャント(小売業者向け)サービスからの売上高は同57%増の2億8,240万ドルとなりました。

注目すべきは、同社の顧客の大多数を占める中~小規模の小売業者が新型コロナウイルス大流行により打撃を受けた一方で、オンラインショッピングの増加によりショッピファイそのものは恩恵を受けたことです。

最も重要な点として、同社の長期的な展望は依然として魅力的なことです。

小規模業者がeコマースのプラットフォームをカスタマイズで作ろうとする場合、ショッピファイは最良のワンストップ・ショップとの評判は既に高まっており、現在のような困難な状況の中でも同社は起業家たちを引き付けています。

直近の四半期決算発表によれば、3月13日から4月24日までの6週間に同社のプラットフォームで作られた新店舗の数はその直前の6週間よりも62%増えました。

小売業のオンラインへの移行が進んだこと、標準プランの無料お試し期間が14日から90日へ延長されたことが要因とのことです。

同社のサービスは、高い切り替えコストからも恩恵を受けています。

小売業者はひとたび同社のサービスを利用してeコマース・プラットフォーム構築のために時間とリソースを費やしたら、ショッピファイにとどまる傾向があります。

同社はeコマース業界で優位な位置づけにあり、引き続き成長が望めます。同社は今後長期にわたって、市場を大きく上回るリターンを提供するでしょう。

【米国株動向】ショッピファイの株価は過大評価か。新型コロナウイルスの影響にかかわらず、上昇している点に注意


フリーレポート配信

コロナウイルスの感染が欧米に広がったことにより、世界の株式市場が弱気相場入りしましたが、こういうときこそ企業の長期の成長性に集中する必要があります。「新型コロナウイルス相場で気をつけるべきことと、注目すべき米国株4銘柄」こちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です) また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Prosper Junior Bakinyは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、リヴォンゴ・ヘルス株、ショッピファイ株を保有し、推奨しています。

最新記事