The Motley Fool

短期的な市場動向に大きな影響を与えるセンチメントをどのようにとらえるか

マーケット関連のニュースなどを聞いていると、「地合い」が良いとか悪いとか、「センチメント」が良いとか悪いとか言われているのを目にします。

この「地合い」とか「センチメント」って何でしょう。

金融事典などによると「市場心理」と言われています。

個々の投資家が、強気だったり弱気だったりする、投資家心理があるのはよくわかりますが、総体としての市場に心理がある、というのは面白いですね。

これは、単純に言えば、市場が強気、あるいは弱気のどちらに傾いているか、ということを示すものです。

単なる心理であり、事実、ファンダメンタルズに与える影響はないので、長期的には大した影響はありません。

しかし、短期的には影響も大きいので、短期トレーディングをされる方は市場のセンチメントを把握しておく必要があるでしょう。

長期投資をされる方にも、多少でもよいタイミングで売買するために知っておくと良いことは間違いありません。

では、このセンチメントを知る上で、どういったものを見れば良いのでしょうか?

ここでは、アメリカの株式市場に関して、市場センチメントをとらえる方法を紹介します。

よく使われるのが、CBOEのMarket Volatility Indexです。

これは、S&P500のオプション価格から推定されるボラティリティ(即ちImplied Volatility)です。

この指数は、VIXというティッカーで取引がされているので、VIX指数、別名「恐怖指数」ともいわれています。

この指数が上昇しているということは、オプション市場で、ボラティリティが上昇するという予想のもとに取引をしている投資家が多いということ。

ボラティリティが上昇するのは、上昇局面より下落局面で起きることが多いので、警戒感が強くなっている状況と考えて良いでしょう。

通常は10~20の間で推移していますが、15以下ではかなり市場が落ち着いている状況です。20を超えてくると、市場が荒れてきた感があります。

市場が下落している最中に、このVIX指数が急騰するケースでは、セリング・クライマックス(Selling Climax)で陰の極に達した際に起こるもので、急反転する可能性があります。

VIX指数が10日移動平均を20%以上上回って急騰するところが、クライマックスに近いかと思われます。

絶対値として45を超えて急騰する場面では、その後上昇反転するケースが多いので、怖いですが、チャンスと見ていいでしょう。

リーマンショック時には90近くまで上昇しましたから、如何に市場参加者が悲観的になったかが分かるかと思います。

2018年の頭に米中の追加関税問題が勃発した際に50に達していますし、2018年12月に市場が底打ちする直前には36と通常よりかなり高い数値になっています。

逆に低すぎる時は、下落への警戒感を強めた方が良いかと思います。

次は、直接的に市場のセンチメントが、ブル(強気)かベア(弱気)のどちらに偏っているかを示すものです。

Investors Intelligenceという会社が毎週発表しているアンケート調査の結果です。

この指標は、逆張り的に見ていくものです。ブルの割合とベアの割合がそれぞれ発表されます(どちらでもないがその差)。

ブルが増えれば、ベアが減りますし、ブルが減ればベアが増えますので、ブルの数字だけ見ておけば大丈夫です。

市場が上昇すると次第にブルが増えていきます。

ブルが50~55%程度で推移していて、市場が上昇している時は、比較的安心して見ていられます。

これが57%を越えてくると、市場がブルに偏り過ぎている感じになり、警戒が必要になります。

57を越えたら必ず下落が起きるということではありません。

しかし、市場が強気に傾きすぎると下落が起きやすいので、警戒が必要になります。

3つ目は、Put/Call Volume Ratio、プット・コール・レシオと言われているものです。

これは、PutとCallの日次の取引量を比較したものです。

Put/Callなので、プットオプションの方が多いとこのレシオは1より大きくなります。

市場参加者が先行きに不安を持つと、プット・オプション(売る権利)の方がより多く取引されます。

即ち、市場の先行きに不安を持つ人が増えると、この数値は1より大きくなる傾向にある。

1より大きい時は、市場のセンチメントはベア(弱気)になってきているということです。

そして、これも逆張り的に使います。このPut/Call Ratioが1.15を超えてくると、市場は底を打って、反転上昇することが多い。

逆に0.8を大きく下回ってくると、強気に傾いているので、警戒をした方が良いかと思います。

以上の3指標が市場のセンチメントを図る主なものです。

基本的には、強気に傾いているのか、弱気に傾いているのかを知るものです。

そして、それらの指標は、通常逆張り的に使います。

強気に傾いている場合、当面は上昇するかもしれませんが、強気に傾き過ぎたら、大きく下落する可能性があります。

上昇しているときは、強気に傾き過ぎない方が長く続きます。

強気に傾いたら警戒をする、弱気に傾き過ぎたら、反転が近づいていて、反転のチャンスを狙いましょう。

これら使い方は、相場格言の「相場は不安の壁を上る」と同じものです。

皆が強気になったら相場は終わり。やはり、皆と同じに考えていたら市場で良い結果を残すことは難しいです。

投資で大きく成功するには、下げて皆が不安になっている時に、落ち着いてこれらの数値を眺めて、買いチャンスを待つ。そうした姿勢が必要になります。

バフェットの名言通りです。

更に、これら3つに加えて、High-Low Ratio、Margin Debt、Money Flow(Market Breadth)などの指標も併せてみると、指数の動きだけでは見えない、市場の状況を把握することができます。

これらについては別の機会にご説明したいと思います。

フリーレポート配信

このレポートでは、eコマース、ヘルスケアテックやギグエコノミー等の長期的なメガトレンドにのれそうな米国株5銘柄を紹介します。

長期的なメガトレンドにのる米国株5銘柄紹介」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事