The Motley Fool

【米国株動向】2,000ドルの初期投資が100万ドルに「大化け」した有力ハイテク2銘柄

モトリーフール米国本社、2020119日投稿記事より

財政的に安心した老後を送りたいのであれば、それに備えて投資を始める必要があります。

米国株は長期的に見ると年率約8%、過去10年間では年率約11%で上昇しており、リターンは銀行預金のみならず、譲渡性預金(CD)や米財務省短期証券などの安全資産を大きく上回ります。

もちろん2000年代後半の世界金融危機や2018年後半当時のように株価が1四半期に13.5%も下落するような厳しい局面を耐え忍ぶ必要はありますが、適切な銘柄を選択すれば膨大な利益を手にすることが可能です。

今回は米国と中国の人気ハイテク銘柄を取り上げます。

アップル

投資家や消費者にとって馴染みの深いアップル(NASDAQ:AAPL)は時価総額で見ると1兆4,000億ドルと、先ごろ新規株式公開(IPO)を実施したサウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコに次ぐ世界第2位の座を確保しています。

アップルは1980年に1株当たり22ドルでのIPOを経て、中核的なコンピュータ市場以外の分野にも果敢に進出し始め、iPod、iPhone、iPad、Apple Watchといったヒット商品を次々と世に送り出してきました。

また、同社のデバイスやiPhoneを利用した新たなサービスも打ち出しており、過去1年だけを取ってみても、Apple News+、Apple Card、Apple Arcade、Apple TV+といった大きな潜在性を秘めた新サービスを開始しています。

ティム・クックCEOは2020年のサービス収入500億ドルという野心的な目標を掲げていますが、同社は目標を達成する態勢を整えているとみられます。

同社の成功の秘訣は幾つか考えられます。

まず、OSにWindowsを搭載する他のコンピュータ・ブランドやAndroidを搭載する他のスマートフォン・ブランドとは異なり、アップルは自前のハードウェア、OS、ソフトウェアを使うクローズド・システムを採用しています。

このため、シームレスなユーザー・エクスペリエンスを提供することができます。

またブランド管理にも優れ、単なる機器メーカーを超える「マス・ラグジュアリー」ブランドへと進化しています。

1980年のIPO時点でアップル株に2,000ドルを投じていたとすれば、現在の資産価値は株式分割調整後ベースでなんと約800倍の159万ドルに達していることになります。これに加えて、今年だけでも1万5,695ドルの配当金が転がり込んでくる計算になります。の

テンセント

中国のソーシャルメディア大手のテンセント(OTC:TCEHY)は2004年、香港証券取引所に1株3.70香港ドルで新規上場しました。

この時点でテンセント株に2,000ドルを投じていたとすると、20年足らずのうちに資産価値は株式分割調整後ベースで541倍の108万ドルに増えていたことになります。

さらに現在の年間配当金は1株当たり1.00香港ドルですが、2014年の株式分割によって1株が5株に増えたため、年間に受け取る配当金は5.00香港ドルと、当初の1株当たり投資額(3.70香港ドル)を上回る計算になります。

テンセントはIPO当時から提供していたインスタント・メッセージ・アプリのQQに加えて、2011年にはスーパーアプリのWeChatを導入しました。WeChatのユーザーは11億5,000万人に達しています。

また、テンセントは有力なビデオゲーム会社への戦略的投資を通じて世界有数のビデオゲーム会社に成長しています。

動画ストリーミング・サービスやデジタル決済も手掛けるほか、米テスラ(NASDAQ:TSLA)やスウェーデンの音楽ストリーミング・サービス大手スポティファイ(NYSE:SPOT)、さらには中国の電子商取引大手のJDドットコム(NASDAQ:JD)やピンデュオデュオ(NASDAQ:PDD)などにも出資しています。

テンセントの急成長の鍵は、即効的な収益化よりもユーザー・エクスペリエンスを重視する姿勢、ならびに関連業界において自社にはないコンピテンスを持つ優良企業を識別する能力にあります。


フリーレポート配信

長期的に成長を継続させる米国株について、投資家として知っておきたい情報を最新レポートとしてまとめています。「【2020年版】米国成長株6選。EC化・デジタル化の波に乗れ! 」こちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です) また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Billy Dubersteinは、アリババ・グループ・ホールディングス株、アップル株、JD.com株を保有しています。Billy Dubersteinはアップル株のオプションを保有しています(2020年6月の400ドルのショート・コール)。モトリーフール米国本社は、アップル株、JD.com株、スポティファイ・テクノロジーズ株、テンセント・ホールディングス株、テスラ株を保有しています。

最新記事