The Motley Fool

【米国株動向】ファイザーとバイオンテックが新型コロナワクチンの臨床試験を4月下旬に開始予定

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、202049日投稿記事より

4月9日、製薬会社のファイザー(NYSE:PFE)とバイオンテック(NASDAQ:BNTX)は、複数ある新型コロナウイルスワクチンの候補物質について、人間を対象とする臨床試験を実施することを発表しました。

最初の臨床試験は4月下旬に開始される可能性があります。

両社は3月から、新型コロナウイルスワクチンの開発に重点を置いた提携を開始していました。

提携の詳細

ファイザーはバイオンテックに対し事前に1億8,500万ドルを支払います。

また、バイオンテックが今後の節目ごとに追加で最大5億6,300万ドルを受け取れる可能性もあります。

当初はファイザーがワクチン開発費用をすべて負担しますが、両社の取り組みが成功した場合、バイオンテックは提携を通じて開発されたワクチンの売上から費用の半額をファイザーに支払います。

バイオンテックは、独自のメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンプラットフォームを提供することで提携に貢献します。

ファイザーは長年にわたるワクチン研究開発のノウハウと、規制当局による承認を得るための支援、グローバルな製造・販売ネットワークを提供します。

両社は協力して、米国と欧州で新型コロナウイルスワクチンの候補物質を評価する予定です。

ワクチンが規制当局の承認を得た場合、中国を除く世界全体で共同販売を行います(中国ではバイオンテックが既に他社と提携済み)。

競争の拡大

ヒトを対象とした新型コロナウイルスワクチンの早期臨床試験は、既に2件開始されています。

ファイザーとバイオンテック以外にも、少なくとも8社の製薬会社がワクチンの開発競争に参加しています。

フリーレポート配信

優良企業30社で構成されるダウ平均株価は、1世紀以上にわたり世界中でフォローされています。ダウ構成銘柄の長年の良好なパフォーマンスを考えると、市場参加者が注目するのはごく自然なことで、最近はこれから紹介するダウ4銘柄が注目されています。

著名投資家も注目の優良大型株4銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Keith Speightsは、ファイザー株を保有しています。モトリーフール米国本社は、ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ株を保有し、推奨しています。

最新記事