The Motley Fool

【本日のNYダウ見通し】ミシガン大学消費者信頼感指数などの経済指標に注目

【NYダウ予想レンジ:29,300~29,600ドル】

昨日のNYダウは128.11ドル安の29,423.31ドルで引けました。

新型肺炎の感染者数の認定基準の変更で、中国の感染者数が1万5,000人増え、6万人近くになったことが嫌気されました。

前日までは、感染拡大ペースが鈍っているとの楽観論から過去最高値を更新していましたが、感染者数増加が投資家心理を冷やしました。

ただ一時200ドルあまり下げましたが、中国政府が景気下支えに動くとの観測に加え、中国以外ではそこまで感染が拡大していないことが相場を支えました。

本日の米国市場では、経済指標が多く発表されます。22時半の小売売上高(予想0.3%)、23時15分の鉱工業生産指数(予想-0.2%)、24時のミシガン大学消費者信頼感指数(予想99.4)に注目です。

中国の新型肺炎の感染者拡大は気になるものの、これらの経済指標が強い内容であれば、ふたたび過去最高値を更新することが期待されます。

フリーレポート配信

米国株式市場で株価が急上昇していますが、株式市場と米国経済の現状が一致しない理由をレポートとしてまとめています。

不況入りする中で米国株式市場が好調な3つの理由」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事