The Motley Fool

【米国株動向】ルルレモンは年末商戦で大成功を収め、株価上昇

モトリーフール米国本社、2020114日投稿記事より

ヨガアパレルのルルレモン・アスレティカ(NASDAQ:LULU)の勢いは未だに続いており、年末商戦は大成功を収めました。

経営陣は、第4四半期(11~1月)の増収率は二桁と好調で、12月に発表した見通しよりも大幅に上回るだろうと述べました。

年末商戦で上振れ

ルルレモンCEOのカルビン・マクドナルドは、13日のプレスリリースで「年末商戦の勢いに驚いている」と述べています。

同社はこれまで売上高見通しを13億1500万ドル〜13億3000万ドルとしていましたが、13億7000万ドル〜13億8000万ドルになると予想しています。

また、10%台前半の売上高成長率に対する以前の予想から、10%台半ばから後半の売上高成長率を予想していると経営陣は述べました。

さらに、1株当たり利益は2.22ドル〜2.25ドルになると予想していると述べました。

第3四半期決算報告時には、経営陣は第4四半期の1株当たり利益が2.10ドル〜2.13ドルになると予想していました。

好調な業績を背景とする株価高

第3四半期の売上高は23%増、既存店売上高は10%増となりました。

ルルレモンは売上総利益率が前年比で70ベーシスポイント拡大し、営業利益率は100ベーシスポイント改善して19.2%になり、1株当たり利益は35%増となりました。

投資家は、2019年のルルレモンの力強い成長と、年末商戦の発表に好意的な反応を示し、13日には株価が4.4%上昇し、過去12か月で株価は85%上昇しました。


フリーレポート配信

長期的に成長を継続させる米国株について、投資家として知っておきたい情報を最新レポートとしてまとめています。「【2020年版】米国成長株6選。EC化・デジタル化の波に乗れ! 」こちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です) また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Daniel Sparksは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、ルルレモン・アスレティカ株を保有し、推奨しています。

最新記事