The Motley Fool

ESG投資とは何か?特徴やメリット・デメリットを解説

ここ数年でかなり耳にするようになってきた投資方法にESG投資があります。

ESG投資における銘柄選定の考え方はこれまでの銘柄選定とは大きく趣が異なります。

まだ聞いたことが無いという方も含め、ESG投資の特徴やメリット・デメリットについてお伝えしていきます。

ESG投資とは?世界で急拡大している7つの投資手法

ESG投資の由来

ESG投資の「ESG」とは、それぞれEnvironment(環境)、Social(社会)、Governance(ガバナンス・企業統治)の3つのキーワードの頭文字に由来しています。

これら3つの視点に注目しながら、企業の社会貢献度や将来性、持続性などについて分析や評価をした結果から投資先を選別して投資する方法がESG投資となります。

ESGという言葉は2006年当時のアナン事務総長によって機関投資家向けに「PRI(Principles for Responsible Investment、責任投資原則)を提唱して、ESGの考え方を投資の意思決定に組み込むように問いかけたのがきっかけで広く知り渡るようになりました。

後のリーマンショックでは市場で短期的な利益ばかりを追求するような投資姿勢が批判されたことから、PRIに賛同する年金基金や運用会社が増大してきています。

ESG投資の考え方

ESG投資が登場するまでの投資方法の場合、投資先となる銘柄を選定する判断は企業の売上高や利益率といった企業業績や負債額やキャッシュフローといった財務状況の分析が中心でした。

しかし、企業の社会的責任や環境問題に対する意識や貢献といった要素が市場から問われるようになると、企業の長期的な収益性や持続性を判断する上で、そういった財務状況の分析だけでは不十分であると考えられるようになってきました。

そこで上記の3つのキーワードに関する非財務情報が銘柄選定や投資先を決定する上で重要視されるようになってきたのです。

もちろん実際のESG投資でも当然のことながら、業績の推移や財務基盤の健全性といった財務状況など定量的な分析はおこなわれます。

しかし、それだけではなく、環境問題への取り組み具合、法令を順守した企業活動、地域社会や地域住民への貢献度、従業員の労働環境改善への取り組み具合といった非財務情報の分析とその結果も重視されています。

ちなみにESGの最初のEは「Environment(環境)」のことであるとお伝えしましたが、具体的には環境汚染の課題解決や自然環境への配慮、CO2排出量の削減や省エネ化などへの取り組みを行なっているかを見ることです。

このような企業の例としては、CO2を一切排出しない電気自動車の開発をおこなっている企業や自家消費型太陽光発電によって自社で使用する電力の発電をまかなったり、省エネに配慮した生産設備を備えた企業などが挙げられます。

また、Sの「Social(社会)」については、人権問題や労働環境改善などに取り組み、地域社会への貢献度の高い企業などがに着目します。

Gの「Governance(ガバナンス)」は、株主や取引先などステークホルダーへの積極的な情報開示と社外取締役の登用を重視した強力なガバナンス体制の構築、経営の透明性などを進める一方、女性の管理職登用などへの取り組みを推し進めているかを見て、そのような企業を積極的に投資先として選択するのが、ESG投資の大きな特徴となっています。

ESG投資のメリット

ESG投資の特徴がわかったところで、次にESG投資にはどのようなメリットがあるのかについてお伝えしていきます。

長期的な資産運用に向いた投資方法であること

IT株など市場でのボラティリティーの高い銘柄の場合、短期的に大きなリターンが見込めますが、その分だけリスクも大きくなる傾向があります。

特に投資経験の少ない投資初心者の場合、値動きに翻弄されたりすることもありますし、長期投資向きではないと言えるでしょう。

ESG投資はむしろ長期での安定したリターンを重視する投資方法です。

長期目線で見た場合の企業の持続的な成長性により着目することになります。

ESGに賛同する企業は、事業を継続する上で重要な法律や規制、コンプライアンスの変更や自然環境、労働環境、人権などに対する価値観の変化などにしっかりと対応できるポリシーがあり、企業として最大限の努力が可能であるとされます。

比較的安定した資産運用に向いていること

ESG投資において選定されるのは、ESGの上記3つの視点を重視した経営ポリシーや事業を継続させている企業です。

ESGの観点から社会的責任を果たしている企業は目先の利益よりも長期的な経営の安定が期待でき、そのような企業に投資することで比較的安定した資産運用が実現しやすくなると考えられます。

一方でESGの観点を全く考慮せず、短期的な利益を追求しがちな企業の場合、業績が好調なうちは株価の上昇や安定が期待できますが、ひとたび不祥事が起こったりすれば、短期間で急落することもありえます。

