The Motley Fool

【本日のNYダウ見通し】引け後のインテル決算と新規失業保険申請件数に注目

【NYダウ予想レンジ:29,100~29,400ドル】

昨日のNYダウは9.77ドル安の29,186.27ドルで引けました。

増収増益を発表したIBMが上昇したことや、中国の新型肺炎の感染をめぐり中国政府が拡大阻止に動いていることを好感し、高値29320.20ドルまで上昇。

しかし、引けにかけて売られました。

ウイルスが発生した武漢市は、飛行機や電車・長距離バスの停止を決めるなど、事実上の閉鎖措置を取っていますが、明日からの春節を控えて新型肺炎の拡大懸念は強まっているからです。

本日は、22時30分の新規失業保険申請件数に注目(予想21.5万件)。

新規失業保険申請件数は毎週発表されるので速報性が高く、失業率や非農業部門雇用者数の先行指標として注目されています。

予想より高い数値はNYダウの売り材料ですが、予想より低い数値はNYダウにとって買い材料です。

NYダウは、依然として過去最高値の水準にあるので、新型肺炎の感染拡大懸念から上値の重い展開を予想しています。

また、引け後に発表されるインテルの決算にも関心が集まるでしょう。


フリーレポート配信

長期的に成長を継続させる米国株について、投資家として知っておきたい情報を最新レポートとしてまとめています。「【2020年版】米国成長株6選。EC化・デジタル化の波に乗れ! 」こちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事