The Motley Fool

【米国株動向】ネットフリックスは第1四半期に新規契約数過去最高の1580万契約を達成

モトリーフール米国本社、2020421日投稿記事より

ネットフリックス(NASDAQ:NFLX)は、市場が予想していたよりも、さらに大きな伸びを見せています。

ネットフリックスは21日に第1四半期(1〜3月)決算で過去最高の契約数を達成できたことを報告しました。

ネットフリックスは新規契約数1580万を追加しました。

これは、世界中で新型コロナウイルスの感染拡大防止対策を実行に移し始める前に経営陣が予想していた新規契約者数700万の倍以上となります。

CEOのリード・ヘイスティングスは、この高成長が長く続くことはないだろうと警告しています。

この成長は、おそらく今後の四半期の成長を前倒しにしていることになると考えており、経営陣は、第2四半期に750万という控えめな新規契約の追加になると予想しました。

ヘイスティングスは株主への手紙で、「自宅に滞在しなければいけない期間が終わると、視聴者が減少し、会員数の増加が減速することになると考えている」と話しました。

一方、新型コロナウイルスによってネットフリックスのコンテンツ制作が遅れており、これが長期化すると、今後の契約数の成長を阻害する可能性があります。

それでも、ネットフリックスは新しい作品を多くリリースし続けており、「オザーク」などの番組は最初の1か月で2900万人の視聴者を引きつけ、ドキュメンタリーの「タイガーキング」はリリース後6400万人の視聴者を獲得しています。

【米国株動向】ネットフリックスはまだDisney+よりも人気を維持している模様

フリーレポート配信

このレポートでは、パンデミック時に生じる需要増の恩恵を受けるだけでなく、長期的な成長性のある優良株に注目してみます。

コロナウイルス関連銘柄10選」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Demitrios Kalogeropoulosは、ネットフリックス株を保有しています。モトリーフール米国本社は、ネットフリックス株を推奨しています。

最新記事