The Motley Fool

創業者一族が経営に関与しているグローバル企業

モトリーフール米国本社、2019年8月19日投稿記事より

クレディ・スイスの同族経営に関する調査によれば、非同族経営のビジネスよりも同族経営の方がパフォーマンスが良い場合が多いとみられています。

本稿では、創業者一族が経営に関与している4つのグローバル上場企業を見ていきます。

なお、特に明記のない限り、数値は執筆時点のものです。

1. ノバルティス

スイスに本拠を置く大手製薬会社ノバルティス(NYSE:NVS)は、同族経営企業というだけでなく、世界最大の企業の1つです。

同社の2018年の売上高は530億ドル(5兆8000億円)を超え、現在の時価総額は約2,130億ドルです(12月20日時点)。

ノバルティスは、チバガイギーとサンドの合併後、1996年に設立されました。

その最大の単一株主は、サンド・ファミリー財団を通じ、いまだサンド・ファミリーです。財団の社長であるピエール・ランドルトは、ノバルティスの取締役会に所属し、サンド・ファミリーの意見を経営に伝えています。

2. バークシャー・ハサウェイ

バークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK-A)(NYSE:BRK-B)は、最大の多国籍コングロマリットの1つであり、時価総額は5,500億ドル(12月18日時点)、2018年の売上高は2,500億ドルでした。

同社のCEOであるウォーレン・バフェットは現在、地球上で4番目に裕福な人物です。

株式の所有権18%と議決権32%を保有しているバフェットは、同社で最も重要な人物です。

そして、これらすべての株を家族に相続させることにしています。

つまり、バフェットが亡くなった後も、彼の家族が議決権を握り続けることになります。

3. ウォルマート

ウォルマート(NYSE:WMT)は、おそらくこのリスト全体で最も成功している同族経営企業です。

時価総額は3410億ドルで、世界中に約12,000の店舗、230万人以上の従業員を抱えるウォルトン・ファミリーは、まさに王朝を築いたのです。

同社は1962年にサム・ウォルトンによって設立され、1969年10月31日に法人化されました。

一族はまだウォルマートの50%以上の株式を所有しています。

兄弟のロブとジム・ウォルトンは取締役会に座り、妹のアリスと義理の妹のクリスティはそれぞれ350億ドルの純資産を持っています。

いとこのアン・ウォルトン・クローンケとナンシー・ウォルトン・ローリーも億万長者です。

4. フェイスブック

フェイスブック(NASDAQ:FB)は同族経営を考えたときに最初に頭に浮かぶ会社ではないかもしれません。

しかし、ザッカーバーグ一族は、CEOのマークだけではありません。

マーク自身は創業者兼CEOであり、ビジネスの約3分の1を引き続き管理しています。

一方、姉のランディもかなりの株式を所有しており、数年間は同社のマーケティングエグゼクティブでした。

マークはまた、同社が立ち上がったばかりのとき、彼の父親に同社の200万株を譲渡しており、父親も株主の一角をなしています。

フリーレポート配信

配当株探しの3つのヒントを示すとともに、注目銘柄もご紹介します。

配当株探しの3つヒントと注目3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。元記事の筆者MyWallStスタッフは、フェイスブック株、ノバルティス株、バークシャー・ハサウェイ株のロング・ポジションを保有しています。Randi Zuckerbergは、フェイスブックのマーケティング開発部の元ディレクターおよび元スポークスウーマンであり、マーク・ザッカーバーグCEOの姉です。Randiはモトリーフール米国本社の取締役会メンバーです。モトリーフール米国本社は、バークシャー・ハサウェイ(B株)、フェイスブック株を保有し、そして推奨しています。モトリーフール米国本社は、バークシャー・ハサウェイ(B株)に関するオプションを推奨しています(2021年1月の200ドルのロング・コール、2021年1月の200ドルのショート・プット)。モトリーフール米国本社は、ノードストローム株を推奨しています。

最新記事