ESGの観点から経営している企業の銘柄についても、当然のことながら不況や市況の悪化などからの悪影響から完全に逃れることは不可能です。

また、ESG重視の経営姿勢と業績との相関性については今後さらに検証擦る必要はあります。

しかし、少なくともESG重視の企業は利益追求型の企業よりも安定したリターンが期待しやすい傾向にあると言えます。

社会貢献につながる資産運用が可能なこと

ESG投資は間接的に社会貢献につながる資産運用が可能になります。

ESG投資では環境や貧困、人権といった様々な問題の解決や労働環境の改善、女性の役員登用などによる活躍の後押しなどに取り組む企業を投資先として選定していきます。

従って、そのような企業に投資することは結果としてそのような社会貢献のための企業の活動を後押しすることになります。

ESG投資のデメリット

ESG投資にも当然のことながら以下に挙げるようにデメリットがあります。

投資先の選定が難しく、目利きが必要

ESG投資では、投資先を選別する際の選定に手間がかかりますし、それなりの知識や目利きが必要となります。

通常の銘柄選定の場合には企業の財務分析やPAR、PBR、営業キャッシュフローなどの数値分析、さらにその企業の経営戦略や事業計画の実現可能性や事業環境の分析などを通じて割安株を探したり、流動性などの財務基盤の安定度を評価したりします。

しかし、ESG投資ではこのような分析に加え、ESGの観点から銘柄選定する必要があります。

どういった要素がESGの観点から重要なのか、また長期的な経営基盤の安定につながるかを個人が判断するのは非常に難しいと考えられます。

短期的なリターン狙いには向いていない可能性がある

ESG投資における銘柄選定で重要視するのは、短期的な利益追求型企業ではなく、ESGの観点から社会問題などの課題に取り組む優良企業であるかどうかです。

従って、利回りや配当の面で有利な企業を投資先として選定する場合に比べ、短期的に大きくリターンを獲得したいという投資家には不向きな投資戦略となる可能性があります。

ESG投資を始める方法とは?

ESG投資を始める方法には、ESGを経営戦略などに取り込んで重視している企業の株式や債券を投資家が選別して投資するか、あるいはそのような企業の銘柄で運用されているETFや投資信託を購入することが挙げられます。

ESG関連株式の銘柄選定方法

ESG関連株式を投資家が選ぶ場合、まずは対象となる企業の有価証券報告書や会社サイト、さらにその企業の今後の事業展開や見通し、経営ビジョンや独自の強みについての記載のある統合報告書を確認し、ESGをどのように経営に取り込んでいるのかについて見ていきます。

また、ESG指数を構成する銘柄やESGスコアで評価されている銘柄から投資先を絞り込んでいく方法も有効です。

ESG指数とはESGの観点から評価の高い企業銘柄で構成される株価指数のことです。

代表的なESG指数には、「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックス(DJSI World)」、「モーニングスター社会的責任投資株価指数(MS-SRI)」「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」「SNAMサステナビリティ・インデックス」などがあります。

また、もう一方のESGスコアはAI(人工知能)を利用して、社会的責任に関する国際規格「ISO26000」をベースとした評価項目により、「企業のサステナビリティ度合い」をスコアリングしたものです。

このサステナビリティとは、既にお伝えした「Environment(環境)」、「Social(社会)」、「Governance(ガバナンス・企業統治)」の3つの観点から事業活動を通じて、環境・社会・経済に与える影響を考慮した長期での企業戦略を立てて取り組んでいるかの程度のことです。

このサステナビリティ度合いについて高評価の企業は高いスコアが付けられますので、そのようなスコアの高い銘柄を中心に選ぶという方法も可能です。

ESG関連の債券・ETF・投資信託の選定方法

債券についても株式と同様、ESGスコアリングの高い企業を中心に選定していく方法が有効となります。

特にESGスコアリングが高い企業は信用格付けのレーティングも高いという傾向があり、信用リスクの面でも高く評価できます。

ETFや投資信託については、日本国内の企業銘柄で構成されるものから、米国を中心とした先進国や新興国のものなど豊富な選択肢があります。

日本のものでは、「ニッセイ日本株ESGフォーカスファンド(資産成長型)」や「三井住友・日本株式ESGファンド」、先進国で代表的なものには、世界最大のETF運用会社であるアメリカのブラックロックの「iシェアーズ MSCI 米国 ESG セレクト ETF」などがあります。

まとめ

今回はESG投資の特徴やメリット・デメリットを中心に実際の投資方法も踏まえて解説してきました。

長期的で持続性の高い企業を見極めるにはもはや財務分析だけでは限界があると考えられています。

そのような中でESGを銘柄選定の際の評価基準に取り込む流れは拡大しています。

将来も安定的に優れたパフォーマンスを上げられる企業をESGの観点から選別すれば、安定的な資産運用を可能にさせると考えられています。


フリーレポート配信

非製造業に焦点を当てて、海外成長が期待できる日本企業を最新レポートとしてまとめています。「海外成長で期待の日本株5選 -非製造業編- 」こちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事