The Motley Fool

【本日のNYダウ見通し】中古住宅販売件数に注目

【NYダウ予想レンジ:29,100~29,400ドル】

昨日のNYダウは、128.05ドル安の29,219.98ドルで引けました。

中国の新型コロナウイルスの感染拡大が続き、中国を中心に景気や企業業績が悪化するとの懸念が強まったからです。

WHO(世界保健機関)は、20日の記者会見で「まだ安心はできない」と述べました。

中国での新規感染者数は減少しているものの、日本や韓国での感染拡大が深刻化しているからです。

ただ、NYダウは一時388ドル安の289,59.65ドルまで下げて20日移動平均線(29,048ドル)を下回ったものの、買い戻しが入りました。

昨日発表されたフィラデルフィア連銀製造業景気指数が36.7と市場予想の12.0を大きく上回るなど、好調な経済指標が続いており、大きく崩れる心配は少なそうです。

本日の経済指標では、23時45分のサービス業購買部協会景気指数(予想53.0)と、24時の中古住宅販売件数(予想543万件)に注目。予想を上回る結果になれば、NYダウは戻しを試す展開になるでしょう。


フリーレポート配信

長期的に成長を継続させる米国株について、投資家として知っておきたい情報を最新レポートとしてまとめています。「【2020年版】米国成長株6選。EC化・デジタル化の波に乗れ! 」こちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事