The Motley Fool

荒れている相場でSTOCK(株式)を取るかCASH(現金)を取るか

出典:Getty Images

現在、世界中の株価が大きく揺れています。コロナウイルス感染拡大の影響を受け、記録的な下落を見せました。

このような下落相場では、多くの投資家たちが資金を減らし退場していきます。

リーマンショックの時も、いつか株価は上昇するといった希望のみで株を買い、下落に巻き込まれています。

このような相場で私達投資家はどのように行動すれば良いのでしょうか?

答えをはっきりと言う事はできませんが、タイトルに書いている通り「STOCKを取るかCASHを取るか」といったお話になります。

相場の先を見る事は誰にも出来ません。少しでも期待値があるからこそ投資家たちは株を買うのです。

しかし、今回の件はどうでしょうか?

株価は歴史的な高値から一気に下落しました。

下落を予想する事が出来た投資家達は一定数いるとは思いますが、ここまでの下落を予想できた人たちは多くはないと思います。

私達は個人投資家です。

必要なときに自分の資金力で株を買うしかありません。

それならば今は現金を残しておく事が個人投資家達が生き残っていくための行動だと思います。

暴落と言っても買戻しは存在します。

今回のような大きな暴落では、買戻しの上昇も大きくなります。

リーマンショックの時もそうです。下落もあれば上昇もあるのが相場です。

このような時にうまく株を買い利益を出せたとしましょう。

狙って利益を出せたのであればいいのですが、もし値ごろ感で株を買い、運よく株価が上昇、それを自分の才能のように思ってしまうことは良くありません。

それはギャンブルであり、投資ではないからです。

もし暴落半ばで株を買ったらどうなるでしょうか?

すぐに損切りを出来る方なら問題ないかもしれませんが、ずるずると損切りが出来ず、含み損を抱えて自分の資金が減少していくのを見てる事は投資家として問題です。最悪の事態です。

もしこのような状況で、ナンピンをしてしまった場合は悲惨な事になります。資金はどんどん無くなっていきます。

さらに自分で底を決めて買う事もよくありません。大規模な下落の底を探すのは誰にも出来ません。

底を探して、何度も損切りをすると、資金が瞬く間になくなってしまいます。

そのため、今株式(STOCK)を取るのではなく、現金(CASH)を選んだほうが得策なのです。

下落相場が収束し、再び上昇をする場面で、資金が多くあったほうが圧倒的に有利に働きます。

資金を減らしてはチャンスが来たとしても、その流れに乗る事すら出来ないのです。

資金を減らす事は誰にでも出来ますが、資金を守る事は自分たちにしか出来ない事です。

別のパターンの場合です。今、含み益である人はどうすればよいか?

それは彼方が考えているシナリオにもよります。

株を購入したときに売却のシナリオを考えているはずです。

しかし上昇しそうなので株を購入し、そのまま含み益、売却の事はあまり考えてはいなかった場合はどうでしょうか?

その場合は現金に換金をしてしまう方がよいと思っています。

含み益を考えているのであれば、今後、さらに株価が上昇するといった未来の話をするのではなく、今現在の価値を現金に換金したほうが良いでしょう。

さらに株価が下落していった場合は利益が減っていきます。

利益が減り、プラスマイナスで資金に影響が無い場合はまだ大丈夫です。

最悪の場合は、利益が無くなり、損をしてしまいます。

資金の減少を抑える事を、最優先としましょう。

なぜなら、未来を見る事は誰にも出来ないからです。

今回のアメリカ株の大幅下落はいつ収まるのか今のところ誰もわかりません。

最悪のシナリオですと、ここからさらに下落相場になり、下落を続ける可能性もあります。

そのようなときはどうすれば良いのか?

これは難しくなりますが、下落の中でも上昇はあります。

そのため、自分の得意な相場が来るのをじっと待つ事をお勧めします。

利益を出す為に、実験的に相場に挑戦する事は大事ですが、そのために多額の資金をつぎ込む事はお勧めしません。

自分にとって有利な状況こそ投資をすべき時間なのです。

待つだけでは資金が増えないと思っている方もいるかもしれませんが、増やす前に減らしてしまう事の方が問題なのです。

相場は怖いものですが、資金が無くなる事の方がもっと怖いです。怖いと思い挑戦し続けていくと、また違ったものが見えてくるはずです。

長い目で見た場合は、今『待つ』事の方が圧倒的に有利です。

怖いくらいならば相場から離れて、自由に自分の好きなことをしましょう。

怖さは時として良い方向に向く事があります。

大きな下落は誰もが怖いと思っていることです。

怖い相場であるならば、自分からは近寄らずに、得意な相場が来るまでは『待ち』の姿勢でいと思います。

そのために、今はCASHが必要なのです。

今回のような大きな下落に直面する投資家たちに退場してほしくありません。

初めて、リーマンショック級の下落に遭遇する人たちも多いかと思います。

出来るのであれば、予想外の相場で資金を減らさないでください。

フリーレポート配信

優良企業30社で構成されるダウ平均株価は、1世紀以上にわたり世界中でフォローされています。ダウ構成銘柄の長年の良好なパフォーマンスを考えると、市場参加者が注目するのはごく自然なことで、最近はこれから紹介するダウ4銘柄が注目されています。

著名投資家も注目の優良大型株4銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事