The Motley Fool

【米国株動向】リフトの株価が1月に10.4%上昇した理由

モトリーフール米国本社、202024日投稿記事より

リフト(NASDAQ:LYFT)の株価は1月に10.4%上昇しました(S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンス調べ)。

これはカリフォルニア州内で従業員ではなく契約社員またはフリーランスとして労働者を雇用することを大幅に制限するカリフォルニア州下院法案5号(AB5)の適用が回避されたことによるものです。

リフトの株価の推移(単位:%)

出典:YCharts。2020年2月3日時点

AB5のような法律は、リフト、ウーバー、および「ギグエコノミー」労働に依存している企業や産業にとって大きな脅威です。

この法律は先月カリフォルニアで施行されました。

投資家は、この法律の適用が回避されたことにより、リフト株に買いを入れました。

AB5は1月1日に施行され、ギグエコノミーに依存している企業や労働者は、法律の影響を受けないようにするための回避策や法的救済策を探しています。

ウーバーは1月8日にドライバーの方針を更新し、12月末に出前サービスのポストメイツと共に訴訟を起こしました。

ロサンゼルスの高等裁判所は1月9日に、AB5はカリフォルニア州の独立トラック運転手には適用されないという判決を下しました。

この結果、投資家はリフト株に希望をふくらませているようです。

リフトは、2月11日以降に第4四半期決算を発表する予定です。

同社の売上高の見通しは前年比46.5%増の9億5700万ドル〜9億8500万ドル、非GAAP(米国一般会計原則)ベースの調整後EBITDA(支払い利息・税金・償却控除前利益)は1億6000万〜1億7000万ドルのマイナスになると予想しています。

リフトの通期売上高は35億7000万ドル〜35億8000万ドル、年間成長率は約66%になると予想しています。

調整後EBITDAは7億800万ドル〜7億1800万ドルのマイナスになると予想されています。


フリーレポート配信

長期的に成長を継続させる米国株について、投資家として知っておきたい情報を最新レポートとしてまとめています。「【2020年版】米国成長株6選。EC化・デジタル化の波に乗れ! 」こちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です) また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Keith Noonanは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、記事で言及されている株式を保有していません。

最新記事